2015年06月14日

やる方もやる方だが

韓国のエンタメ専門サイトの情報によれば、MARSが一向に収束する気配の無いソウルで、韓流グループがコンサートを決行し、日本からも「多くのファンが強行渡韓」する見込みらしい(KOARI)

MERS(中東呼吸器症候群)患者が続々と増え続ける韓国パク・クネ大統領も深刻な事態を憂慮し、今週末に予定されていた訪米を中止したほど。その脅威は韓国芸能界にも広がっている
韓国芸能界の様子を見てみると、状況は予想以上に悲惨な様相を呈していた。音楽番組など多くの観客が集まる公開録画は中止され、芸能人の営業先であるイベント行事などは次々と中止や無期限延期に。コンサートは中止され、映画も公開日を延期するなど、MERSの影響で災難続きとなっている韓国芸能界
>「芸能人としては死活問題です」と嘆くのは韓国芸能事務所関係者。特に、ドル箱である中国での活動が制限されており、収入面に大きく関わるという
>13日から始まる上海国際映画祭から自粛要請を求められていたチャン・ドンゴンとソ・ジソプが不参加を表明。他にも、中国での活動を自粛要請されている韓流スターが多くいるという
そんな中、韓国のファンだけに留まらず、日本や中国のファンを多く抱える東方神起が今週末、MERS渦中のソウルでコンサート決行を発表した。ファンを思うと勇気ある決断だが、それ以外の人々にとってみれば迷惑としかいいようがない
会場では消毒液を散布したり、熱探知機で異常がある人を検出するというだが、限界があるのではないだろうか。ユンホ入隊直前のコンサートのため、多くの日本人が強行渡韓するはずだが、果たして、来週の日本はどうなっているのか。不安でならない


まさに「やる方もやる方だが、行くやつも行くやつ」である。この時期にMARSの震源地であるソウルに公用でもなく出かけていくなど普通の神経ではない。

ISの支配するようなテロ地域への渡航であれば、最終的には自己責任という言い方もあろうが、相手は致死率の高い伝染病である。本人だけの問題ではない。発病しなくともキャリアとなって帰国すれば、意識するとしないとに関わらず、また好むと好まざるとに関わらず、公共空間で周囲の体力や免疫力が低下している人々に感染させるリスクが増える。

少なくとも正常な判断力、常識的感覚を備えた大人であれば「強行渡韓」などすべきでないし、周囲にそれをしようとする人間がいれば止めて然るべきだろう。

未だに国民に強力なアナウンス、注意喚起をしない日本政府の危機感覚の甘さが背景にある。

そして何より、興行収入が途絶えることに対する韓国芸能産業の焦りが、興行主や韓国政府の非常識な対応を促しているのだろう。普通に考えれば「やってはいけないこと」であり、韓国の行政当局が厳重に指導すべき場面で、何よりまず罹患者の隔離と感染地域の拡大を抑えるために官民挙げて総力を注ぐべきところのはずだ。

それでも大統領や外相は相も変らぬ「反日メッセージ」発進に余念がない。この国は本当に狂っている。
posted by 三四郎 at 09:29| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>ファンを思うと勇気ある決断だが、それ以外の人々にとってみれば迷惑としかいいようがない
  ワクチンの無い致死性のある感染症を放置に近い状態なのに、そこでコンサートを行うのは、正に暴挙と云って良いだろう。 「あほな記事を書くものだ」と云う他に感想は無い。 迷惑とか言っているレベルの話ではないのは、社会に警鐘を鳴らす事を重要なその使命の一つとしているマスコミの筈。 芸能記者とはいえ、報道関係者なら、当然認識しておかねばならない話だろうに。 東方神起がいかほどのものかは知らないが、1回や2回コンサートを中止したら、生活にかかわる程度らしい。 そんなタレントのコンサートに生命の危険を冒してまで、出かける日本人ファンが居て当然のような書き方をしているが、是も眉唾だろう。 でなければ、余程のノータリンに違いない・

まぁ、其れ程金も暇ももてあましている人生なら、東方神起病でとっとと、身を捧げたらよかろう。 だが、二度と帰って来るな。と云って置く。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年06月19日 09:47
ソロさん、おはようございます。

>「あほな記事を書くものだ」と云う他に感想は無い

まあそこは「韓流エンタメ専門サイト」ですからね。しかしそういうメディアでさえも「迷惑」と書かざるを得ないほどではあるのでしょう。

>だが、二度と帰って来るな。と云って置く

同感です。でももうかなりの数の感染者が日本に入国していると聞き及びます。日本政府の温い対応は何とかならないものかと思います。
Posted by 三四郎 at 2015年06月20日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420653586

この記事へのトラックバック