2015年10月18日

洗脳準備か

選挙権年齢の引き下げが来年にも施行されようとする中、心配していた教育現場の中立性を揺るがす事態が起きだしているようだ(@niftyニュース/共同)

政権批判の「アベ政治を許さない」との文言が印刷されたクリアファイルが高校の職員室で目撃されたとして、北海道教育委員会は17日までに、配布や使用の実態を調べるアンケートを始めた。対象は札幌市立を除く道内の公立小中高、特別支援学校の教職員という
>道教委は「ファイルの配布は公務員の政治的行為を禁じた人事院規則に違反する疑いがある。机の上のファイルが児童生徒や保護者の目に触れれば、誤解を招く恐れもある」としている
>一方、北海道高等学校教職員組合連合会は約1500人の組合員にファイルを配布したと表明


選挙権が18歳以上に与えられることを前提とすれば、まさに高校生が新たな票田になる。政治家の本音としては何としても囲い込みたいはずだ。

とは言え、ただでさえ感受性が発達し、現実世界に疑問を抱く年頃であれば、学校という日常において接する政権批判はそのまま「正義」となり、各人がこれからの人生で抱く思想の原点ともなるだろう。そこに教育の中立性が求められる理由がある。

そう考えれば、道高教組の政権批判ファイル配布は特定思想の影響下に若い精神を晒すものであり、公務員としても教育者としてもその領分を逸脱したあるまじき行為と言えよう。

洗脳準備とも受け取れるこうした行為を、保護者や一般国民は看過してはなるまい。
posted by 三四郎 at 09:05| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰しております。 実は、持病の糖尿病の合併症での眼疾が悪化し、3年前の左目に続き、右目も手術と言う運びとなって、14入院、15手術して、以後2週間入院加療の予定が、術式、術後共良好な為に、1週間短縮して、22退院となりました。 仕事も来週早々から復帰の予定です。 左目の視力は絶望的に悪いので、一時的に下手をすれば、全盲と言う危機に瀕していました。 

 原因は30代の働き過ぎ、遊び過ぎ、飲み過ぎ、食い過ぎである事は、30代の平均体重が92sであった(現在64s)事で明らかです。 三四郎さんに心当たりはありませんか? あるのなら、脅すようですが、くれぐれも気を付けてください。ww

 さて、18歳の選挙権ですが、私見だけでいえば、確かに、最初は保守側に不利な結果が出てくるかもしれません、然し、それでも当然予想される事ですから、30代、40台が危機感を持てば、投票率は上がるのではないかと思います。

 そういう長期展望で、民主党をはじめとした野党側が提示している、「国の現状と将来を担える政治力の有無」と言う視点で評価すれば、現状の自民党・安倍政権
に比肩できる点が一点でもありましょうか?

 国家の安全保障を担う、国民の行動規範を改善しようとした案を、「戦争ができる国にする法案」と決めつけて、なんら代案を示せなかったレベルを、如何に評価できるのでしょうか。 それよりむしろ、反対した政党は、それぞれに、その政党の本質を曝け出していたと言えると思います。

 共産党は、ズバリ売国、民主党は、反日中韓両国の代弁者、維新は民主党の分子がイニシアティブを取ったので、第二民主党になったダケ、社民、生活の云々は、唯議員でいたいだけダカラ、問題外。

 彼らが反対を表明するにとった行動は、議論ではなく、国会内外での暴力行為による妨害のみ。 是で、マスコミの言う通り、民主党支持を叫ぶなら、日本は自殺への道を大きく踏み出した事になるだけです。

 新18歳世代が、そういう選択をするのなら、仕方ありませんが、責任はいずれ自分達が取るのだという事をお忘れなく。 有権者となる事は、社会の当事者になるのだという事を肝に銘ずべきです。

 今の災害が巨大化している日本で、自衛隊の救護・捜索・復旧・復興、そして。在日米軍と連携した治安維持力がなければ、日本がドゥなるのか? 東北大震災を例に挙げて、考えてみたらよい。 そして、先に挙げた野党群とマスコミは、それすらできなかった事も忘れてはいけません。


 
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年10月24日 09:51
ソロさん、こんばんは。

具合はいかがですか? 大変な状況だったようですね。昔の無理がいろいろな形で出てくる年代ですからご自愛ください。

私は30代以降ほとんど体重が変わらず60kg台前半をキープしています。ただストレスと飲みすぎも変わっていませんので、このごろは消化器系にきてますね。自重(できるところは)します。

>最初は保守側に不利な結果が出てくるかもしれません、然し、それでも当然予想される事ですから、30代、40台が危機感を持てば、投票率は上がるのではないか

そうですね。それに年齢とともに知見を重ねてだんだんと真贋の区別が分かるようになるでしょう。

ただ一時的にせよサヨク思想にかぶれて選挙行動に現れるとすればどうなるかは、たかだか3年間の民主党政権時代とその影響が物語るところですので、こういう教育の場での動きは大人世代がしっかり注視していかねばなりませんね。
Posted by 三四郎 at 2015年10月24日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック