2015年12月28日

盗人に追い銭

日韓外相会談で「従軍慰安婦問題」について「合意」がなされた模様だ(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍による従軍慰安婦問題について「当時の軍の関与のもとに多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、日本政府は責任を痛感している」と述べた
>「安倍晋三首相は日本国の首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され心身にわたり癒やしがたい傷を負われた全ての方々に心からおわびと反省の気持ちを表明する」と語った

また金銭的「賠償」については10億円規模の基金を設立するとしている(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍の元従軍慰安婦を支援する10億円程度の新基金を設けると表明した。「日本政府の予算で全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる」と強調。「韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で資金を一括で拠出し、両政府が協力し全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行う」と述べた
>岸田外相は「日本政府は韓国政府とともに今後国連など国際社会で互いに非難、批判することを控える」と指摘。「日韓関係が新時代に入ることを確信している」と語った


そしてこれらの合意を踏まえて、韓国はこの問題を蒸し返さないことも公表された(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍の従軍慰安婦問題について韓国政府との間で「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と表明した

「蒸し返す、返さない」の問題ではない。二国間協定で完全に解決したとの日本側の主張は完全に反故にされたのだ。実に愚かしく悪しき前例を作ってしまった。今後韓国はいわゆる「徴用工問題」でも同様の集り行為に及ぶ可能性が高まった。

そればかりか、日本に対しては条約や協定を都合よく解釈した「後出しじゃんけん」が通用するという印象を国際社会に植え付けてしまったことになる。まさに悔いを千載に残す愚行というべきだ。

それよりなにより、当事合法であった売春業者を利用したことについて、日本が公式に謝罪し実質的に責任を認める意味が分からず筋も通らない。それは第三国からすれば「犯罪」を認めたことに等しく、在外邦人、日系人にとっても「犯罪者の子孫」というレッテル貼によるいじめが継続することになりかねない。

安倍首相と岸田外相に問いたい。10億円もの国費即ち日本国民の血税を、事前に明確な説明もなくこのような出鱈目な根拠に基づく要求に屈して支出する理由は何か。韓国の「慰安婦」に謝罪と補償をするなら日本人慰安婦はどうするのか。日本の首相、外相としての説明責任を求める。
posted by 三四郎 at 16:42| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文書は作成しないという情報を踏まえ、改めて岸田外相の言葉を読み返してみると、日本側は何の確約も取れぬまま、韓国側に譲歩したように見えてしまいますね。外相の『今後、国連など国際社会で互いに非難、批判することを控える』の控える≠ニいう文言は実際には何の効力も持っていないように読めますし、『最終的、不可逆的に解決することを確認する』に到っては「解決することを確認する」だけだという解釈もできてしまいそうですし…。

岸田外相は産業遺産の際にも最後の最後に泥を飲まされましたが、その再現にも見えてしまいますね。
Posted by メロンぱんち at 2015年12月29日 00:01
>>当事合法であった売春業者を利用したことについて、日本が公式に謝罪し実質的に責任を認める意味が分からず筋も通らない。
仰る通りですが、この認識は、米国のモノである事に注視すべきです。 彼らは自らの歴史を全く顧みる事無く、公認/私設売春=人権侵害と言う「観念の軛」の虜なのです。 日本として筋を通せば、米国保守層の中に在るクリスチャニズム至高主義意識が、日本を野蛮国のままにするでしょう、彼らには、日本と韓国の区別などどうでもいい事です。

 唯、日本がこうした救済措置を日本側の一方的な措置として与えた事で、(韓国が拘わらなかった事で)韓国は依然として、国民に対する責任を取らない国のままである事に、女性の人権に何の関心を持たないレベルの国である事を自ら証明した事にもなります。

 GJとはとても言えませんが、ソレなりに意味があった、とは、思っております。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年12月29日 00:28
メロンぱんちさん、こんばんは。

肝心のところは文書化できず、言葉尻も曖昧微妙な表現で、韓国側は日本に「誠実な履行」を求めています。外交的駆け引き以前に、どこまで日本は韓国に甘いのだろうと慨嘆するばかりです。これでは日本国民の対韓感情は好転するばかりか、「またしても『言ったもん勝ち』を許した」という鬱屈した思いだけが強まりそうです。

安倍政権はそのところ、どう考えているのかと疑問に思うばかりです。
Posted by 三四郎 at 2015年12月29日 00:39
ソロさん、こんばんは。

>韓国は依然として、国民に対する責任を取らない国のままである事に、女性の人権に何の関心を持たないレベルの国である事を自ら証明した

確かにそういう側面はありますが、国際社会がそこに強い関心を持つともあまり思えません。それよりはこうした「無理が通れば道理引っ込む」が今後韓国ばかりか他の国々の対日外交に使われるような危惧を覚えています。既に台湾国民党政権は日本に対して「韓国と同等」の処置を求めてきていると聞きます。

正直私は安倍政権の今後の外交の舵取りに懸念を覚えずにはいられません。
Posted by 三四郎 at 2015年12月29日 00:45
日韓外相会談の話ですが、三四郎さんがネガティブに反応されているのは良く分ります。 私も、こんな、「端から日本側にとって何の実りも無い会談などするべきではない」それ処か、下手な譲歩でもすれば、「相手の根拠のない宣伝に屈した事になり、本来韓国政府が為すべき自国国民に対する撫養行為を代替わりしてやる話になって終います。」という懸念が現実のものになったとしか見えません。

  然し、この「取引」の裏側には、当然両国の黒幕である米国の意思が働いています。 

 何より優先されるべきは、日本の名誉や利益ではなく、亦、韓国の救済でもない。 米国の極東戦略の現状維持であると言えます。

 現状では、米国はロシアと共産シナと対峙している一方で、欧州問題を抱えています。 こんな状況で、極東を放り出す事は出来ない相談でしょう。 

 然し、では韓国が僅かでも頼りになるのかと言えば、既に、装備、戦時耐性、なにより士気の面で、その信を置くレベルに無い。 すると、日本に多くを委ねる事になるが、此タイミングで韓国を突っ放せば、経済、軍事の面で破綻している上、内政、外交まで破綻するワケで、最早朴政権は保つまい。 共産シナ側に急傾斜すると言う見方が、一番現実的な見方だろう。

  結局、その急傾斜の負担は、日米で支えねばならないが、日本の現状からいって、米国の負担がより大きい事は明らかである。

  そこで、制御可能な日本国内より、韓国国内の鎮静化を図る事を優先したのだと思います。

 但し、この合意(15年合意)が、慰安婦問題解決を意味し合意内容は不可逆である、つまり、同じネタを再使用しないと言う事を形だけでも取り結んだのは、背景に米国の立ち合いがあったからこその事でしょう。 これに韓国が違背すれば、米国は、米韓同盟廃棄に始まる「韓国処分」に聊かの容赦も容れない措置を講じるでしょう。この米国の処分を批判、韓国側に立って対抗しうる勢力は今の世界にはいません。

 日本と韓国だけの問題で考えれば、むろん、腹も立つ話ですが、米国が是まで通り、隠蔽して置きたい事案を陰に持っている事を考えれば、その成り行きには神経を尖らせていた筈です。 ゆえに、こういった見方が、より客観的なのではないかと思った次第です。

 とはいえ、日本国内に、この現実に導こうと媚韓行為を行った自民党議員や公明党議員、そして民主党議員が居た筈、国民としては、今回の評価を忘れず、彼らの言動に注視して、最早「日本は韓国を必要としない」事を、彼ら自身とその選挙民に周知せしめるべきでしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2015年12月29日 12:59
ソロさん、こんにちは。

米国の強い後押しがあったとは思っていましたが、確かに文書化していないとはいえ公式の場で「不可逆的解決」と韓国外相も公言した以上、これを覆すことは米国のメンツを汚し弓を引くことになります。

しかし韓国の「慰安婦ネタ」は連中にとって生きる糧みたいなものです。既に韓国内は「慰安婦」に集る連中が揃って「認めない」宣言をしています。政府として公式には対日批判を抑えていくでしょうが「民間のやること」は制御できず結局放置でしょう。

そして外交的に悲惨なまでに無能なオバマ政権はこれを窘めコントロールすることはできず、結局日本に我慢させるだけになると予想しています。

その意味で、米国が余計なことをしたと考える日韓国民は少なくないと思いますし、そうである以上、日韓ともに対米感情はマイナスにぶれてもプラスになることはないでしょう。

詰まる所、日米韓の誰も得るところの無かった最低の茶番劇になる、と私は踏んでいます。

>米国が是まで通り、隠蔽して置きたい事案を陰に持っている事を考えれば、その成り行きには神経を尖らせていた筈

そこは同感です。その意味で安倍首相はリアリストの一面を見せたといえますが、まず今後2〜3か月から来年前半のうちには今回の合意が吉と出るか凶となるか、大方明らかになると思います。
Posted by 三四郎 at 2015年12月29日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日韓 「慰安婦問題」 解決?!
Excerpt: 【「慰安婦」日韓合意】「最終的で不可逆的に解決」確認 元慰安婦支援で韓国新財団に10億円 昨日28日訪韓した岸田外相と韓国のユン外相が「慰安婦問題」について共同記者会見して合意内容を公表しました。 ..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2015-12-29 08:08

玉虫色
Excerpt: 【「慰安婦」日韓合意】「最終的で不可逆的に解決」確認 元慰安婦支援で韓国新財団に10億円 合意しても文章にできなかったのなら近い将来韓国側の政権がかわったらまたぞろ課題として登場してくるでしょうね。残..
Weblog: 落ちこぼれのつぶやき
Tracked: 2015-12-30 09:50

日韓外相、慰安婦問題を解決 最終的かつ不可逆的?合意文書なし
Excerpt: 日韓による「従軍慰安婦問題」での合意を、海外メディアも速報で
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2015-12-30 13:26

慰安婦問題をめぐり日韓で一応は合意
Excerpt: ボールは韓国側かな!?
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2015-12-31 03:53