2014年04月15日

廃れる薫育

埼玉県の女性高校教師が、自らの長男の入学式出席のために、勤務先の入学式を欠席したらしい(産経電子版/goo)

>埼玉県立高校の女性教諭が長男の入学式のため勤務先の入学式を欠席した対応が波紋を広げている。関根郁夫県教育長は14日の定例記者会見で「生徒や保護者に心配をかけた」と学校側の対応に苦言を呈すると同時に「色々な考え方がある」と話し、「欠席」に至った経緯に一定の理解も示した。県教育委員会には14日午前までに73件の意見が寄せられたが、賛否は割れている
>「生徒や保護者に申し訳ない。心配りがあってよかった」。関根教育長はこう述べた上で、11日の県立高校長会で「保護者、生徒の声を受け高校生活を安心してスタートできるよう指示をした」と明らかにした。県教委によると、73件の意見のうち、53%が女性教諭に理解を示す意見。34%が校長・教育長への批判、12%が教諭への批判だった
>女性教諭は勤務先の入学式前、長男の入学式に出席したい意向を説明し、校長らに休暇を認められた。式当日は別の教諭らが「大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびする」などとする教諭の文章を配った
>県教委が確認したところ、他にも同じ理由で勤務先を欠席した高校教諭が3人いたことを確認した
>関根教育長は入学式について「教員は基本的に出席する」と強調し、「私のときは子供の入学式には行かなかった」と、自らの経験を踏まえ語った。一方で「時代も少し変わってくる。われわれの時代感覚と違う。どちらが良い、悪いというのではない。難しい問題」とも話した
>今後の対応については「校長判断のもと学校は運営されている」とし、一律の指針などを示すことには否定的な考えを示し、「何が一番、大事なのか。その点を考えながら新しい運営をしてほしい」と述べた


ネット上でも賛否割れており、「どんな仕事にもモラルはあるが、どんな人にも体調や私情はある。それをバックアップし、フォローしてこそ、チームとしての仕事じゃないのか?」と庇う評論家もいれば、著名なタレント評論家「尾木ママ」は「入学式を欠席すると)保護者や生徒との基本的な信頼関係を形成できない」「ブラック企業みたいに有給休暇を申請しても認めてくれないとか、そういう問題ではないんです」と批判している。

俺はやはり批判的な立場をとる。教師というのも多くの職業のひとつであって、長い教師生活の上ではどうしても休まねばならない事情があることは認める。しかし他の職業と違うところもある。それは成長する子供、つまり「人間」を直接の相手としていること、そして彼らを自らの影響力を持って育むということだ。

そのためには教師と子供たちとの間に強い信頼関係が無くてはならない。これは簡単に築けるものではない。入学式一日出たくらいで強まるものでもないことは確かだ。しかしこれから始まる信頼関係構築の第一歩として、「自分たちはともにある」という意識を共有する重要な意味付けがありはしまいか。

そういう特別な「信頼関係」がある故の「聖職」だと俺は思う。「チームワーク」とか「フォロー」とかいう考え方は一応もっともらしい。それが必要な場面もあろう。しかしそれを前面に出して自己都合を正当化するには「教師」という職業はなじまないと考える。

結局大事なことは、子供たちがどう受け止めるかということだろうが、俺としては自分の子に自らの仕事を説明し納得させ、受け持つ子供たちには新生活への安心感を与えてくれる教師にこそ我が子を託したい。そういう先生であれば、薫陶として得られるものも大きいと考えるだけだ。


posted by 三四郎 at 23:00| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(2) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学生低学年から片親で、当然働いていたから、授業参観は勿論、運動会や入学卒業式の類も母親が来たことが無かった私などにすれば、「はぁ?」と云う声しか上がらない。 恵まれたら恵まれたで色々あるんですね、と云う他は無い。

 この教師の周辺から、「そんなに親としての役割が大事なら、教師なんかやめたらドゥなのか?」と云う声は上がらなかったのだろうか。

 日本人は、シナの古詩に曰く「日昇りて 即ち耕し 日暮れて 即ち止む」と云った生活から、労働をする事の大切さ、労働が齎す確実な成果から、労働を信仰している民族です。 ダカラ、百八十神の大司祭であらせられるスメラミコトが、御田植や刈取りを自ら田んぼに入って神事として執り行うのです。

 労働を宗教行為の一部としているのは、世界でも日本だけです。 

 戦争時における日本人の勇敢さは、相手を圧倒する気魄や戦闘能力の高さも然る事ながら、全般に「職分を全うする責任感が高い」と云った、日本人にとって極めて普通の常識によって、その多くの奇跡的な事績が為された事は改めて知っておくべき事です。

 何が言いたいのかと云うと、日本人は自分に与えられた職責を神に授かったモノと自然に受け取って居る、と言う事です。 随い、「自分や家族の都合で、欠席するとか、スポイルする等、選択肢にすらない」のが当たり前だったのです。 是は今でも多くの企業の従業員には共感される事でしょう。

 なぜ教員の世界だけが、この様に異文化的なのでしょうね。彼らは日本人でないなら、一体何人なのでしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2014年04月16日 09:37
自分は高校から私学で、高校・大学共に基督教と縁の深い学校でしたが、恩師の中にそうした人は居ませんでした。

むしろ、学校の教員達は、私学であったせいか、受験での生徒の国公立・有名大学への合格数を上げるのに血潮を上げており、今の子供達であっても、保護者が入学式に同席する事がそれほど重要な意味を持つのか、疑問です。
自分は、その教員は、親同士の人間関係に左右されて、出ざるを得なくなったのではないかと思います。また、その教員を含んだ、保護者にとっての社会が、あくまで、大人が主体として出張った絆であり、学校社会は子供が主体であるべきところを、誤解しているところも、不適格教員の原因であるように思います。
つまり、不適格教員というのは、保護者も同じ要員になって、形成している社会的人格であり、保護者が教員を矯正する、というのは、教育に専念すべき教員の仕事にとって、害の方が大きいように思います。

予備校などでは、生徒が教員を評価する仕組みがありますが、子供にとって必要な教員と、大人にとって好ましい教員というのは、違うように思います。学級崩壊の問題もありますし、生徒から教員へのパワハラもある中で、そういった陰湿な方法ではなく、直接、公式の場で議論して、批判するような体制を作って、教育に対する子供との報連相を磐石にすべきで、学校の無政府状態をこそ、学級崩壊であったり、不適格教員、問題行動の温床では無いかと思います。大人の秩序の変化、いわゆる、怪物親が教育に口を出すのは、やくざが公社会の第一線に跋扈するようなものだと思います。
Posted by RYU at 2014年04月16日 11:10
ソロさん、こんにちは。

>この教師の周辺から、「そんなに親としての役割が大事なら、教師なんかやめたらドゥなのか?」と云う声は上がらなかったのだろうか

そうですね。産経の記事によれば、県教委への意見の半分以上がこの女性教師の行動に理解を示しているようですが、そこまで緩々な時代なんですかね。

教育の現場にいる教師だけでなく、全ての働く親たちにも考えてほしい問題だと思います。
Posted by 三四郎 at 2014年04月19日 13:05
RYUさん、こんにちは。

>大人の秩序の変化、いわゆる、怪物親が教育に口を出すのは、やくざが公社会の第一線に跋扈するようなものだと思います

一般論として反社会的勢力につけこまれる組織や個人というものは、往々にして流されやすく体面を気にする傾向があるように思います。

「親同士の人間関係に左右されて、出ざるを得なくなったのではないか」としても、やはり自らの立場を自覚して毅然とした態度をとれなかったこの女性教師を擁護する気にはなれませんね。
Posted by 三四郎 at 2014年04月19日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

高校担任教諭 入学式欠席し 息子の入学式へ !!
Excerpt: 高校教諭 勤務校欠席し息子の入学式へ 教育長「生徒が心配する事態招いた」(産経新聞) - goo ニュース 8日埼玉の県立高校で1年生の担任を受け持つ女性教諭が自校の入学式を「息子の他校の高校入学式..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2014-04-16 08:14

高校教諭の「入学式欠席」に賛否
Excerpt: 高校教諭が、勤め先の高校の入学式を欠席し、我が子の高校生の入学式に出ていたという法幢がありました。 これについて賛否両論の意見が寄せられているようです。 高校教諭の「入学式欠席」に賛否 苦言の一方、..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2014-04-17 22:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。