2017年10月29日

既視情景

総選挙が終わって一週間たつ。安倍自民党が野党・マスゴミ一体となった「モリカケ」のネガキャンにも拘わらず、ほぼ現有勢力を維持したことは想定内ながらまず完勝といっていい。

そんな中、この一週間の野党、とりわけ希望の党における「総括」ほど見苦しく浅ましい見ものはかつて無かった。

小池新党「希望の党」がボロ負けした理由は多々あるだろうが、マスゴミは小池氏の「排除の論理」をその主たる理由に挙げ、小池氏自身も「言葉がきつかったかもしれない」と釈明している。

しかしそれは事態を矮小化して本質から目を逸らしているというものだ。希望の党の失速は「小池発言」や「排除の論理」ではない。政界無能集団の代名詞である民進党の議員が大挙して押し寄せ、新党が彼らの隠れ蓑に成り下がったことを国民は良く理解していたというところではないか。

そもそもある政党に参加、合流する以上、理念が一致し政策に合意できることが大前提だ。政治の世界ばかりではない。事業であれ趣味の世界であれ、人間が徒党を組むときは少なくとも考え方や行動規範などのベクトルが一致していなければならない。

ところがこの当たり前のことが民進党出身者にはわからないらしい。もともと民進党はよく言って「寄り合い所帯」の「選挙互助会」である。「当選すること」「議員であること」が価値の基本にある。だから理念も政策もヘチマもない。従ってまともな政策提言ができず政権批判しかでてこない。

そういう連中が「踏み絵」を踏まされてとはいえ、小池人気にあやかろうと納得づくで希望の党に「希望をもって」合流したはずだ。

ところが結果は周知のとおり惨敗といっていい。

そして自ら勝手に押しかけ合流しておきながら、悪い結果となるや手の平を返し、自らの無能は棚に上げて反省もせず、小池氏や前原氏を猛批判して責任追及、果ては「辞任」を迫る輩も出ているという。

小池・前原に理解を寄せる気はさらさらないが、一抹の同情の念を覚える。まさに「軒を貸して母屋を取られる」の例え通り、旧民進党議員はひたすら責任転嫁と被害者コスプレに徹している。

そしてこれは巨視的に見ればどこか既視感が漂う。

支配層が統治能力を欠き事大主義に走って併合を望み、近隣の強国の中から日本に擦り寄って「日本国民」となり、日本国内で糊口をしのぎながら日本が敗戦の憂き目を見るや手のひら返しで反日行動。そのくせ母国には帰らずに居座り、「被害者コスプレ」を続けて日本社会に澱となっていき続ける。

まさに朝鮮半島人のメンタリティそのものではないか。

今回の選挙、何も変わらないという向きもあるが、無能野党が分散瓦解し、確信犯的な似非リベラルが「立憲民主党」という形で炙り出され、国民にとって政界が分かりやすくなったという意義はある。今後、「半島的なもの」はより嫌悪され忌避されていくだろう。それは日本が正常な国家になる証である。


posted by 三四郎 at 08:04| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

断絶希望

韓国の新しい駐日大使が「日韓関係改善のため」に天皇陛下の訪韓を求めているらしい(@niftyニュース/TBS)

>今月末に着任する韓国の新しい駐日大使がソウルで会見し、「天皇陛下の訪韓が日韓関係の改善に大きく寄与する」と述べました
>「現在、韓日両政府の信頼関係が非常に弱い。だから、相手の立場で考える精神が発揮されれば良いだろう」(李洙勲 新駐日大使)
>今月31日付けで日本に着任する李洙勲新駐日大使(62)は、冷え込んだ関係を抜け出し、歴史問題の解決と未来志向の発展を同時に進めるいわゆる「2トラック」で大使職に臨む考えを示しました。その上で、天皇陛下が退位前に韓国を訪れることが日韓関係の改善に大きく寄与するとして、「環境作りに努める」と表明。文在寅大統領も早い時期に日本を訪れ、日本の国民と直接、対話することが重要と訴えました
>また、日韓の外交問題となっているソウルの日本大使館前にある慰安婦像については、「外国公館を保護する国際的な礼儀を考慮する必要がある」と日本への配慮をにじませています
>ただ、李氏は2日前の韓国メディア向けの会見では、「韓国の国民が、慰安婦合意に納得していないことを日本に伝える」とも話しています
>大学教授出身の李氏は、盧武鉉政権時に東アジア情勢について大統領を補佐した人物で、文在寅政権発足にあたっては外交ブレーンとして北朝鮮との対話を訴えてきました


天皇陛下訪韓など絶対反対、おとといきやがれだ。

日韓関係の悪化は偏に韓国側に責任がある。日本の領土を不法かつ一方的に武力占拠し、捏造の歴史観による反日情報を国内外に拡散、国家間の約束も守らず経済的な支援は要求するという、傲岸不遜な態度に日本国民は辟易し嫌悪している。

まずこうしたことを改め、最低限「慰安婦合意」という国家間の約束事を履行しなければ信頼関係は成り立たない。そういう不信の環境が何一つ改善せぬまま日本の象徴たる天皇陛下をお送りすることは国民感情として許容できない。

韓国にとっての「関係改善」とは専ら日本が一方的に譲歩し「謝罪」することであり、その「証拠」として何らかの「お言葉」を天皇陛下から引き出す狙いだろう。日本国民が最も忌避する「天皇の政治利用」をあからさまに求めている。厚かましいにもほどがある。

「慰安婦像」の件について言えば「配慮をにじます」云々のレベルで語られる問題ではない。明らかに国際ルール違反であり日韓合意違反でもある。可及的速やかに撤去し「納得していない国民」を納得させるのが韓国政府の仕事だ。日本に一切の責任はない。

それらをクリアすることこそ「未来志向の発展」の第一歩である。「2トラック」など要するに「用日」を正当化するための二重基準でしかない。まともな日本人なら騙されることはない。こんな関係が続くならむしろ日韓断絶を希望する。

もう一度言う。おとといきやがれ。
posted by 三四郎 at 08:47| 千葉 ☁| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

殿様商売

昨日に続いて平昌五輪の話題をもう一つ。

時局的な安全面から運営に対する懸念が高まっていることは昨日取り上げたが、それと関連して観戦チケットが販売目標を大きく下回っているという。

そこで主催側としては「カネ持ちの田舎者」として中国人観光客に狙いをつけているらしいのだが、当の中国人からは「高すぎる。そう簡単にはだまされないよ」と見透かされているようだ(@niftyニュース/Record China)

>2017年10月20日、参考消息網は記事「韓国冬季五輪は中国人観客頼み、高過ぎるチケットは中国人をカモ扱いか」を掲載した
>韓国・平昌冬季五輪開幕であと5カ月に迫った。しかし北朝鮮問題を受け、フランスは不参加を示唆。アイスホッケーでは米NFLはプロ選手を派遣しない方針を示している。安全問題の懸念があるためか、チケット販売も不調だ。107万枚のチケットのうち、9月末時点での販売数は30万枚あまり。韓国の地方政府は不人気種目のチケットを購入するなど対策に追われているが、焼け石に水の状況
>チケット販売で頼みの綱となるのが中国人観客だが、あまりにも高価なチケットがネックだ。アイスホッケー決勝のチケットは中国での販売価格は最高で8000元(約13万8000円)に達している。なんとサッカー・ロシアW杯の決勝チケットを上回る価格だ。ホテル価格も五輪期間は通常の倍以上と高騰するもようだ。記事は「韓国は売れなかったチケットを中国でと考えているようだが、中国人もそうたやすくだまされるわけではない」としている


自らの扱う商品の価値を弁えず、マーケティングや営業努力もせずに非常識な値付けを行って失敗することを「殿様商売」というが、韓国がしていることはまさにこれではないか。

仮に北朝鮮問題がなく、軍事的リスクが皆無だったとしても、さほどメジャーでない冬季スポーツを観戦するためだけに13万円余りのカネを叩いてやってくる外国人旅行者がどれだけいると思っているのか。

それもヨーロッパや日本、米国のように自然や文化的価値の高い観光資源がある国なら「ついでに」ということで旅行する金持ちもいるかもしれない。

しかし韓国に世界が魅力を感じるような観光地、観光資源、ホスピタリティがどれだけあるというのか。聞こえてくるのは「ぼったくり」「料理の使いまわし」「性犯罪」とネガティブな話ばかりだ。

実際、5年ほど前に俺が仕事で東京とソウルを行き来していたころは、タクシー一つ取ってさえ、運転マナーや接客、はては料金に至るまで質の悪いドライバーが多くて現地人から注意を促されていた。飲食店も概ね不衛生で、ホテルの他は現地スタッフの懇意にしている店以外ははいれなかった。

五輪を直前に控えてどれだけ変わったのかしれないが、外から見た韓国のブランド認識はその程度のものだ。少しは身の程を弁えた方がいいだろう。
posted by 三四郎 at 08:47| 千葉 ☔| Comment(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

不安五輪

韓国・平昌で開催される冬季五輪まで4カ月余りと文字通り秒読み段階である。

この五輪、予てより施設建設を含めた韓国の運営能力や同地の気候条件に多くの懸念材料があり、正常な開催が危ぶまれている。

加えて隣国北朝鮮の核・ミサイル挑発がエスカレートし、米朝関係も一触即発の状況だ。そんな中で韓国政府は「安全」を強調しようと躍起になっているようだ(@niftyニュース/TBS)

北朝鮮情勢が緊迫するなか、韓国政府は平昌(ピョンチャン)オリンピックの参加国に対して、大会の安全性をアピールしました
>「韓国政府は完璧なオリンピックにするために、安全や運営を含む全ての面で最善の努力をしています」(韓国外務省 公報大使)
>韓国の外務省は、各国の外交官らを対象に来年2月の平昌オリンピックの説明会を開きました。大会をめぐっては、北朝鮮がミサイル発射などを繰り返していることから、ヨーロッパの一部から選手団の安全を懸念する声があがっています
>韓国外務省は、安全への懸念は誇張された報道にすぎないと指摘。来月には、国連総会で、「オリンピック開催期間の軍事行動を禁じる決議」も採択される予定で、これまでで最も安全な大会にすると訴えました
>韓国は北朝鮮のオリンピック参加に期待していますが、北朝鮮はまだ態度を明らかにしていません


施設建設は突貫工事(手抜き)でやっつけられるかもしれない。運営ノウハウ不足は外国(特に日本)にこっそり近づいて協力させる手もある。しかし気候はどうにもならない。

さらに北朝鮮である。韓国がいくらひとりで「安全」「完璧」を叫んだとて相手のあることだ。その相手は国際常識から逸脱した制御と予測が不能な似非国家であり、その意味でISに重なる部分もある。

しかも制裁を求める国連に対し反発を強めてもいる中で、「五輪開催期間中の軍事行動禁止決議」など守られる保証はない。

大規模な軍事行動だけが危険なのではない。工作員によるテロ活動や通信、交通、エネルギーなど社会インフラへのサイバー攻撃もあり得る。異母兄を平気で抹殺する人間が権力を握っているのだ。何をしでかすかわからない。それほどにあの国への信用度は落ちている。

客観的に考えれば、この時期に朝鮮半島で開催される五輪は極めてハイリスクである。韓国政府は「これまでで最も安全な大会にする」と訴えているが、この国は根拠もなく妙な自信を示すことが多々ある。「言うだけ」ならタダだが、そこに選手(=国民)を送り出す各国政府はよほど慎重にならねばならない。

日本に関して言えば、元々大会HPには日本列島が削除されていたのだ。意図的にやらねばなかなかできない「仕事」である。とりもなおさずこれは韓国が日本を歓迎していないことの証拠である。選手を派遣しても十分な対応がなされるとは思えない。不快な上に身の危険を感じさせることも出てくるのではないか。

選手には気の毒だが早々に不参加としたほうが後々のためだ。
posted by 三四郎 at 09:36| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

神鋼恐慌

政治的な分野を離れてみれば、最近では神鋼のデータ改竄問題が社会的な影響度からみて筆頭のニュースだろう。その範囲は自動車から公共交通、果ては原発など社会インフラにまで広がっているようだ(@niftyニュース/読売新聞)

神戸製鋼所によるアルミ・銅製品などの検査データ改ざん問題が発覚して15日で1週間となる
出荷先は約500社に上り、自動車など国内外の各種メーカーに影響が広がっている。自動車や航空機に乗る一般の顧客の疑念も募るばかりだ
>「規模が不透明で、車種もどこまで広がるか分からない。我々も不安だが、ドライバーはもっと不安だろう」。首都圏の車販売店関係者は14日、困惑した様子で話した
>出荷前の検査でデータを改ざんしていた不正を8日に公表してから、トヨタ自動車などの一部車両や東海道新幹線の車両などで問題の製品が使われていることが判明した。欧州航空機大手エアバスも製品を使用していないかどうか、調査に乗り出すなど、影響は拡大している


出荷記録と正しいデータが残っていればそれを公表すればいいだけの話だが、改竄は10年以上に渡って常態化していたとも言われているから、おそらくそんなものも残っていないのだろう。各製品メーカーやエンドユーザーは疑心暗鬼にならざるを得ない。

まずは何がどこまで改竄されたのか全容解明が急務ではあるが、この一週間の様子を見ていると裾野は広く時間もかかりそうだ。何より組織的な改竄であれば自浄作用も期待できない。早晩、行政・司法的な強制調査に頼らざるを得なくなるだろう。

素材は日本の産業技術力の源泉であり土台でもある。エアバスなど欧州航空大手までもが影響下にあることがそれを物語っており、畢竟日本の素材技術の優秀さと信頼性の証であった。それだけに日本ブランドに与える影響は大きい。

神鋼という企業の風土的なものか、あるいは東芝の不正経理にも通じる日本の大手企業に共通する何か根源的なものがあるのか、早急かつ徹底した検証が求められる。神鋼はもとより日本企業の経営陣は、この事件を世界が注目していると知るべきだ。
posted by 三四郎 at 08:32| 千葉 ☔| Comment(4) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

党籍詐欺

希望の党が結党され、民進党議員の多くがここの推薦を得て衆院選に臨むというのは周知のとおりだが、思ったよりも希望の党への支持が伸びずにいるためか、「選挙後」に民進党出身者が再結集するという話が出ている模様だ(読売電子版)

>民進党参院議員の一部から、衆院選後に予定していた希望の党への合流を見送り、民進党に残ったまま再結集を目指す動きが出ている
>読売新聞社の衆院選序盤情勢調査などで希望の伸び悩みが顕著になったためだ。希望、立憲民主党、無所属、参院に分裂した民進前議員らが選挙後にどのような形で再編していくのか、注目が集まっている
>民進の小川敏夫参院議員会長は12日、国会内で記者団に、「民進には人も全国組織も資金もある。党を再構築し次を目指す形に持っていくべきだ」と述べ、党存続を図る意向を示した
>衆院解散に伴い、民進の前衆院議員は〈1〉希望〈2〉立憲民主〈3〉無所属での立候補――に分裂した。民進には47人の参院議員のほか、党籍を残したまま無所属で立候補した前原代表、野田佳彦前首相、岡田克也・元副総理らがいる状態だ(以下略)


もともと、民進党所属でありながら希望の党から立候補するというのは異形というより非常に分かりづらいのだが、サヨクたちが批判する「排除の論理」で一応「踏み絵」をクリアし、政治信条や政策が概ね一致すると自他ともに認めた上での立候補であったはずだ。

それが「支持率が伸びていないから選挙が終わったら元に戻る」では道理が立つまい。単なる「党名ロンダリング」でしかなかったということだ。やはり民進党出身者は政党を選挙互助会としか見ていないことがよくわかる。

何より質が悪いのは「選挙後に再結集」するということだ。それでは「希望の党」だから投票したという有権者の意向を蔑ろにすることになる。こうなるともはや「詐欺」の域に達している。

自らが生業とする「政治」に対する姿勢としてそれでいいのだろうか。思想信条以前に、人間として大切な「志操」が欠如しているように俺には見える。

そういう無節操な輩を炙り出したことにも今回の解散の意義があると思った。
posted by 三四郎 at 13:19| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

国難野党

衆院選に向け野党各党が「打倒安倍」を前面に押し出し「アベが国難」と囃している。しかしその主張、どれも「おまいう」でしかない(時事電子版)

>◇右か左かではない
立憲民主党・枝野幸男代表(東京・JR新橋駅前で演説) 右か左かという古いイデオロギーの戦いではない。民主主義と立憲主義を前に進める。国民の声を聞かない間違った民主主義ではなくて、草の根からの国民の声に基づく民主主義を立て直す第一歩にする戦いだ
>◇首相の解散判断が国難
民進党・蓮舫前代表(高知市の集会で) 国難突破解散と(安倍晋三)首相は言った。耳を疑った。今の国難、まさに北朝鮮、安全保障。そうであればこそ国会を開いて審議するのがまさに民主主義ではないだろうか。選挙をやっているときにミサイルを撃ち込まれたらどうするのか。首相の判断そのものが国難だと言わざるを得ない
>◇自・希の違いは受動喫煙
共産党・志位和夫委員長(東京・JR新橋駅前で演説) 自民党と希望の党には違いがない。希望は安全保障法制容認、9条含む憲法改定、原発再稼働容認。きのうの討論会で小池百合子代表に「自民党との違いは何ですか」と聞いたら、「受動喫煙の問題です」と。どっちが勝っても日本政治は良くならない。自公と補完勢力に負けるわけにはいかない


「モリカケ」という言いがかりもどきのスキャンダルで国会を空転させ、政権の足を引っ張ることのみに汲々としてきた野党に「国民の声を聴け」だの「今の国難、まさに北朝鮮、安全保障」などという資格はない。

どの野党も「反対のための反対」の域を出ず、現実を見据えた具体的で実効性のある政策提言が全く聞こえてこない。これで自らが政権を執ったら「日本はよくなる」と本気で考えているのだろうか。もはや「反アベ教」という名の宗教である。

まもなく選挙公示を迎える。誰が何を言い、何事を成してきたか、何が日本を混乱させ誰がこの国をどこに導こうとしているのか、国民は括目して備えるときだ。
posted by 三四郎 at 18:34| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

幻惑公約

希望の党の小池代表は衆院選での公約として自らの経済政策を「ユリノミクス」と称しているそうだ(読売電子版)

>希望の党は6日発表の衆院選公約で、小池代表(東京都知事)の名前の「百合子」からとった経済政策「ユリノミクス」を提唱した
>党関係者によると、公約原案では、「コイケノミクス」となっていたが、小池氏は、ソフトな響きがあるとして、「ユリノミクス」への変更を指示したという
>安倍首相の経済政策「アベノミクス」に対抗したもので、通勤ラッシュを緩和する「時差ビズ」のような働き方改革などを掲げる
>また小池氏は6日、衆院選勝利の験担ぎのため、「断酒」をしていることを記者団に明らかにした。先週から始め、22日の投開票日まで続けるという
>小池氏は、自身が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が大勝した7月の都議選の際も「断酒」していた


「時差ビズ」はかつて自らが広告塔となった「クールビズ」と語呂を合わせて「受け」を狙った臭いが強い。

こんなものを例に挙げるこの記事も大概だが、もっと大きな視点で見れば「消費税増税凍結」を謳う一方で「ベーシックインカム」を掲げているところに、かつての民主党にも通じる耳障りだけ良くて財源無視のバラマキ政策を、性懲りもなく引っ張り出してきたという印象しかない。

で、何を当てにしているかと思いきや、大企業の300兆円にも及ぶ内部留保金に課税し、これを吐き出させることで「経済活性化」の相乗効果を狙う、というもののようだ。

内部留保金を積み上げて成長への投資や従業員、顧客への還元に回さない、委縮した経営姿勢は批判される余地があるが、民間の経済活動の成果は基本的に民間が主体的に活用すべきものだ。そこへの課税強化は企業活動をますます委縮させ、彼らを日本から脱出させることに繋がりはしないか。

そもそも「ベーシックインカム」には貧困層を無くすという名分を付けているが、働いていてもいなくても最低限の収入が保障される社会では必ずこれに頼り、「働けるのに働かない」層が出てくると俺は思う。

貧困化の救済に「セーフティネット」は必要だが、その前提として国民に自立自助を促すことが健全な国家基盤の構築には必須ではないか。

さすが民進党議員が大挙して合流した党だけのことはある。何やらとても苦い既視感を覚える政策だ。「ユリノミクス」という甘美なネーミングに幻惑されることは選挙民として避けたいものだ。
posted by 三四郎 at 09:08| 千葉 ☔| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

口先番長

民進党の前原代表は、よく「口先番長」と揶揄されることがある。

関係者に根回しもせず裏付けもとらず威勢よく理想を語るが、各方面から反発を招くか齟齬をきたして尻すぼみになる。説明を求められた利責任を問われると「そんな意味で言ったわけではない」と逃げを打つ。

今回の選挙における民進党の事実上の解党、希望の党への合流を巡る動きはまさにその見本ではないか。

「候補者全員が希望の公認を得る」ような発言を本人はしているが、希望の小池代表は「選別する」「全員を公認する気はさらさらない」と身も蓋もない。結果、左派・似非リベラルが切り捨てられ排除される雰囲気となっている。民進党は「阿鼻叫喚」の状態で、前原代表への不信感が高まっているという(@niftyニュース/読売)

>小池代表(東京都知事)率いる希望の党から「排除の論理」を突きつけられた民進党
憲法観や安全保障政策で肌合いが異なるリベラル系を中心に入党拒否されるとの観測が浮上し、動揺が広がっている。党内では、希望者全員の合流を約束した前原代表への不信感が高まっており、リベラル系が支持する枝野幸男代表代行に代表をすげ替えるという「解任論」も取りざたされている
>渦中の枝野氏は30日午後、松江市の宍道湖畔でマイクを握り、「前原代表を信じて、新しい箱の中で、我々が積み重ねてきた理念や政策を皆で実現する」と力を込めた。ただ、「色々な心配や思いはある」とも付け加え、揺れる胸中をのぞかせた。今後の身の振り方については、「地元の地方議員に一任いただいた。それ以上のことは何も決めていない」と記者団に語るにとどめた


「残り滓」となった左派・似非リベラル議員たちの今後は失職するか、社民あたりに潜り込むか、分裂し吹溜まりのような「新党」をつくるかの三択だろう。

まあ勝手にやってろという感じだが、こんな張りぼての無責任男か、過激派崩れの似非サヨクしか代表のなり手がいなかったところに民進党の本質が看取される。こういう政党に三年間も政権を預けてしまった選挙民は猛省すべきだろう。
posted by 三四郎 at 10:07| 千葉 ☀| Comment(2) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。