2015年10月11日

学問的論争を仕掛けよ

中国が「南京大虐殺」の資料を世界記憶遺産に登録申請していた件が承認されたらしい(@Niftyニュース/共同)

>国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10日、旧日本軍による南京大虐殺に関する資料を世界記憶遺産に登録したと発表した。中国は従軍慰安婦問題の資料も登録申請していたが、見送られた
中国が「旧日本軍の犯罪」の記録と主張する資料がユネスコによって「世界的に重要」と認定されたことになり、習近平指導部は歴史問題をめぐる対日攻勢を一層強めそうだ
>中国は「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける今年の登録を目指して昨年申請。日本政府は「ユネスコの場を政治的に利用している」と批判し、中国に抗議。申請の取り下げを求めたが、中国は拒否していた


これにつき日本政府は相も変わらず「遺憾砲」という空砲を撃つのみ(@Niftyニュース/時事)

>外務省は10日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が南京事件に関する資料を世界記憶遺産に登録したことについて、「中国の一方的な主張に基づき申請され、文書は完全性や真正性に問題がある。中立・公平であるべき国際機関として問題であり、極めて遺憾」とする報道官談話を発表した
>談話はさらに「ユネスコの重要な事業が政治利用されることがないようしかるべく制度改革を求めていく」と強調した


登録された資料の内容はよくわからないが、この「大虐殺」自体、疑問・疑念が多く、かつて「証拠」とされた記録写真の多くが偽造とされていることも周知の事実である。

そのような瑕疵の多い案件をなぜ登録させてしまったのか、日本政府の「抗議」と反対行動のプロセスは検証されなければならない。「遺憾」では済まされないのだ。

ユネスコに制度改革を求めるのは結構だが、国連機関である以上限界があることは予想される。他力本願ではだめで、同時に日本としてはこの「事件」がいかに欺瞞と悪意に満ちた産物であるかを、学問的科学的に論争を仕掛けるべきではないか。

既に政治的には負けているといってもいいだろう。しかし日本として沈黙を続けることは潔さではなく、「戦わずして負ける」ことでありプロパガンダに屈することである。日本に対する悪しき前例の積み上げとなる。これを阻止することは、凡そ日本の為政者、学識者の義務である。これは「従軍慰安婦」にも通じるものであり、長期戦かつ総力戦と認識すべきだろう。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私見で南京大虐殺に関する論考を述べるなら、結局の処、「創られた歴史事実である=大嘘である」事を証明する以外に無いと思います。 そして、納得させるべきは、世界であって中国ではありません。

 特にこの大嘘が、具体性を持った原因は、極東軍事法廷で、松井石根大将の絞首刑につながった、「南京城内外での20万人以上の南京市民の虐殺行為」の当該責任というセンテンス(判決)を日本側が呑んだ事に起因しているわけです。

 戦後日本が国際復帰できたのは、国連=連合軍にその復帰を容認してもらったからですが、既に「虐殺はあった」と言う態度を連合軍側に示してしまっているのですから、これを否定すれば、歴史修正主義者として誹りを受けざるを得ないでしょう。

 但し、そのセンテンスに現れた数字については、戦後の混乱期であった事を考えれば、連合軍側の「誤認識」であった可能性は否定できません。 事実、被害者側の国府軍の当初発表は、多くとも2万人であった筈です。

 「20万人以上」と言う連合軍側の表現が、正確さを欠くのは、むしろ当然である事を納得させればよいのです。

 すなわち、中国側に死者名簿の提出を要求する事で、訴人としての共産シナ側の証明責任の存在を表出化し、逆に2万人の根拠を正統な訴人たるべき台湾政府から明らかにしてもらい、上海攻防戦〜掃討戦での国府軍の死者との峻別を図るべきでしょう。 

 直前の半年間に行われた上海攻防戦での死者数は、国府軍側50万人以上、日本軍側20万人以上も出ているのですから、如何にしてこの峻別を行えたのかを明らかにして、「民間人20万人以上」の表現が史実に即した表現である事を証明してもらいましょう。

 国府軍と日本陸軍との間で行われた南京攻防戦には、当時関わる事すらできなかった共産匪ですから、こういった数字の証明処か、正確な提示すらできないのは明らかなのに、戦後次第に数を水増しにして騒いでいるのは、この事案が全くの政治的プロパガンダに過ぎない事を示しているといえましょう。 日本政府は、そんな共産シナの狡猾な作為を世界に納得してもらう環境を作ってゆくべきなのです。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年10月25日 10:07
ソロさん、こんばんは。

>そして、納得させるべきは、世界であって中国ではありません

まさに然りです。そもそも中国は「知っててやってる」確信犯ですから何を言っても無駄です。

それより、日本の名誉を守るためというよりも中国の欺瞞性を晒すために、日本は科学的合理的に南京事件を検証し、世界に向けて発信するべきです。台湾政府がどこまで協力してくれるか未知数ですが、彼らとて「抗日戦争の真の勝利者」を日本が認める態度を取れば、事実を語ることには吝かではないと思います。

その努力をすることが、日本の為政者の義務だと思います。
Posted by 三四郎 at 2015年10月25日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427553985

この記事へのトラックバック