2015年11月07日

精神の牢獄

「第二次大戦の戦勝国」に牛耳られてその思惑に支配され、傘下は意味不明の委員会がやたら多く、ろくな仕事をしない国連だが、この件は支持できる(読売電子版)

国連の自由権規約委員会は5日、韓国に関する審査の報告を公表した
政府を批判した人が名誉毀損に問われ、重い懲役刑を科される例が増えているとして「懸念」を表明し、名誉毀損への懲役刑適用の廃止を勧告した
>同委のザイベルトフォール副委員長は記者会見で、「韓国政府が反対勢力やジャーナリストを起訴、処罰するため、名誉毀損に関する法律を多用している」と指摘。朴槿恵大統領に対する名誉毀損の罪で、加藤達也・産経新聞前ソウル支局長が懲役1年6月を求刑された件について、その一例との見方を示した


韓国は表向き「自由と民主主義の国」を気取っているが、その本質は思想信条や言論の自由が無い国である。

日本や大方の西側諸国では、政権や指導者批判は当然のことだし、特定の国に対しても「親・反・好・嫌」多様な態度があり、意見表明は全く自由だ。

しかし韓国はそうではない。大統領の行動に疑問を投げかけただけで拘束され一方的な取り調べと裁判が待っている。仮にも一応「民主国家」を名乗る以上、あからさまな弾圧はできないから「名誉棄損」という「罪名」を使っているに過ぎない。

しかも産経記者の例でいえば、引用元の朝鮮日報やその記事を書いたコラムニストには何のお咎めもなく、予てより韓国に批判的なスタンスを持ってる「日本の産経新聞」の記者に対して告発するという、極めて恣意的な適用をしている。とても民主的な法治国家とは言えない。

思想信条の自由という点で付け加えれば、日本に対する態度も画一的で、少しでも日本への理解を示せば「親日」の烙印を押され、下手をすれば社会的に葬られる。

朝野ともにこのスタンスである韓国という国は、「精神の牢獄」とも言うべきで、とても日本が価値観を共有できる国ではない。
posted by 三四郎 at 10:59| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 国連機関の日本に対する「由なき批判」は、種々あるが、大方は日本が強い反論や抗議手段を用いない上、そも、批判ネタを日本国内の似非リベラルが提供しているからである。 つまり、「石を投げても、抗議が返ってこない、ゴットアップマッチである」との認識が有るのではなかろうか。 日本の斯うした広報の在り様が、その活動成果を示さねばならない、数多の委員会にとって、日本は、格好の存在になって居る可能性がある。

 そういう日本を「立場が弱い国」と見据えて、反日を煽り立て、国内での不満のはけ口にして来たのが韓国流だったのだが、シナが真似をし始めた上、国内で歴代の大統領が多用したが故に、「只の嘘が、引っ込みのつかない段階になり、反日が戻れない段階に達してしまった」韓国国内では、今更ながら、親日回帰の向きが出て来たようですが、所詮、用日である事は誰有ろう、自分達の口から出た言葉だった。 

 その一方で、この姿を傍観していた世界中の日中韓以外の国々は、韓国やシナの余りの嘘吐きぶりに、最初は、唯呆れていたが、次第にウンザリ観が出て、次第に、エスカレートしてゆく裡に、自国が隠してきた、非道行為、人権弾圧にまで言及されそうになるにつれ、亦、娼婦を輸出されたり、逆に花嫁として買われ、韓国で虐待〜死に至る事件を経験すると、反日とは関係なしに、反韓〜拒観傾向が現れだしている。

 ご紹介の、産経新聞の現地局長の逮捕〜拘留〜裁判に至った事件は、韓国司法が完全に破綻しているザマを示したものとして、世界に発信され、そして認識された権でしょう。

 既に経済的には復活不可能な状況にある韓国を手を差し伸べる国は無いが、その主たる原因が、救いを受ける側の韓国が如何に傲慢にして横暴であるかを散々世界に見せびらかしていたからであろう。

 自業自涜とはこの事である。
Posted by ナポレオンン・ソロ at 2015年11月07日 13:15
ソロさん、おはようございます。

>「只の嘘が、引っ込みのつかない段階になり、反日が戻れない段階に達してしまった」

まさにそれが実情でしょうね。幼子にも反日の絵を描かせるなど徹底した洗脳をしてきましたから、「実はあれは嘘でした」はないでしょう。「少し粉飾しました」さえ口にできないのではないでしょうか。自業自得、自縄自縛です。

>救いを受ける側の韓国が如何に傲慢にして横暴であるか

そうですよね。あの国は自分の立場、分際を全然理解していないようです。何か自分は特別と相当なカン違いを国家レベルでしていますよね。これについてはさんざ甘やかしてきた日本にも責任があると思いますが。
Posted by 三四郎 at 2015年11月08日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429220743

この記事へのトラックバック