2015年12月26日

「前進」しなくてもいい

このところ韓国司法が妙な判断を続けていると思っていたら、案の定、「従軍慰安婦問題」で裏工作が進展していたようだ。安倍政権はこの問題の年内決着を目指して岸田外相を韓国に派遣し、米国の声明発表を含めた「封じ込め」戦術を考えているらしい(読売電子版)

>日韓両政府は25日、岸田外相と尹炳世外相が慰安婦問題の妥結を目指し、韓国で28日に会談を行うと発表した
>岸田氏は会談で、慰安婦問題の最終的な決着を確約するよう求める。米政府が日韓の妥結を評価する声明を出すなどして、国際的に決着したことを確認する案が出ている
米政府の声明発表を検討しているのは、慰安婦問題について、韓国が蒸し返すことを避けるのが狙い
長く懸案となってきた慰安婦問題が決着すれば、日韓関係は大きく前進することになる。岸田氏は25日、「非常に難しい問題だが、何ができるか、自分としてもぎりぎりの調整を行いたい」と記者団に述べた


まず強調したいのは、日韓間で結ばれた条約や協定で基本的に解決しているこの問題で日本が改めて譲歩ないし妥協する理由は一切ないということだ。ここで新たな「妥協」をするなら何のための条約か分からなくなる。二国間条約という何よりも優先される国際法理を枉げる理由や必要性が俺には理解できない。

さらに言えば、今「日韓関係が大きく前進する」必要などどこにもない。少なくとも日本にとっては原理原則を枉げてまで前進させねばならない理由はない。あるとすれば経済的苦境に追い込まれつつある韓国側とその利権につながる売国議員やマスゴミに「用日」「利権確保」としての必要性があるばかりだろう。

また米国の立ち合いを求めるという発想がある以上、米国側の圧力も働いていた可能性は高い。聞き分けのいい日本が折れろ、ということか。

そもそも米国とて朝鮮戦争で「慰安婦」を活用してきた同類である。その脛の傷に触れられたくないのは分かるが、いつまでも「最後は日本が負けろ」的な考え方を押し付けられないためにも、安倍政権はこの愚かな交渉を即刻辞めてもらいたい。
posted by 三四郎 at 15:05| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ソロです。
>>日韓間で結ばれた条約や協定で基本的に解決しているこの問題で日本が改めて譲歩ないし妥協する理由は一切ない
まさにその通り、韓国は是まで「過去は全て水に流す」と、国家元首が幾度も明言しながら、此処まで来たと言う嘘吐きが服を着て歩いている状態だ。 そんなウソの為に、昔決めた条約や協定をひっくり返すのは、誠に愚かな話で、国家の利益を護れないでは、外交ですらない。

>>今「日韓関係が大きく前進する」必要などどこにもない
 韓国の今日の窮状は、韓国自身の驕り高ぶりの結果であって、日本が聊かの譲歩をする謂われはない。 日韓関係をよくして日本が何か得する事でもあるのなら話は聞いてもいいだろうが、只管、高い目線からあれこれ注文を付けてくるのでは、こんな会談開催自体が、安倍政権にとって、大きなマイナス要因になるだろう。

>>米国の立ち合いを求めるという発想がある以上、米国側の圧力も働いていた可能性は高い
  そういう事を全て承知した上で、開催を推進しているのだから、背景で米国の擁韓派が動いている可能性は高い。 然し、米国には、擁韓派もいれば、嫌韓派だっている。 此度の会談の結果が、聊かでも韓国の不当な要求に屈する様な事になれば、擁韓派は喜ぶだろうが、嫌韓派は日本に大きな失望の念を抱くであろう。

>>安倍政権はこの愚かな交渉を即刻辞めてもらいたい。
 危うい会談であると言う他はなく、端からすべきではない。 と私も思っています。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年12月27日 10:04
ソロさん、おはようございます。

韓国司法が妙な動きをしていると思ったらこれですからね。全く油断も隙もない。

>此度の会談の結果が、聊かでも韓国の不当な要求に屈する様な事になれば、擁韓派は喜ぶだろうが、嫌韓派は日本に大きな失望の念を抱く

さても安倍政権は危ない橋を渡りだした感じがします。
Posted by 三四郎 at 2015年12月27日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック