2017年05月20日

国民はお見通しだ

「テロ等準備罪」の新設を含む「組織犯罪処罰法改正案」が衆院法務委員会で採決された。一般国民にとっては何ら不利益はなく、むしろ時代の変化による新たな脅威への備えが一歩進んだという感じしかない。

しかしサヨク界隈にとっては非常に不都合、不愉快なものらしく、それを代弁するような記事が散見される。例えば概ねこんな論調だ(@niftyニュース/毎日電子版)

最後は「数の力」で押し切った。「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議した19日の衆院法務委員会。自民、公明両党と日本維新の会は審議時間が「目安」の30時間に達すると、大勢の野党議員からのヤジと怒号にひるむことなく、淡々と採決し、可決した。深まりや歩み寄りのない議事に、国会の内外では嘆きや憤りの声が相次いだ
採決強行は、用意周到な「共謀」を基に進められた
>午後1時過ぎ。日本維新の会の丸山穂高氏は、いずれも自民党の土屋正忠氏と鈴木淳司委員長に呼びかける形で「質疑終了後、直ちに採決に入るようお願いして終わる」と述べた。すると土屋氏は、鈴木委員長の指名を受け、すぐさま質疑終局と討論省略の動議を読み上げ始めた
>「何を言っているんだ」「おかしいだろ」。議員席を取り囲むようにして詰めかけた大勢の野党議員から怒号が飛ぶ。野党議員たちは土屋氏、鈴木委員長の順で詰め寄ったが、2人とも動じるそぶりはない
>2人の発言はヤジでかき消され、何を言っているのかは判然としない。それでも、鈴木委員長の近くに立つ与党議員が身ぶりで起立を促すと、自民、公明、維新の議員が一斉に立ち上がった
>衆院事務局によると、起立採決は、公明党の国重徹氏による付帯決議読み上げとそれを受けた金田勝年法相の発言を挟んで計5回。この間約5分だった。いずれも自民、公明、維新の賛成多数で可決され、散会となった
>終了後、鈴木委員長はさばさばとした表情で報道陣の前へ。「残念ながらこういう形になった」と述べて立ち去った
>民進党の逢坂誠二氏(野党筆頭理事)は怒りをあらわにした。「だまし討ちだ。こんなの民主主義のプロセスでも何でもない。『法の支配』だとか、よく言えたものだ」。山尾志桜里氏(民進)も「全くもって信じられない、政権与党のやり方だ」と顔を真っ赤にした
>この日、最後まで報道陣の囲み取材に応じた金田法相はこう述べた。「党派を超えて理解していただくことが大切で、努力は重ねたつもりだ」


無駄に長い記事だが「サヨクの怒り」だけはひしひしと伝わるので敢えて引用した。

民主的な選挙を経て国民の支持を得た政党の賛成多数で採決されることのどこが「民主主義のプロセスでも何でもない」のか。

課題が山積とか議論が足りないとか言うが、森友やら閣僚の失言やら与党スキャンダルの追及を優先して、自ら「共謀罪」などとレッテルを貼るほどに重要視しているはずの本件議論を蔑ろにしてきたのは他ならぬ野党である。国民はこのプロセスを見て、飛んだ茶番劇だと看破しているのだ。

にも拘らず、またぞろ野党は「加計学園」なる「第二の森友」というべき胡散臭さ満点のスキャンダルを政争の具に仕立てようとしている。出所不明の記名も日付もない「メモ」を証拠として政府与党を追及しようという出鱈目ぶりだ。

日々無能さを曝け出していく野党がある限り、安倍政権は安泰になる。国民はまるっとお見通しだ。
posted by 三四郎 at 07:13| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする