2015年09月23日

積木くづし

必死に形振り構わず成立を妨害してきた「安保法案の戦い」も敗北に終わり、安倍政権の支持率も下げ渋ったことを民主党は苦々しく思っているのだろう。だいぶ前から燻っていた「解党的出直し」議論がまたぞろ起きだしたようだ(読売電子版)

民主党の中堅・若手議員で浮上した「解党論」が、保守系の党幹部クラスにも広がっている
>長島昭久・元防衛副大臣は14日、記者団に「野党結集のため、身を捨てる覚悟が必要だ」と述べ、解党すべきだとの考えを示した。自身のフェイスブックには「一日も早く解党し、党派を超え、国民の常識ど真ん中に立脚した政策を掲げる健全な野党勢力を結集するしかない。そうでなければ、自公政権に代わる政権の受け皿づくりなど夢のまた夢だ」と書き込んだ
民主党の解党や党名変更の案には、維新の党との合流を軸とした野党再編に勢いをつける狙いがある。3日に当選3回の岸本周平衆院議員らが岡田代表に要望して表面化し、今回、細野政調会長に近い長島氏が発信したことで、党全体に影響する可能性がある


過去、この党には数多の野党が集合離散してきた歴史がある。何党と何党がくっつき、離れ、名前がどう変わったのかほとんど思い出せない。それほどに変節・変質を遂げてきた「鵺」のような集団である。

民主党の解党・党再建論は俺の感覚では「積木くづしゲーム」のようなものだ。作っては壊しを繰り返すが、党の理念たる綱領も持たないから簡単に「再建・再生・転生」してきた。議員一人ひとりをつなぐ「芯」が無い様は、接着剤も釘もない積木の城に見える。

今またその愚を繰り返そうとしている。長島氏の意見には「国民の常識ど真ん中に立脚した政策」とあるが、国政を預かる公党として最も大事な「国家観」が語られていない。土地を定めずに家を建てようというに等しい。よもや「反自民」だけで議員がまとまり国政が担えるなどと、甘い考えを未だに持っているわけではあるまいが。

そもそも「国民の常識」などという曖昧で得体のしれないものにどう立脚しようというのか。それはポピュリズムと何が違うのか。理念なき烏合の衆が集まるだけならまたぞろ「選挙互助会」の域を出ない。旗色が悪くなればまた「解党的出直し」をするのだろう。

野党第一党の幹部が、こういうレベルの低い底の浅い議論しかできないところに日本の政治の哀しさがある。
posted by 三四郎 at 14:14| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主党が他党と組んでやった、安保法制法案阻止が不成功に終わるのは、@衆院ですでに通過している。A背後にいる米国の要請だった成分が強い。事から端から分っていた事なのに、B全く実になる議論をしようとせず、国民に理解させる義務を果たしていないママ、法案を勝手に曲解して、冷静な議論で無く、外国人を集めたデモや国会内の暴力行為で、法案を阻止しようとしていた事から、民主党やその他の政党の背後には、非日本的な勢力が存在し、その要請の強さを感じる。

 今回造反した議員でも、これらを彼が党議拘束下にあるとはいえ、一緒に行ったのなら、その罪は同じである。 解党してやり直すと言うのは甘すぎで、先ずは議員辞職をすべきだろう。 そうでなければ、自身のとった行動の責任を取れない人間として、議員には不適格と見做されても仕方がない。
 
 そうはいっても、こういう手合いは、この先増えてくると思われます、一番目が長嶋さんだったと言うだけの事です。

 長嶋さんを除く、民主党議員は、法案に反対するのに、主犯岡田が言った様に「あらゆる手を使ってもよい」と思っているのでしょうが、日本は法治国家である事も忘れては、その法律を作る側の国会議員である資格はない。 何より、法律に関し厳しい遵法姿勢が問われるからです。 

 就中、国会内での津田弥太郎、小西ひろゆき両議員の、自民党の女性議員に対する暴力行為=後ろから羽交い絞めにして、投げ飛ばした。 更に、鴻池委員長(74歳)に対する暴力行為と言う刑事法を犯している事案は言語道断である。しかも、国民の差圏の一つである立法府で行ったのだから、国民をも愚弄していると言えます。

 これらの非常識な行為に対し、国民の怒りを具現化するには、両名の即日議員辞職と永久公民権停止が相当でしょう。 そして、その事実を知りながら、未だに、謝罪も、従い反省も行えないレベルの常識しか示せない民主党は、謂うまでもなく解党〜消滅が相応しい。 加えて、この事案を放送しておきながら、何ら批判や告発をできないマスコミも同罪です、厳しい措置を下すのが当然と思います。

 処で、傍に居て目の前で承知しながら、両人に対し、制止や注意をなんら行わず居たから、同じ党人として感じるべき責任はみじんも感じない。 揚句、負けたからといって、自身の主張のみで解党を叫んでも、民主党以外の人々の心には届かないだろう。 たとえ、彼が、審議開始直前に同じことをいったとしても、同じ事でしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年09月23日 20:27
ソロさん、おはようございます。

よく民主党には右から左まで多様な主張の人材がいるなどということを言う人がいますが、私は右派政治家や保守主義者であっても「民主党員」である時点でNGだと思っています。

どんな立派なことをいっても、綱領さえ持てないような政党は「サークル」でしかなく、党員は所詮志なき「烏合の衆」の一人にすぎない。

「解党的出直し」云々する前に、さっさと党を割ったらよいのにと思いますね。
Posted by 三四郎 at 2015年09月27日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック