2017年04月09日

無責任DNA

民進党の「保守系重鎮」と言われる長島氏が離党するらしい。共産党との共闘に異論があるためだそうだ。沈みかかった船からネズミが逃げ出す感があるが、同党の都連幹部は「無責任な人ばかり」と嘆いているという(読売電子版)

民進党都連幹事長を務める長島昭久・元防衛副大臣(衆院比例東京、当選5回)が離党する意向を固めたことを受け、7月に東京都議選を控える同党の都議や都連関係者に動揺が広がった
>「うちの党はもう終わりだ」。党勢が衰える中、都議選に向けて都連をまとめていかなければならない重要ポストを務める長島氏の離党のニュースを聞き、都議の一人は言葉を失った
>都議選を巡っては、民進党の公認候補36人のうち7人が離党届を提出している。別の都議は「今は誰が離党するか疑心暗鬼の状態だ。国会議員が離党届を出すことで、都議の離党の動きが加速する恐れがある」と語った
>長島氏は、都議選の公認候補だった自身の元秘書が離党届を出したことの責任を取る形で都連幹事長を辞任する意向を示していたが、今回、自らも離党する意向を固めた。ある都連幹部は「無責任な人ばかりだ」とあきらめがちに語った


長島氏の離党も、「無責任」と批判する幹部も、俺から見れば「何をいまさら」である。

「森友」で安倍政権を突いても一向に支持率が変わらないばかりか逆に民進党の支持率が日に日に落ちている。重要法案が目白押しな上に北朝鮮情勢も緊迫化している中、何ら建設的な議論も提案もできていない。その上「貧すれば鈍す」というか、テロ政党の共産党と組むという。この党が「終わり」なのは誰の目にも明らかだ。

そもそも二重国籍問題で国民に何ら説得力ある説明をしていない人間が代表に収まっているのだ。「無責任政党」の実態を体現しているわけで、この党が今後国民の支持を回復できるとも、ましてや政権に復帰できるなど、少しでも考える力があれば思えるはずがない。

所詮は選挙互助会、その価値がなくなれば崩壊は早い。次は小池新党に合流でもするつもりか。まともな野党よ出でよ。
posted by 三四郎 at 15:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする