2017年02月26日

極左から見れば

桜井誠氏が率いる日本第一党(日本一)の結党大会が都内のアパホテルで開かれるらしい(@niftyニュース/神奈川新聞)

人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長、桜井誠氏が党首を務める極右政治団体「日本第一党」の結党大会が26日午後、東京都江東区の「アパホテル東京潮見駅前」で開催されることが分かった。日本第一党の公式ツイッターでは同日午後2時からライブ配信サービス「ツイキャス」で生放送すると告知している
>日本第一党は「ジャパン・ファースト(日本第一主義)」を掲げ、日本の国益、日本人の権利を守るとして、在日コリアンら旧植民地出身者とその子孫の特別永住資格の廃止、移民受け入れ阻止、外国人への生活保護廃止など差別・排外主義政策を打ち出す
>桜井氏は2006年12月に在特会を設立し、在日コリアンなどに対するヘイトスピーチ(差別扇動表現)を叫ぶデモや街宣を先導。東京・小平の朝鮮大学校前で「朝鮮人を日本からたたき出せ」「殺してやるから出てこい」などと怒号を上げた言動は、「在日朝鮮人の尊厳を傷付けるもので、人権擁護の上でも看過できない」不法行為として、15年12月、法務省人権擁護局から同様の行為を2度と行わないよう勧告を受けている
>昨年7月には都知事選に出馬。外国人の生活保護廃止などを公約に掲げ、街頭での選挙演説では「日本で生活保護をもらわなければ今日明日にも死んでしまうという在日がいるなら、遠慮なく死になさい」などと訴えていた
>都知事となった小池百合子氏の約291万票に遠く及ばなかったものの約11万4千票を獲得。その後、日本第一党を立ち上げ、自身のブログで「すべての地方議会の多数派を握ること」を目標に掲げ、党員を募集していた
アパホテルは、南京大虐殺を否定する書籍を客室に置いていたことが明らかになり、その経営方針に国内外から批判と疑問視する声が上がっている。桜井氏らは、今月5日に在日中国人らが東京・新宿区のアパホテル周辺で行った抗議のデモ行進に対し、沿道から「中国に帰れ」「日本から出て行け」などと罵声を飛ばし、アパホテルを擁護する姿勢を示していた


のっけから『「人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長、桜井誠氏が党首を務める極右政治団体「日本第一党」』という執拗なレッテル貼りで始まる。かりそめにも「公正中立」を掲げるメディアには似つかわしくない書き出しである。

そりゃ「極左」から見れば桜井氏や日本一は「極右」になるだろうが、彼らの主張は至って普通のことに過ぎない。日本人の政党であれば日本第一主義を掲げ、本来の日本国民を蔑ろにする政策や、国家を侮蔑する勢力に抗議し反対しないほうが異様というものだ。

この新聞は東京新聞と同じ、朝日・毎日のローカルコピーだというのが俺の認識だ。むしろ地方紙という気安さ故か、全国紙よりも直截的で挑発的な記事が目立つ。桜井氏やその属する団体の主張や背景の分析もせず、「人種差別主義団体」とか「極右」というレッテルを記事に躍らせることがこのメディアの性格、立ち位置を物語っている。

購読料が安いとか地域密着とか、新聞を選ぶ基準は人それぞれだろうが、ネット時代の今日、新聞そのものの要否を含めて慎重に情報、メディアの真贋や性格を見極めたいものである。
posted by 三四郎 at 10:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする