2017年01月15日

秀逸な喩え

韓国の「慰安婦教の本尊像」増設と一連の日韓官民の反応について、なかなか秀逸な記事を見つけたので紹介(@niftyニュース/デイリーニュースオンライン)

>よくある「万引きGメンに密着」といったドキュメント番組。捕まった万引き犯の言いワケにもいろいろあって興味深いが、最もみっともないのは
「(盗んだ)商品の代金を払うよ。それでいい(罪に問われない)だろう!」
 というタイプ
レジを通さずに商品を店外に持ち出した時点で、万引きは成立。商品代金を支払ったところでチャラになるものではない
韓国の野党<共に民主党>のウ・サンホ院内代表は、釜山の慰安婦像(注1)設置に対する日本側の対抗措置(注2)に激怒。2015年末の日韓合意によって日本が支払済みの10億円を、
韓国国民が屈辱を感じる資金。(略)日本へ返してしまえ!」
 と発言したのだ
>言うまでもなく日本側は、「国家間で正式に合意した事項を履行せよ」と求めているだけ。10億円を戻そうと戻すまいと、合意事項が破棄されることは無い
>日本からの思わぬ反撃(注3)を受けて以来、韓国は明らかに動揺。支離滅裂な珍発言が、連日メディアに踊っている
>「韓国政府に言うな。日本は(慰安婦像を設置した)市民団体と話し合え」
「(日本などの)やっかいな隣国と生きて行くには、(略)堂々と」
「歴史と外交を結びつける日本の攻勢は危険だ」
>前述の10億円発言も含めて、まさに<おまいう>(お前が言うな)であり、自らを省みる冷静さも、自国の統治能力も、まともな国際感覚もお持ちで無いように見受けられる。そして、そう思っているのは日本だけではない
(中略)
>「韓国内には、<まず日本との関係改善のために譲歩すべき>という考えの人もいます。しかし次期大統領選を睨んで、大衆迎合的な極論を言う政治家や市民団体の暗躍が勝ってしまう。国際的な立場や常識を守るより、党派間の争いの方を重要視してしまうのが、悪しき伝統です」


俺から多言を要することもない。まさに「万引き犯人の開き直り」ともとれる科白を、韓国では公党の影響力ある人物が平然と言い放ち、国民が喝采し、誰も彼もますます周りが見えなくなって混迷の度を深めていくのである。

「日本との関係改善のために譲歩すべき」? そんなものはいらない。国家間の約束事をきちんと守るということに尽きる。それを「譲歩」と捉える感覚、認識が韓国の異質さ異様さであることに気が付いていない。

あの国はもうダメだろう。
posted by 三四郎 at 10:36| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする