2015年08月15日

安倍首相談話に思う

戦後70年に寄せた安倍首相の談話が昨日閣議決定され公表された。TV各社はニュース番組で繰り返し触れているが、専ら過去に対する「侵略、植民地支配、反省、謝罪」の文言が盛り込まれたか否か、どう盛り込まれたか、といった中韓の批判的視点に沿ったような矮小な議論と評価が目立つ。

米国は未来に向けた日本の立場に触れつつ概ね好意的に受け止めたようだ。中国は「直接のお詫びを回避した」と批判的に報じ、今後の日中関係の障碍にもならないが好転の助けにもならないという考えを示した。韓国は公式な論評についてはこれから検討としつつ、相変わらず「誠意がない」のやくざじみた科白を投げつけてきた

それぞれにほぼ予想された通りの反応だ。

俺としては可もなく不可もない、今の安倍首相の立場としてはあれが精々だったのだろうという感じだ。

歴史は正邪の二元論では片づけられない。加害者と被害者、勝者と敗者は時系列の中で逆転することもあり、被害者のふりをした加害者もまた存在する。しかしまた現在も日々新たな歴史がつづられ未来に続くものだとすれば、自らの名誉を回復しようとする行為には果断さと周到さが求められる。

そうした相反する要素を何とかバランスさせた談話という印象は強いが、単なる継ぎはぎではなく現下の国際情勢やこれを受けた安保法制論議にもつなげようとする苦心の跡が盛られる点で、確かに日本の名誉を守りつつ未来志向を滲ませた談話だと思う。

だが本音を言えば、どうせ何を言っても批判する者は批判する。聞く耳持たない者には秋の虫の声もただの雑音である。特に中国は「抗日戦勝利70周年」というプロパガンダを大々的に打っている年だ。そんなときに果たしていちいち「炎上ネタ」を与えるような談話を出す必要があったのかどうか、俺には疑問でもある。

安倍首相の政治理念や国家観には概ね俺も同調するが、だからこそ「急がば回れ」の精神的ゆとりをもって事に当たってほしいと感じる。
posted by 三四郎 at 07:39| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  ソロです。 三四郎さんが仰る様に、ワザワザ「相手のネタにするような談話を出さなくてもよい」とは、私も思っていました。

  昨夕、TVで安倍さんの70年談話を聞きました。 個人的な好悪でいえば、満点とは言い難いが、是までの過去に囚われた「点」の視座に措かれた談話ではなく、未来へとつなげる「線」の視座になって居たという意味で、前進を感じた談話でした。

取り敢えず、90点以上と評価できる内容だったと思います。

 談話自体が、文頭に主語を置かない事で、中韓のみならず世界を意識したものと印象付けた事は、談話の提示先を中韓の主張する「加害者と被害者」と言う過去主体の狭い視座から離して、人類が向かうべき道を意識した未来志向に向けた意見と読者に感じさせた事で秀逸であった。

 中韓両国にとって、現在、彼ら双方が国際舞台で置かれた立場を考えれば、寧ろ、この談話に対して、彼らが示す反応が国際の耳目を惹くことは確実ですが、今後の両国の国際舞台での試金石となる仕掛けがあちこちに感じられて、戦略的ですらあった。

 欲を言えば、中韓の歴史プロパガンダで、負の遺産になって居る、戦前日本の行為の存在の現実の有無やその名誉回復についての調査の必要性と調査の開始宣言をしてほしかったが、一次政権の訪米時の様に「一足飛び」と言う感がドゥしても付きまとって居たから、今回「事の真偽については、政治問題から切り離し、歴史学者に任せたい」と先延べ意向で止めたのが、よかったのか悪かったのか。

 中韓に対する談話のみではなく、「日本と戦った、もしくは日米戦争の巻き添えになった国々への言葉」として、捉えさせる様に、その範囲を拡大したのは、日本がそうであるように、中韓も過去のみならず、将来に責任を持たねばならない事に繋がっている、と中韓、そして中韓以外の国々に、談話を出す意味を気付かせたたのは大きいと思います。
 



Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年08月15日 11:07
ソロさん、こんにちは。

>取り敢えず、90点以上と評価できる内容だったと思います

そうですね。事実、特亜3国を除く諸外国は概ね歓迎、高評価のようです。あれらはもともと何を言っても批判しかしないのですから気にしすぎることもありますまい。

「台湾・韓国・中国」を並べて「隣人」と表現するなど、さりげなく台湾の立場を立てつつ中国を牽制する形になっているのは心憎いところです。

>日本がそうであるように、中韓も過去のみならず、将来に責任を持たねばならない事に繋がっている、と中韓、そして中韓以外の国々に、談話を出す意味を気付かせたたのは大きい

この談話の意義なり狙いはそこなのでしょうね。
Posted by 三四郎 at 2015年08月16日 17:02
 今回の安倍談話は、予想外の成果を挙げたようでs。

 其れは、米国をはじめとした西洋諸国が、安倍談話の未来志向の積極的平和主義を支持した事で、過去への謝罪に拘った、過去の河野談話、村山談話と云った談話の立場を「継承する」つまり談話は上書きであるとした上で、内容を幾度となく繰り返した謝罪を既定の事とし、その本筋を未来に重きを置いた「平和宣言」とした事で、世界の平和維持に期待されるのは、日本だけの努力ではなく、関係諸国、つまり世界の国家の共通の努力に置き換えることに成功した。 結果、それらの負の効果を無効化して終った様です。

 加えて、「子や孫に謝罪を続けると云う負の遺産を引き継がせてはならない」とした事で、以後の村山河野の謝罪談話は、事の真偽に拠らず、最早語られる価値は無くなった。 

 若年層、殊に女性層の逆転支持が20%にも上ったと云うのだから、「災い転じて福となした」観が、大きい。

 最近下がり気味だった支持率がアップに転じたのには、見捨てられた政党・民主党よりも共産党のダメージが大きかろう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年08月18日 14:12
ソロさん、こんにちは。

フィナンシャルタイムズでしたか、安倍談話を受けて「歴史には線を引くべきときがある。今がその時だ」という主旨の記事を書いていたと何かで読みました。

そうだとすれば現在と未来を見据えた思考と行動を促す冷静な視点といえ、中韓のプロパガンダや日本の偏向似非ジャーナリズムとの違いを感じます。

談話にはいろいろ不安はありましたが、まずは良しとすべき結果になったように思います。
Posted by 三四郎 at 2015年08月23日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424192466

この記事へのトラックバック