2017年04月22日

何を言っても・・

自民党の中川前政務官が離党することになった件について、民進党のR4代表が「離党で幕引きは無責任」と批判しているらしい(時事電子版)

>民進党の蓮舫代表は22日、中川俊直前経済産業政務官の自民党離党に関し、「離党すれば関係ないというのは無責任だ。政府の一員として政策に責任を持つ立場にあった。党を辞めれば全く責任がないという論理は理解できない」と述べ、問題の幕引きを図ろうとする政府・自民党の姿勢を批判した。東京都八王子市内で記者団に語った
>一方、日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で記者団に「家庭人としての倫理違反の話を政局に利用するのはやめた方がいい。民進党の議員は(過去の女性問題で)辞めていない」と語り、中川氏の議員辞職を求める同党をけん制した


R4さんよ、何を言っても「お前が言うな」だよ。二重国籍問題で国民が納得できる説明もせず、議員辞職ばかりか離党さえせず、しれっと代表の座にいるお前が。

政策を立案し議論する知恵も力もない民進党諸氏は、どうせ与党政治家のスキャンダルという敵失で勝負するしかないのだろうが、国民目線で言えば松井代表の方が正論だ。

悪いことは言わない。R4自身にとっても、「モナ男」のような同類を抱える民進党にとっても、この政局狙いの批判はブーメランにしかならないからやめておけ。また支持率がさがっても知らんぞ。
posted by 三四郎 at 17:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする