2017年03月04日

ある晩節

「晩節を汚す」とはこのことだな、と俺は昨日の石原元都知事の記者会見を見て思った(時事電子版)

>「座して死を待つつもりはない」。3日午後、豊洲市場(東京都江東区)の問題をめぐり、石原慎太郎元知事が語りだした。「果たし合い」と称した会見だが、報道陣からの質問に「専門的知見がない」「皆で決めたこと」と繰り返し、注目された豊洲への移転決定や東京ガスとの用地取得交渉の経緯については曖昧な説明に終始した
中略
>豊洲問題をめぐる自身の責任を認めつつ、「都庁、議会にも責任がある」と強調。さらに「混迷、迷走の責任は今の都知事にある」と移転を延期した小池百合子知事を批判した。「豊洲市場は安全」と述べる学者の見解を取り上げ、「科学が風評に負けるのは国辱だ。豊洲に移転すべきだ」と語気を強めた
>報道陣からは、部下に全て任せていたのかという趣旨の質問が集中。石原氏は「私は専門家でない。専門家のいる委員会や担当部局に任せざるを得ない」「浜渦君(当時の浜渦武生副知事)に任せていた」と繰り返すばかり
>しびれを切らした記者が「なぜきょうまでに事情を知っている浜渦元副知事から聞かなかったのか」と問いただしても「時間がなかった」。記者席から失笑が漏れた


この会見は記事だけでなくいくつかのTVでも映像を見たが、徹頭徹尾「責任転嫁」の弁明に終始している。一片の共感を持つとすれば、この無責任裁可を承認した都議会にも責任があり相応に批判されなければなるまいが。

また現下の混乱を作り出したのは小池知事だと、あたかも小池氏の移転延期判断が不当なもののように極めつけているが、これも見苦しい。そもそも食材を扱う市場としての安全性さえ検証と議論の最中である。「風評」を生むような情報が出てくるような不透明な移転事業を裁可した責任は免れない。

俺の経験的感覚で言えば、自身を「侍」とか「武士」に譬える人間ほど、およそそれらとは程遠い言動をする。潔くないのだ。

「座して死を待つつもりはない」とはいかにも格好のいいセリフだが、本来なら百条委員会に備えて必要なら関係者にコンタクトしながら自ら情報を整理し、都民・国民を納得させるための準備をすべきだろう。しかし衆人から疑惑を受ける中でこれを冷静にこなすことは心身に相応のストレスがかかる。要するにそこまでの精神的な強さがなかっただけのことではないか。

結局、「言い訳」と「責任逃れ」の場になってしまったという印象だ。これならしない方が良かったのではないか。今のこの人は「侍」には見えない。
posted by 三四郎 at 09:17| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする