2014年12月12日

単独開催か返上が筋

およそ3年後に韓国・平昌で開催予定の冬季五輪が、資金難や開催地のごたごたで先行き不透明な状況だ。一部競技の開催を国外で行っては、というIOCの勧告というか懇願と言うか圧力も出始め、長野という地名が取り沙汰されるなど日本を「チラ見」する様子も窺える。

そんな中、先日は朴大統領が国外分散開催を「ありえない」とし、韓国世論も特に日本を意識して「絶対反対」の主張が強いようで、五輪組織委員会の委員長も分散開催には反対する意志を示しているらしいが、それも微妙な言い様である(読売電子版)

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪組織委員会の趙亮鎬(チョヤンホ)委員長は12日、役員との会合で、国際オリンピック委員会(IOC)が韓国外での分散開催を提案したことについて、「すでに全ての競技場の工事が始まっており、改革案を適用するのは難しい」と、反対する意向を示した
>IOCは財政難が指摘される平昌五輪のそり系競技について、長野など韓国外での開催も実施できるとの考えを示している。組織委によると、趙委員長は、「IOCから具体的な提案があれば、本格的に論議に入るが、現段階では平昌などで全ての競技が行われることを希望する」とも述べた


「難しい」とか「具体的な提案があれば、本格的に論議に入る」とか「現段階では」とか「希望する」とか・・。韓国語ではどうか知らんが、日本語訳のニュアンスとしては、他国を当てにする気が満々ながら、国内の厳しい世論に押されて已む無く反対のポーズをとっているように見える。

いずれもっと切羽詰まってくれば、「そうは言っても」とか「日韓親善の糧に」とか何とか言い訳やら屁理屈を並べて日本に擦り寄る道を残しているような感じがするのは俺だけか。

まあ表向きとは言え、日本との共催だけは「絶対いや」と言っている状況なら、普通は口が裂けても擦り寄れないだろうがそこは韓国、手のひら返しはお手の物だ。しかも日本国内でも「友好の役に立つ」だの「国内景気にも寄与する」だのと理屈をつけてこれに乗ろうとする輩もいるから油断できない。これは日本が手を貸せる問題ではないし、すべきでもない。

だいたい「分散開催」が資金や労力を節約できるかと言えば、素人ながら俺は無理だと思う。単純に言って異動の問題もあるし、開催施設やサービスのレベル合わせも至難の業だ。スタッフの意思の疎通ひとつとっても相当厳しいだろう。これからそうしたハード面、ソフト面の課題をこなすことは、単独開催の突貫工事より難しいのではないか。

そもそも、平昌は3回も立候補して五輪を勝ち取ったと聞く。であるなら、資金計画や市民の意思統一など十分に練る時間はあったはずだ。IOCもそれを評価し判断したからこそ決定したのだろう。こういう「後だしじゃんけん」にも似たいい加減なルール変更を許すなら、五輪の意義や価値を著しく毀損するもので、関係者の責任が厳しく問われなければなるまい。

単独開催ができなければそもそも立候補すべきでないし選ばれるべきでもない。無理なら可及的速やかに潔く返上するのが筋だろう。時間が経つほどに代替地の準備も厳しくなる。土壇場になってバンザイし、他国に尻ぬぐいさせることだけはやめてほしいものだ。
posted by 三四郎 at 18:22| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この問題で一番懸念されるのは、JOCの竹田会長の言動だろう。 丸っきり、戦後の全方位外交そのままの「お花畑的外交」感覚でしょう。 その結果、上手く行ったら韓国の手柄、失敗したら日本の所為、金も人も日本に出させて「只乗り」は、韓国の常套手段である事すら、なんら認識できていないのは、この世代が通底して持っている感覚です。

 02年のサッカーW杯の共同開催で、日本は懲りていなくてはいけない筈。 7000億円のスタジアム建設費を始め、日本が負担した金は1円たりとも帰ってきていない上、後に成って大会委員長の鄭夢準氏の発言で分った事だが、その運営上で、審判員の買収による八百長、偏向ジャッジを行った事を、自慢げに話していたという、非常識さ、モラルの欠如ぶりを示した。

 彼らには、スポーツの神聖さを理解する能力は皆無であると認識しなくてはいけないのです。 彼らにとっては、オリンピックであろうが、W杯であろうが、只の「勝負事」に過ぎないし、名誉は、究極の見栄っぱりが求めている象徴に過ぎない。

 結果、この大会では偏向判定だらけの醜い試合が続き、韓国はベスト4入りしたが、相手をさせられた欧州のフランスやイタリアの選手団に、「2度とこの国でサッカーの試合をしたくない」と言わしめた。 爾来、韓国で欧州のチームがプレィした事はない。

 その彼らが、12年経っても全く進歩していない証拠が、先般行われた仁川アジア大会であろう。 此処でも、結果の実に拘る余り、数多の偏向判定、不正行為が行われ、参加した選手たちを失望、呆れさせた。

 鹿も、水泳の富田選手は、韓国警察の姦策に落ちて「窃盗犯罪者」扱いにされ、JOCは彼を庇う処か、よく調べもしないで、彼を永久追放にしたのです。

 こんな、「選手を護るのが、組織の本分」でもある筈なのに、其れを端から放棄している感のあるJOCに、こういう、巨額の国民の税金を使う決断を任せてよいものだろうか?

 私は、韓国とのあらゆるイベントの共同開催に反対したいし、JOCの組織改革、人選について検討すべきだと思っている。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2014年12月13日 11:28
ソロさん、こんにちは。

実に竹田JOC会長の弁は、ずれていると思います。確信犯なのか馬鹿なのか。

>私は、韓国とのあらゆるイベントの共同開催に反対したいし、JOCの組織改革、人選について検討すべきだと思っている

もろ手を挙げて賛成です。
Posted by 三四郎 at 2014年12月13日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック