2013年03月10日

もはや外交事案

韓国人移民が世界に拡散し、反日ウィルスとして蔓延している。とりわけ米国ではこの傾向が顕著で、いわゆる「従軍慰安婦」を執拗に喧伝し、地方議会レベルでは声明やモニュメント築造事案が蓄積している。

このほどニュージャージー州の一自治体で2つ目、全米で4つ目となる「慰安婦モニュメント」が韓国系住民の運動により築造されたらしい(読売電子版)

米ニュージャージー州北部にあるバーゲン郡ハッケンサックで8日、いわゆる従軍慰安婦のモニュメント披露式が行われた
地元の韓国系住民の団体などの働きかけで、郡当局が設置を認めた
>設置場所は郡裁判所の前庭で、郡が管理する公用地。石に埋め込まれたプレート(縦約50センチ、横約70センチ)には、旧日本軍に多くの女性が「性的奴隷を強制された」と記されているユダヤ人虐殺や米国の奴隷制などに関するモニュメント4点と並ぶように設置された
>同郡の人口約90万人のうち韓国系住民は約6%で、費用約5000ドル(約48万円)の大半が韓国系住民による寄付金。同郡内での慰安婦モニュメントは2か所目


米国内の地方裁判所という公有地で他国の事案に関するモニュメントを築造するという感覚にまず基本的な疑問が湧く。さらにそれが韓国系住民の寄付という私的な資金で行われるという点に法治国家にあるまじき恣意性を感じる。

それでもこれが米国のシステムというなら仕方が無い。しかし奴隷制のような米国自身の問題ではない。外国の歴史的事案に米国の地方行政が関与するということ自体、大いに違和感を感じる。

しかも「従軍慰安婦問題」はナチスによるユダヤ人虐殺とは全く異なり、旧日本軍が強制連行したという犯罪としての明確な証拠はない。そもそも「慰安婦」の性格自体、給金が支払われる公認売春婦というのが正しい捉え方であり、ユダヤ人虐殺のような国家組織的犯罪とは言えない。

そうした一方の当事者の見解も斟酌することなく、声をあげてカネさえ出せばいい加減な主張でも認めるような姿勢には米国社会の後進性、ある意味での野蛮さを感じずにはいられない。

それにしてもここまで「事例」が積みあがってきたとなれば、日本としても放置していい問題ではないだろう。一方の同盟国に対して意見照会の機会もなく検証もせずに、一国の名誉と尊厳を毀損するモニュメントを公的機関が認めるというのは、外交的非礼であり本来相応の説明と覚悟がなければならないはずだ。

一体日本大使館はどのような抗議、広報をしているのだろうか。また政府も現地大使館に任せるだけでなく、中央政府として毅然とした抗議を行い善処を求める行為は必要だろう。もはや日米間の一つの外交事案だと俺は認識している。
posted by 三四郎 at 09:29| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 先ず、そろそろ「韓国が日本の領土を侵略中の敵性国家である」と云う認識を公にするべきでしょう。

 「外交には敵も居れば味方も居るのが当然」と云う認識は、歴史上普遍のものである事位、自他共にエリートを任じる外交官なら常識としなくてはならない事であろう。自国の国家主権を主張する立場で「全方位外交」等、端から夢想である事は自明の理である。

 仮に、政府広報で「竹島で軍事演習を行う、関係各位は半径20q以内から退去せよ」と通達すれば、オソラク戦争が始まるだろう。

 では、竹島はどこの領土なのか? 勿論、日本の領土である。

 外務省の全方位外交が原因で、日本政府が「退去勧告」を出していない事が、事態を此処までにしたと云えるだろう。 

 竹島も尖閣も、毅然とした主権主張をして来なかったから、外患を誘致したのである。

 日米韓の連携を重視するのなら、爆撃・砲撃は、日米韓三国の共同演習でなくてはならないが、その提案を出せないのなら、日本は未だ主権国家ではない事になるだろう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2013年03月11日 11:32
ソロさん、こんばんは。

>そろそろ「韓国が日本の領土を侵略中の敵性国家である」と云う認識を公にするべきでしょう

ここ一年の韓国政権の自爆と民主党の対韓政策が結果的に「褒め殺し」的な効果を醸成し、一般日本国民の間に韓国への見方が変化してきたと感じるものがあります。政権が変な遠慮等せず、当たり前のことを当たり前に主張すれば、自ずと国民は認識を改めてくると思います。
Posted by 三四郎 at 2013年03月12日 20:30
おはようございます、これを書いている時点でアメリカWBC敗退が濃くなっています。彼らはこのまま朝鮮人を放置し続ける気なのか?

世界のほぼ100パーセントの国がいわゆる統治下という屈辱の時代を経験している。あのスペインでさえイスラム教に支配された、しかしかれらはその象徴でもあるモスクを今も保存している。日本の統治下になったのが屈辱なのであれば、日本をはるかに上回る文化を築いて見返せばいいんです。このような馬鹿げた行動を取るというのは自分は負け犬と認めているのに等しい、そしてほとんどの国はこんな連中には軽蔑の眼差ししか向けないでしょう。

日本ももしイラクやアフガンの大使館に米国兵の虐待の像を設置してくれと頼まれたら承諾するべきかもしれませんね、淋しい限りです。
Posted by らびっしゅ at 2013年03月16日 10:36
らびっしゅさん、こんにちは。

>日本の統治下になったのが屈辱なのであれば、日本をはるかに上回る文化を築いて見返せばいいんです。このような馬鹿げた行動を取るというのは自分は負け犬と認めているのに等しい、そしてほとんどの国はこんな連中には軽蔑の眼差ししか向けないでしょう

そのとおりです。かねてより私も、そんなに日本を憎悪しているなら、「日帝残滓」を一切捨てて、それこそ社会インフラも戦後の経済支援も全てゼロクリアして国家建設をすればいいと思っていました。

結局彼らは自分に能力が無いことを自覚しており、それ故に自信もない。だからいつまでも恨みを引きずるしかないのでしょう。同情はしませんが、哀れな民族だと思います。
Posted by 三四郎 at 2013年03月16日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アベノミクスのこれから
Excerpt: ・サービス業の授業員待遇の改善が何時輸出型の製造業まで何時拡がるか?・成長分野の目玉の農村改革を自民党内閣が進められるか? ブログ村政治ブログへ ローソンの子育て世代年収を引き上げへ に引き続きセブ..
Weblog: 普通のおっさんの溜め息
Tracked: 2013-03-10 17:01