2013年10月29日

だっさ

韓国といえばパクリのイメージが強い。とりわけスナック菓子や清涼飲料水はネーミングやパッケージが日本の商品とそっくりなものがごろごろしている。そんな韓国だが、またここに新たな輝ける歴史が書き加えられたようだ(サーチナ)

日本の生活用品店「ダイソー(DAISO)」の韓国の商標権者が、韓国の雑貨店「ダサソー(DASASO)」の運営会社を相手取り商標権侵害を訴えた裁判で、韓国西部地裁は29日、原告敗訴の判決を言い渡した。複数の韓国メディアが報じた
>同地裁は、両社の商標の外観が似ていないのは肉眼でも分かるとし、呼称も同じ3文字から成るものの中間の音は「イ」と「サ」で異なり、聞いた時の印象は明らかに違うと判断した
>同地裁はまた、「ダイソー」が韓国語の「全部ある(ダ イッソ」と聞こえ、日本語の単語だとの印象も与える反面、「ダサソー」は韓国語の「全部買って下さい(ダ サセヨ)」を意味する慶尚道方言の「ダ サッソ」に近いと指摘。両社の商標は「外観、発音、観念が異なり、ダサソーがダイソーの商標を侵害するとみなすことはできない」と説明した
>今回の判決は、「ダイソー」の商標権者が「ダサソー」の商標権侵害禁止を求めた仮処分申請で、2013年4月に一部が認められた判決を覆すもの。今後「ダサソー」が仮処分の中止を求める申請を提出し、受理されれば、看板や広告などに「ダサソー」の商標が使える


判決理由がどうも苦し紛れの強弁に聞こえるのは俺だけか。中間の音が違う代わりに最初と最後の音は同じだし、最後が長音で終わるのも一緒だ。そもそも同業種の商標である。商標の認知度や登録の時系列など論点は多いはずだ。印象論で片づけるのは少し粗雑に過ぎないか。

さすがまともな法理がない「情治めの国」だけのことはある。まして相手は日本企業の商標なら何としても韓国に不利な判決はだすまい。だいたい明らかな盗品である仏像さえ返さない国柄なのだ。

つくづくと「だっさい」国である。
posted by 三四郎 at 23:54| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自国よりも他国、という韓国の攻撃的な性格が見えますね。三四郎さんも書かれているように、力の支配に傾いた国で、近隣の国とは衝突を繰り返すと思います。司法ですら韓国の利害ばかりを追うのに、法を軸にした価値観外交のパートナーとなるのは困難でしょう。親日、というか日本模倣の文明にあって、競争相手である韓国との友好は、韓国が心身共に対日独立を果たさないと難しいと思います。対日暴挙は依存の裏返しです。メディアを通した対日輸出をしているのに、反日とは不可解で、文化を掌るメディアとは、社会に対する好影響と社会化によって評価を得るもので、内外共に対話と社会化の反極が反日精神であると思います。
Posted by RYU at 2013年10月30日 09:04
RYUさん、こんばんは。

私はかねがね、韓国に必要なのは「反日」ではなく「克韓」だと思っています。

韓国自身が、日本に精神的な依存を克服しない限り、彼の国の本当の意味での発展はないと考えています。
Posted by 三四郎 at 2013年10月30日 21:07
三四郎さま、こんばんは。

自国を克服する、というのは勇気も要る事ですね。一旦、ネガティブな立場を取るという事ですから。
自分はブログでも、韓国の歴史は属国と日本統治の事実を隠す自己否定の連続だと書きましたが、韓国の精神は文明化だけでは払拭できない深い病巣があるのかも知れませんね。
外に敵を作り、内部のまとまりを強める、というのは、冷戦時代のパラダイムで、テロとの戦いの原則すら学べていない、本当に米国に食い込んだ外交大国なのでしょうか。嫌な相手ではあると思います。
Posted by RYU at 2013年10月30日 23:11
RYUさん、こんにちは。

私は、韓国人には勇気がないと思います。だから大国に事大し、自らの負の歴史には目を背け、殊更に日本を悪者にすることによってしか精神のバランスを保てないのだと思っています。思えば哀しい民族ですが、こんな民族に取りつかれた日本にとっては地震以上の災難というしかありません。
Posted by 三四郎 at 2013年11月02日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378894475

この記事へのトラックバック