2017年02月05日

反基地パフォーマンス

沖縄県の翁長知事がまた訪米し、辺野古への基地移転「断念要請」行脚をしたまわったらしい(@niftyニュース/琉球新報)

>名護市辺野古の新基地建設断念を訴えるために訪米した翁長雄志知事が3日、要請行動の日程を全て終え、ワシントンで記者会見した。翁長知事は、マティス米国防長官と安倍晋三首相が会談で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設推進を確認したことについて「辺野古が唯一の解決策という考え方に固執すると、日米安保体制に大きな禍根を残す」と強調した。その上で「今後も辺野古新基地建設反対を継続的に訴えていく。私の決意はかえって強くなっている」と述べ、移設阻止への決意を新たにした。 知事は会見で、日米両政府が自身の訪米中に辺野古移設を推進することで一致したことに対し「沖縄県民に対して大変失礼なやり方ではないか」と反発。「辺野古反対の大きな政治勢力がつくられ、選挙で世論も示されている。県民に対し強硬なやり方では(安保体制への)大きなダメージとなる」と指摘した
>訪米に同行した稲嶺進名護市長も会見で、首相と国防長官の会談について「辺野古が唯一と言うが、根拠が全く説明されていない。絶対に県民は納得できない」と批判。「市長の権力を市民のために行使していきたい」と述べ、市長権限を駆使し移設阻止を目指す考えを改めて示した
>知事は上下両院の連邦議員らとの面談を通じて、新基地建設など沖縄の基地問題への理解が深まったと総括。「ワシントン事務所を通じて、今回の面談で得られたネットワークを活用して、継続的に新基地問題を訴える」と強調した


毎度毎度、成果が見えない「基地断念要請訪米」。今回も何ら進展はなかったようだ。そもそも「反基地反米反安倍」勢力の機関紙みたいな琉球新報にして、その記事に成果らしい成果を盛り込めていない。「面談で得られたネットワーク」なるものにしても、誰と面識ができたかさえ書かれていない。それほどに知名度も影響力もない議員らとしか話せていないということだろう。

当の翁長知事、稲峰市長にしても、訪米の具体的成果を何も語っていない。語っているのは同時期に日本で行われたマティス長官と安倍首相の会談への批判だけだ。これなら日本にいてもできたことだ。

その批判にしても「沖縄県民に対して失礼」という情緒的なものでしかない。「根拠が全く説明されていない」というが、政府の説明に耳を貸さず聞こえないふりをしているだけだろう。沖縄の地政学的な環境や中国の脅威という目の前の現実にも言及しない批判には説得力もない。

総じて「ちゃんと反基地行動しているよ」という支持者向けパフォーマンスレベルでしかない。こんな愚にもつかぬ訪米に沖縄県民は税金を支払っている。その挙句が、知事・市長の権限を駆使して反基地行動を継続する、というおよそ自治体の首長権限を逸脱した反日運動強化宣言である。

首長として他にやるべきことがあるだろうが、自らの存在意義が他に見いだせないようだ。沖縄県民はこれでいいのだろうか。
posted by 三四郎 at 10:03| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする