2015年12月20日

野合の衆

左派系市民団体が、来年夏の参院選で「野党候補を支持」するためだけの新しい団体を立ち上げたという(読売電子版)

安全保障関連法反対を掲げる学生らで構成される「SEALDs(シールズ)」などの市民団体のメンバーは20日、来夏の参院選で野党候補を支援するための新団体「市民連合」を設立した
>安保関連法廃止の実現に向け、各野党に参院選で統一候補の擁立を要請し、選挙戦では統一候補を推薦する。衆院北海道5区補欠選挙でも野党候補を応援する
民主党の岡田代表は訪問先の山形県白鷹町で「非常に考え方が近いし、連携してやっていきたい」と記者団に語り、新団体の設立を歓迎した


考え方がバラバラで、そもそも確固とした政治的信念のない連中が「安倍憎し」の一点において「大同団結」しようというのか。その追いつめられっぷりが哀れで愚かしい。

こいつら、「安保反対」以外に何を訴えるつもりなのか。政策的な摺り合わせもできず一時的な野合に走っても、その果ては混迷と内ゲバと国政の壊乱でしかない。たった3年前に崩壊した民主党政権と取り巻き野党の体たらくから何も学んでいないと見た。

俺はこれまで何度か書いてきたが、安倍政権の全てを肯定するつもりはない。とりわけ消費税の再増税には断固反対で、公明党の意を汲んだ軽減税率導入など愚の骨頂と思っている。

それでも現状、日本国のかじ取りを任せられる政権といえばこれしかないと思う。安全保障、経済、地域振興のどれ一つとして、野党はまともな案を示せないでいる。政策論議ができない政党等、存在する意味がない。そんな輩を糾合しても、できるのは烏合の衆(=野合の衆)でしかない。

己らが市井の一般人からどう見られているのか、一度立ち止まって自省すべきだろう。
posted by 三四郎 at 21:30| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソロです。
>>民主党の岡田代表「非常に考え方が近いし、連携してやっていきたい」と記者団に語り、新団体の設立を歓迎した
 確か岡田代表は、官僚上がりで自民党に属していたのではなかったか? 嘗て自民党内部でも、いわば、幹部候補生として期待され扱われてきた筈、それが、SEAL’sなんて、無知蒙昧のテロリストにして亡国集団そのものとしか評価できない集団と、「考えが非常に近い、連携してやって行きたい」って・・、テロリスト集団と同じレベルに堕ちたってことですか?  マァ、自身のコメントにも、安保法制改正法案は「日本を戦争できる国にする法案」とか、国家主権を持つ独立国なら当たり前の事を然も異常な事の様に喚き立てる一方で、国民周知の為の議論を一切拒否してきたわけで、成程、テロリストと全く同水準の認識しか持っていないのは理解できる。

 元々素質がそのレベルなのか、民主党政権下でも重用されなかった事で劣化が昂進したのか、は知りませんが、「テロリスト集団と同レベル」の認識を恥ずかしげもなく公的に認めるのが野党第一党の代表の発言だと思うと、呆れるより背筋に冷たいモノが走る。

 この国会議員の使命すら理解していない人物に、第二党であった自党を空中分解してまでついて行こうと云うコレマタ大ばか者までいるのだから、日本の政治界は既に惨状を呈していると云って良いだろう。自国の国防の現状を認識することなく、70年も前に決められた、占領軍保護の為の国内法を一字一句改正することなく後生大事に守ってゆく事しか能が無いのでは、少なくとも野党勢力には、国民の選良たるべき国会議員は何処にもいない、と看て良いと思う。

 この先の国政選挙の度に、こういった「国民の選良」足り得ない人物の追放を行わねば、世界から日本の国民の民度の多寡を疑われると思うのですがね。
Posted by ナポレオンン・ソロ at 2015年12月21日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック