2015年11月08日

歴史的な茶番

初の「歴史的な」中台首脳会談が実現したと、習・馬の当事者たちと大手マスコミが囃している(AFP時事)

>シンガポールで歴史的な首脳会談を行っている中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、台湾の馬英九(Ma Ying-jeou)総統に対し、中国と台湾は「一つの家族」で、引き離されることはないと述べた
>習国家主席は、「どんな力もわれわれを引き離すことはできない」と馬総統に語り掛けた。「われわれは一つの家族だ
>国家としての互いの正当性を今なお正式に承認していない中台の両首脳による今回の会談では、何らかの合意、もしくは共同声明が出されることはないとみられており、会談の意義は現時点では未知数だ
>だが、歴史的な対話であることは間違いない。前回、双方のトップが対話を行ったのは1945年。中国共産党の党首、毛沢東(Mao Zedong)と、中華民国の中国国民党の指導者、蒋介石(Chiang Kai-shek)が和平交渉に臨んだが、このとき締結された協定は失敗に終わっている


「引き離されることはない」「我々は家族」って、そりゃ親中派の馬は中共にとり「愛いやつ」だろう。「家族」と呼びたくなるはずだ。しかし当の台湾国民は違う反応のようだ(楽天/時事電子版)。

>台湾の最大野党・民進党の蔡英文主席は7日、シンガポールで開かれた中台首脳会談について「『対等』『尊厳』共になく、大多数の台湾人は失望した」と批判した
中台首脳会談は、来年1月の総統選挙で政権奪還の可能性が高い独立志向の民進党をけん制する狙いがあるとみられている。蔡氏は「民主的手続きを欠き、民意の支持がない政治的な枠組みを台湾人は絶対に受け入れない」と強調した


昨日見たTVの報道番組で金美齢氏も語っていたことだが、もともと今回の会談は、総統選挙で旗色が悪い国民党を援護するため設定された側面があり、加えて政権基盤を強固にしたい習と、引退の花道に「歴史的偉業」を残したい馬の狙いが一致したというところらしい。

そもそも馬自身、これまで親中派として大陸の実業家や中共の政治家たちと多く接触してきた「実績」があり、今更そのトップ同士があったとしても目新しさは何もない。実にパフォーマンス本意の茶番劇といったところだろう。

台湾の今後は総統選挙の結果次第でかなり変容するだろうが、今の時代に中台戦争は誰にとっても得はない。新たな紛争があ発生する可能性は低いと見ているが、馬政権時代に経済的な対中傾斜を進めているので、「第二の韓国」と化して政治的な接近が強化される懸念はある。

日本として有力な親日国である台湾をいかにして繋ぎとめるべきか、国民としても関心を持たざるを得ない。
posted by 三四郎 at 09:24| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この二人の共通点は、「共に、自身の失策から米国の信頼を失い、切り捨てられたレイムダックである」と言う事であろう。

 馬のPRC(共産シナ)よりの施策に、反発した学生集団の国会占領籠城事件以来、国民党の威信は急速に低下、馬総統の人気は地に堕ちた。 

 習は今年になってついていない、全く打つ手が裏目裏目に出て、特に7月は最悪だった。上海株が暴落、事実上の売買禁止を打開策のつもりで打ったが、ジョージ・ソロスが持ち株の700万株を全て売り払って撤退を表明すると、以後の経済施策も効果なかった。 加えて、天津大爆発は、8度目の習主席暗殺未遂事件だったことが発覚した。 是で、英米資本から習の統治能力に最大級の疑問符が付いたと思います。 そこで、「軍は未だ掌中にあり」とのメッセージを発信するつもりで、軍事パレードを仰々しくやったが、これも、主要国の欠席に引換、反米国家ばかりの出席で、反米反日のイベントにしかならなかった。

 馬氏の本貫地は、元々、蒋介石や宋美鈴と同じ温州であるが、此処は元々、先進的で、勤勉なところではあるが、何故か強度の反日傾向が伝統的にある。 馬は、米国生まれの米国育ちではあるが、就任前からPRC寄りだし、反日である、 彼の南京事件にも、日本の戦争犯罪は明らかと、70年も前の当事者であった蒋介石も、しなかった証言をしているが、勿論、従来の定説を覆す様な新たな証拠は何一つない。

 この二人が、如何に猿芝居を打っても、既に周囲からは、観放されている事は、世界の周知事実になりつつあるのである。 この先、逆転する可能性も、まずあるまい。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年11月08日 18:25
ソロさん、おはようございます。

臆面もなくよくやるなぁ、という印象を受けましたね。中国って「孔子平和賞」とか、外から見るとどう見たって茶番、猿芝居にしか見えないことを堂々とやりますよね。

このあたり、四千年の権謀術数と数々の兵学を生んできた国の末裔とも思えません。それとも単に今の政治家が無能なだけなのかもしれませんが。
Posted by 三四郎 at 2015年11月15日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429266825

この記事へのトラックバック