2015年08月11日

超えてゆくデッドライン

政治、経済の両面から中国への傾斜を加速してきた韓国だが、いよいよそのデッドラインを超えるようだ。かねて中国から参加を促されてきた抗日戦勝記念式典に、米国の反対を押し切って参加する肚を決めたようだ(読売電子版)

韓国の朴槿恵大統領が、北京で9月3日に開催される中国の抗日戦勝記念式典に出席する方向で検討を進めていると複数の韓国政府関係者が本紙に明らかにした
軍事パレードに出席する可能性もある。「良好な対中関係を維持する狙い」からだが、参加すれば日本や米国との摩擦が予想される
>朴大統領の式典出席については、3月にソウルで行われた中韓外相会談で王毅中国外相が尹炳世韓国外相に要請した。中国は、日本に対して歴史問題で韓国と連携した上、米韓同盟にくさびを打ち込む狙いがあるとみられる。米オバマ政権は朴政権に「(出席すれば)中国とともに日本を圧迫する形になる」と憂慮を伝えた模様。日本も反対の立場を伝えたが、韓国側は「日本を圧迫する狙いではない」と理解を求めたという


韓国的には内政とりわけ低迷する経済立て直しに中国への依存は必須で、何としても中国の機嫌をとっておきたい動機があるのだろう。また自ら捏造した「栄光の歴史」において「対日戦勝国」に名を連ねるという幻想に陶酔しているのかもしれない。何より中国は韓国にとって数百年来の宗主国である。靡くに心理的ハードルは低いのだろう。

だが日米からみればこれは敵対行為、ある種の裏切りともいえる。日米韓が連携して中国の膨張を抑えようという日米にとっては東アジアの外交・防衛の基本戦略を根底から覆すものだ。しかも今回、オバマ政権は明確に否定的発言を行った。つまりは「参加するな」と厳命したわけだ。

それを敢えて押し切る形で参加するとすれば、明らかに米国に反旗を翻す形になる。THAAD配備を言を左右にしてのらりくらりと誤魔化してきた態度とは比較にならない影響を引き起こすのではないか。

戦略が描けない天然の馬○国家なのか、永遠の大中華属国なのか、その本音は知る由もないが当事者として意識するにせよしないにせよ、韓国はデッドラインを超えようとしている。日本にとっては竹島不法占拠のこともある。この国、もはや公式に敵と見做すのが正しい。
posted by 三四郎 at 07:15| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 政府以下、マスコミ全てが反日の韓国では、反日はもはや国是であり、如何なるシチュエーションでも、変更はあり得ない主題であるからには、米国が日本との同盟関係を重視せざるを得ない展開になったからには、韓国の立場は、自動的に決まったも同然だった。

 何処の国にでも、「民衆の共感を得やすいツボ」と言うものがあるのかもしれないが、こういう「後戻りのできない、行き過ぎた偏向」には、政府自体が敏感になって、制御しなくてはならない。 

 具体的には、政治手段としての偏向を選択した時から行き着く先として、予想できた事なのだから、原爆投下を「仏罰だ」とか、「震災おめでとうございます」とか言った、他人の不幸を喜び、打擲い相手の怒りを煽り立てるに十分な禁句が世論に現れた時点で、反日を鎮めるべく政府が動かねばならなかった。

 それを、前韓国大統領李明博は、一番してはならない、天皇陛下を侮辱し、自ら、侵略している領土に、日本の静止も聞かず、上陸を決行したのである。

 これは、明博が「日本は制覇した」と嘯いた通り、日本に、帰化人集団である政党が政権を執り、帰化人の首相が誕生したから事で、過剰になった自信からであろう。 然し、国家間の調整役であるべき政府関係者のこういった、モラル無き悪乗り行為が、日韓相互の信頼関係を土台から突き崩している事は明白だった。

 ダカラ、交代した朴大統領にとって、この危うくなっていた関係を修復する事が、焦眉の急であった筈。 それが、顕れたのは、より徹底した反日だった事で、マスコミがねつ造した「韓流ブーム」に騙されていた日本のサイレントマジョリティの半数以上が、その正体に気付き始めた。そしてこちらも、「決して後戻りができない」ほどのダメージを日韓関係にもたらしたのです。

 おまけに、韓国の港内で起こった外国船を巻き込んだ事件で、あまりに不公平な採決を下し、実行したから、海上保険の創始者で、世界の再保険の元締めであるロイズに、「不適格にて、以後保険対象者とはしない」と言う裁定を下されて、韓国籍の船は何処の国にも入港できなくなっている。 亦、あらゆる面で「No Korea]を掲げる国も、世界で増えつつあり、韓国の信用は既に「無きに等しい」。

 反日に夢中になって居る裡に、気が付いてみれば、地獄の窯の中にいた、と言う展開なのですが、未だに気が付けていない様子。 何かと言えば日本の所為にしようと言う低い国家モラルは、既に世界中でバレてしまったのです。

 仰る通り、韓国は既に世界の「対外信用のデッドライン」を踏み超えてしまっています。 資産内容や対外モラルの面からも、かの国にお金を貸してくれる国はモゥありますまい。

 すると、ウォンは何処かで、大暴落を起し、対外決済はすべて米ドルにする他はなくなりますから、既に多国籍企業であるサムスンもヒュンダイも、生産拠点を韓国から移すしかない、すると、大企業10社程度で保っていたGDPも、1桁下がる事になり、国家としてh、立ち行かなくなって終うでしょう。
 
 これが反日と言う政治手段の毒です。 内政問題の解決を、先送りにしたツケが、国民の生活を困窮させ、その不満の行く先すら受け止める事もなく、只管反日を続けた結果、世界からその程度の低さに気が付かれ、自主開発の分野に投資を怠り続けた結果、「将来性ゼロ裁定」を下されたのです。 

 表向き何も起こっていないように見えますが、その場凌ぎは。可能かもしれませんが、是までのパターンを繰り返すことが、世界中に知れ渡っているだけに、既に救済は不可能です。

 
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年08月11日 17:53
ソロさん、こんばんは。

だいぶ前から私は、韓国朝野の反日的な言動について、いちいち反論するのがバカバカしくなってきているのを感じます。

無論、放置すれば図に乗ってますます騒ぎ立てるだけでなく、それが独り歩きすれば善意の第三者も騙されてしまうわけですから、できるだけ取り上げて批判するようにしていますが、何しろキリがない。

むしろこういう馬鹿さをさらけ出してくれた方が呑気な日本人が覚醒するきっかけになるかなと考えています。

もっともマスゴミが横行するこの国では、そのために「こんなことを言われている、されている」ということを日本人が自らもっと積極的に「知りに行く」ことが必要ですが。
Posted by 三四郎 at 2015年08月14日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック