2017年03月25日

価値観を共有する国と

「森友劇場」でマスゴミ・野党は相変わらず騒いでいるが、俺の中ではもう終わっている。蓮舫・民進党代表は「誰が嘘をついているのか追及する」と息巻いているようだが、籠池氏、安倍首相、その他登場人物の過去の言動を見れば答えは出ている。野党議員は倒閣運動などいい加減にしてまともな仕事に戻るべきだ。さもなくば一層支持を失うだろう。

この喧噪の中で日本外交の新時代を予感させるニュースがこれだ(読売電子版)

赤間二郎総務副大臣は25日、台北市内で開かれた日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」が主催する催しに出席した
訪問は公務で、1972年の日中国交正常化に伴う日台の断交以降、台湾を公式訪問した政府高官として最高位となった。日台間高官交流が事実上格上げされた格好で、台湾を自らの一部とみなす中国による反発が予想される
>日本政府は断交後、中国への配慮から政府高官の台湾への公式訪問を控えてきた。2006年、当時の宮腰光寛農林水産副大臣が訪台し、陳水扁総統と会談したが、私的訪問との位置付けだった
>台湾では昨年、中国と距離を置く民進党の蔡英文(ツァイインウェン)政権が誕生。日本政府は、蔡政権との関係を重視し、連携を強化することで、東・南シナ海への強引な進出を図る中国に対抗する構えだ。赤間氏はあいさつで、「日台は緊密な関係を持ったパートナー」と述べた


「中国による反発」など想定内だろう。中共の顔色を窺うだけの外交から、ようやく少しはまともな外交に向け一歩踏み出したようだ。そもそもどこの国にもいい顔をする「全方位外交」など空論でしかない。一方に利があれば他方に害がある。日本の国益を考え戦略を立てたら後は腹をくくるだけの話だ。

今日、イスラム過激派の台頭や行き過ぎたグローバリズムとその反動としてのナショナリズムなど、世界情勢の混乱の元凶は多様化しているが、国家体としては中国ほど危険性が明確な国はない。政治であれ経済であれ、この国に首根っこを押さえられることは何としても避けねばならない。

一方で台湾は地理的、文化的、政治的そして感情的に日本にどこよりも近しい。また中共から政治、経済、軍事各方面で圧迫を受けている。まさに「価値観を共有する国」である。

トランプ米政権の「台湾回帰」ともいえる姿勢の変化も日本を後押ししている面があるが、日台の絆を強化するためにこの機を利用して悪いはずもない。

「断交」までした関係修復には時間はかかるだろうが、台湾にはそれをする価値がある。段階的な営みが必要だろうが、次は海洋警察分野での連携強化を進めるのはどうか。安倍政権のリーダーシップを期待したい。
posted by 三四郎 at 19:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする