2013年10月11日

地上最大の迷惑国家

韓国系住民が増殖していることもあってか、全米各地で「反日活動」が頻発している。地方の公共施設に「慰安婦像」の設置を進めたり、「日本海」の文字を抹消させたりとやりたい放題である。

韓国系以外の米国人は本当のところどう思っているのかと、俺はかねがね訝しんでいた。事実を知りもせず、一方の宣伝工作を鵜呑みにして、カネだか票だかを目当てに反日行動に与しているのなら、米国も相当堕ちたものだと思う。

そんな中で、「慰安婦像」の設置を決めた当のグレンデール市の現職市長が、「慰安婦像」設置には反対であると発言しているらしい(サーチナ)

米カリフォルニア州グレンデール市が2013年7月に慰安婦の少女像を設置した問題で、現在の市長であるデイヴ・ウィーヴァー氏が日本メディア「チャンネル桜」の取材に応じ、慰安婦像設置に反対していることを明かした。韓国メディアは「市長が少女像に反感」などと報じ、波紋を広げている
>グレンデール市に設置されたのは、韓国・ソウルの日本大使館前に設置されたのと同じデザインの像。ウィーヴァー氏は慰安婦像の設置後に市長に就任し、設置をめぐる市議会の投票では反対票を投じた>ウィーヴァー氏は反対の理由について、「国際問題に巻き込まれることはすべきではないと考えていたからだ」と説明し、「グレンデール市が日本からもっとも嫌われる都市になってしまい大変遺憾」と述べた
少女像については「見たこともない」とし、除幕式にも出席しなかったことを明かした。また、「グレンデールには韓国人が1万2000人も暮らしているが日本人は少ない」とし、「誰が勢力を持つかお分かりですよね」と述べ、韓国系住民の圧力があったことを示唆した
>同番組はインタビュー映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載しており、すでに再生回数は2万回に達している
>韓国メディアによると、慰安婦像の設置を推進した韓国系団体は、不快感を露わにした。加州韓米フォーラムのユン・ソクウォン代表は、「(設置投票で)一票を持つ人間が市全体の意見のように話をすることは間違っている」と批判。団体は、ウィーヴァー氏の発言は個人的な意見に過ぎないとし、慰安婦像の存続に影響はないとみられることから、冷静に対処する方針という


「国際問題に巻き込まれることはすべきではない」というウィーヴァー市長の反対理由は、地方の首長として極めてまっとう、常識的なものではないか。

そもそも米国には何の関係もない問題である。「女性の人権保護」という普遍的な次元に昇華したモニュメントを作るのであればまだしも、特定の国を一方的に貶めるプロパガンダ工作物を、真実を追求するでもなく言われるままに設置したという行為は、特定の政治的意図に乗せられた愚かさの証明以外の何物でもない。こんなものに賛成票を投じた議員はその軽率さを恥じるべきだろう。

いみじくも市長は韓国系住民による圧力が働いたことを示唆した。議員たちには反対票を投じれば人権軽視になり、支持できない、と言うくらいの脅しがあったのではないか。

韓国の団体はこれを「個人的意見に過ぎない」として黙殺する構えだが、俺にはこれが一般的な米国人の本音に見える。

だってそうでしょう、何ら関係のない国同士の問題に巻き込まれ、得体のしれない工作物がある日市役所のロビーあたりにでんと据えられたらどう感じるか。ましてそれが元で一方の国の国民からは「最低の町」扱いされたとしたら。「票」「議席」という弱みを握られた議員ならまだしも、何ら関係のない一般市民にとっては迷惑千万と言うしかない。

はっきり言って、韓国人は調子に乗ってやり過ぎていると思う。こういうことが繰り返されていけば、やがて韓国系住民に対する「うっとうしさ」が悪感情に転化する日は遠くないだろう。

日本政府、日本国民は日系米国人が肩身の狭い思いをしないために、何より日本の名誉と子供らの将来のために、「慰安婦」の実像を世界に公表して韓国による悪意の成果物をひとつひとつ覆していくしかない。その場合はあの国の恥部たるライダイハンも知らしめ、韓国の偽善性も追及すべきだろう。

韓国が声高に日本の「悪」を言いたてた分だけ、これが捏造と分かればその反動は大きい。韓国にとっては巨大なブーメランとなる。こればかりは「倍返し」させてもらおう。
posted by 三四郎 at 22:09| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次第に声高になって行く韓国の「イアンフモンダイ」に関する講義は、韓国の内情が、最早にっちもさっちも行かなくなったから現われた事態と看れば宜しいと思います。

 第一、従軍慰安婦の強制連行問題が、もし事実だったとしても、その賠償や慰撫の義務は、日韓基本条約締結時に前県韓国政府が背負っている筈です。

 韓国政府がまるで他人事のように、此の問題に接し、第三者の様な論評と、被害者の様な非難の声を挙げている事を、日本政府は、世界に向けて発信すべきです。

 そして、現状の米国での韓国人の振る舞いを見て、疑問を感じた人々が、米国に保存してある此の事件周囲の事実に興味を抱くようになって、様々な事実が明らかになり、殆ど日本の側の主張通りであることを周知され始めるに従って、米国人は最早、此の問題が直に日本を脅すネタにはならなくなる事も認識すべきです。

 米国は、韓国が独立後に起こした朝鮮戦争でも従軍慰安婦を募り、そしてその後も、公娼制度を21世紀になるまで続けた事を知って居るのだから、この件に関する検証が、極めて簡単であったにも拘らず、米国下院議会は、恥ずかしくも無くこの件に関して、日本政府に問責決議を可決して終って居ます。

 但し、決議に参加したのは、ベロシ議長以下、議決有効限界ぎりぎりだった様ですが。

 目先の選挙資金欲しさに、亦は、女性救済という美辞麗句に惑い、安易な投票で、同盟国家を窮地に立たせるのでは、米国への信頼を自らの手で傷つけた様なものだとは思わないのでしょうか?

 それとも、ベトナム戦争で共に、「自由と正義」の為にと云う美名に隠れ、30万人にも及ぶ強姦や虐殺を遣った「仲間」意識でも持って居たのか?と疑われても仕方がないでしょう。

 此の問題を是以上俎上に挙げて行けば、国家の「国民の人権無視」という、朝鮮人の犯罪が亦一つ表に新たに顕かになると言うだけの事です。

 米国人が是以上韓国の主張を支持するつもりなら、自分たち自身が過去に、世界中で犯してきた、現地人の人権蹂躙行為に迄、話が及ぶ事を覚悟しなくてはイケません。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2013年10月12日 23:40
ソロさん、こんにちは。

中共もそうですが、韓国は内政の矛盾や失態を常に「反日」で誤魔化そうとする国です。

大統領就任後一年にも満たないうちから身内に逮捕者はでるは、財政行き詰まりの打開策はでてこないは、で相当追い詰められているように思います。

ですが、それは日本の知ったことではありません。毎度毎度失政のダシに使われるのはとんだ迷惑というものです。

>韓国政府がまるで他人事のように、此の問題に接し、第三者の様な論評と、被害者の様な非難の声を挙げている事を、日本政府は、世界に向けて発信すべきです

これは大事ですね。韓国の欺瞞性を暴くことこそ日本が今後すべきことです。難しいことは何もなく、事実を淡々としかし躊躇うことなく発信すればいいだけのことですから。
Posted by 三四郎 at 2013年10月13日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377266862

この記事へのトラックバック