2016年12月10日

真珠湾慰霊訪問

今月下旬に安倍首相が日本の首相として初めて真珠湾を訪問し、米国戦没者の慰霊をする。このニュースについて国内外、いろいろな立場での意見があるが概ね肯定的だ。特定アジア系を除いては(Record China)

>2016年12月9日、環球網は日本の報道を引用して、「日本の市民団体が安倍首相を批判:真珠湾訪問は“ショー”、先に侵略した国へ行くべきだ」と題する記事を掲載した
>記事は、共同通信社の報道として、8日に歴史学者などでつくる「村山首相談話を継承し発展させる会」が国会内で集会を開き、安倍首相が今月下旬に米ハワイの真珠湾を訪問することに対して「ショー」だと批判したことを伝えた。国会議員ら約150人が出席した集会には、マレーシア華人などによる「第2次世界大戦歴史研究会」の幹部らも参加。同会の翁清玉会長は「日本軍はマレーシアなどで華人らを虐殺した。過去の問題は未解決だ」とした。他の出席者からは「日米同盟強化のための芝居は不要」など、批判的な声が上がったという
>安倍首相の真珠湾訪問をめぐっては、中国メディアが「戦争の加害者であるというイメージを薄めようとしている」と分析。中国外交部は「日本の軍国主義による侵略戦争で、アジアの人々は大きな傷を負った。中国には多くの弔うべき場所がある」などとコメントし、ネットユーザーからも「南京にはいつ来るのか?」といった声が寄せられている


嘘や出鱈目で固めた南京に出向くことなど論外だし、同盟国でもなく現在進行形で反日プロパガンダを垂れ流す敵性国家に「慰霊」ましてや「謝罪」などする道理はないが、それにも増して「国会内」で「国会議員ら約150人が出席した集会」というあたり、いかにも印象操作の臭いがする。特定アジア就中中共の意を受けた工作員による活動であることは多言を要しない。よほど日米の精神的和解と同盟強化を忌み嫌っているらしい。

オバマ氏の広島訪問への答礼とか、トランプ氏大統領就任前の実績作りとか、政治的外交的な意味はありすぎるくらいで、「ショー」といえば「ショー」であろう。

しかし日米両国にとってはいろいろな意味で象徴的な場所であり、そこで繰り広げられる首脳たちの言動の重みを考えれば重要かつ意義深い「ショー」になる。その意味で安倍首相がどのようなメッセージを発信するか注視したい。

ところで安倍首相に言いたい。

干戈を交えたかつての敵国にして現在の同盟国への慰霊は結構だが、祖国日本のために戦った英霊たちへの鎮魂と慰霊もどうか忘れないでほしい。

「アリゾナ」を訪問して靖国に参拝しないのは「慰霊」が衷心からのものではなく政治的な計算によるものということが、あまりにもあからさますぎるのではないか。それでは日米双方の英霊たちに対し礼を失することになりはしないか。

英霊は黙して語らず、ただ見守るのみだが、その視線に愧じることの無いようにしていただきたいものだ。
posted by 三四郎 at 17:56| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする