2015年08月23日

いつ撤退するの?

天津市の倉庫で大規模な爆発があり、その真相はおろか被害程度さえ明確になっていない状況の中、今度は山東省の化学工場で大規模爆発があったという(日経電子版)

>新華社電は23日、中国山東省●(さんずいに鯔のつくり)博市の化学工場で22日夜に発生した大規模爆発で1人が死亡、9人が負傷したと伝えた。有機化合物による有害なガスが発生しているとの情報があるが、市の環境保護当局は現時点で汚染物質の流出は確認されていないとした
>中国では天津市で12日に化学物質を保管していた倉庫が爆発し、120人以上が死亡したばかり。相次ぐ大規模爆発は中国の企業と行政による利益優先、安全軽視の体質をあらためて浮き彫りにした
>地元メディアによると、爆発した工場から約1キロの村では大気中に何らかの物質が漂い、住民は全員避難した。現場から5キロ先でも爆発の揺れを感じたという。工場は塗料などを生産していた
>●博市は天津の大規模爆発を受けて15日に「工場の安全操業徹底」を求める通知を発表。また山東省国土資源庁の幹部が17〜21日に同市を視察し、安全操業の徹底を指導していた


杜撰な安全管理と利益優先の体質が招いた中国企業の構造的な問題といえばそのとおりなのだろう。しかしこれだけ大規模な「爆発事故」が短期間に、それも化学系の貯蔵・生産施設で立て続けに起こるのは奇怪至極と考えるのはおかしいだろうか。

天津の爆発「事故」に対する政府の対応には周辺住民を中心に国民の不満が高まっているという。この処理を誤れば中央政府にも影響が出るのは必至だ。反中共勢力にとっては体制を瓦解させるまたとない機会だろう。

中共もメディアもテロのことはおくびにも出していない。これまでのところ犯行声明さえない以上、そしてまた日常的構造的な安全軽視の風潮がある以上、「事故」として処理されるのだろう。しかし反体制勢力が本当に中共を追い込むとしたら、半端なところで犯行声明など出して自己陶酔するよりも、第三第四の「爆発事故」を水面下で準備し実行すると考えはしないだろうか。

チャイナリスクに備えよという段階ではない。正体不明の事故の連鎖は物理的経済的リスクそのものである。仮にこれが安全軽視ゆえの事故だと片づけても、それはリスクの証明以外のものではない。

ここにきて中国から離れられない、離れようとしない外国企業はまともなリスク管理さえできないということを身をもって示すことになる。日本企業はいつ撤退するの? 今でしょ!(古っ)
posted by 三四郎 at 13:44| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  ソロです。
  全く仰せの通りで、この危険管理状況では、マトモな国防を語ってもお笑の種にしかならない。 第一、消火のプロであるべき消防士が、水を懸ける前に対象物を確認していないと言うレベルなのだから、化学消防と言う視点は、理解していないだろう。すると、先進国並みの消防体制にするには、この先10年はかかるだろう。

 更に、「現場の状況を見て、潜在する危険の存在を予知する知見・経験」を持った現場司令とそれを頂点とした組織に至っては、全く見当さえつかない。すると、攻撃を受けた場合、戦闘継続力維持を図る上での復旧力が確保できない事になる。 是では、如何なる近代兵器を以てしても、最初の一撃だけでおしまいになってしまうだろう。

 況や、設計建設時、敵の侵略時、攻撃目標にされた場合の耐えうる防御力を基に、現地の自然条件で、タンクの配置や配列の禁忌迄、計算されていなければ被害を最小限に止めるよりも、寧ろ、敵が如何に最小限の攻撃で、損壊しつくせるかを考える事になるだろう。

 何事も、上辺だけ=ドンがらダケの重視のシナ文明の為せる業だと言えましょう。 そういえば、北京オリンピックの時も、五星紅旗に因む五族協和と言うプロパガンダが、五族の子供たちのダンスと言うアトラクションがあったが、全て漢族であった事がバレたと言う事件があった。

 彼らの目指すのは、「いざと言う時にちゃんと働く安全確保装置、システム」ではなく、如何に上辺がそれらしく、お金が懸っているように見える体裁である事で、実際の働きとの間に生じる金額の格差こそ、目的だと言えます。

 是で、疑問になるのは「いざと言う時」の連続である戦争が真面にできるのだろうか? だが、勿論答えは否である。 何故なら、戦争で一番危険なものは、期待通り、計算通りに働かない武器である事は火を見るよりも明らかだが、シナや韓国の場合、その確率は、他の先進国に比べ、異常に多く、兵士からの信頼性は最低レベルだと言えましょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年08月23日 19:12
天津爆発に続き、山東省でも爆発が発生。情報が出てこないものの、大真面目にテロの可能性も考えています。事故なのか事件なのか、過失による火災が爆発事故を起こしただけなのかそれとも習近平政権と折り合いの悪い勢力が仕組んだテロなのかは、大きな差異がありそうですし、情報が曖昧な上に、凄い隠蔽体質が潜んでいるのも事実ですし…。爆発が立て続けに起こっているように見えるというのは気になりますね。
Posted by メロンぱんち at 2015年08月26日 11:56
ソロさん、こんにちは。

拝金主義だがどんぶり勘定で仕事ぶりはいい加減、と言うだけなら「困ったやつ」で済ませましょうが、金にものを言わせて横暴な振る舞いはするは、悪意的なプロパガンダはまき散らすはではいいところがありません。こういう国とまともに付き合えると考える経営者の感覚が、私にはどうしても理解できません。目先の利益欲しさに動いているだけなら、所詮は同じ穴の狢ですが。
Posted by 三四郎 at 2015年08月28日 17:39
メロンぱんちさん、こんにちは。

「爆発」は日常の一コマと言える中国社会ですが、これだけ大規模な爆発が化学系の施設で立て続けに起こったということに、何か裏があるのではと勘ぐってしまいます。

あの国は本当にどこまでも信用できません。
Posted by 三四郎 at 2015年08月28日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424658399

この記事へのトラックバック