2016年01月22日

官製攻撃

台湾の次期総統になる蔡英文氏のフェイスブックに、中国大陸からの批判、牽制的な書き込みが殺到している、と中国メディアが報道しているらしい(楽天NEWS/読売)

>16日の台湾総統選で当選した 蔡英文 ・民進党主席のフェイスブック(FB)に、中国大陸からとみられる書き込みが殺到し、台湾の政治報道に慎重な中国メディアが「蔡氏FB炎上」などと報じる事態になっている
>22日現在、当選した蔡氏の立法院(国会に相当)改革などに関するコメントに、最大約4万5000件の書き込みが寄せられている。台湾とは異なる中国大陸で使う漢字(簡体字)で、「我々は同じ中華民族に属する中国人だ」「台湾は古来、中国の分割できない一部だ」など、独立志向の強い民進党と蔡氏をけん制する内容が目立つ当局が厳しくネットを管理する中国では、フェイスブック利用は制限されており、利用者は規制をかいくぐって投稿していることになる


「利用者は規制をかいくぐって投稿」だって? 笑わせてくれる記事だ。読売は本気でそう思っているのか? 
厳重な管理下に置かれFB利用が制限されている中国社会と、記事中にもあるではないか。あの国の体質からしてどう考えてもこれは中共がバックにいる「ヤラセ投稿」だろう。

よほど中共は蔡氏を、いや民進党支持の世論に恐怖しているようだ。就任前から圧力をかけ、国論を分断しようという肚か。今後もこの種のネガキャン、嫌がらせは陰に陽に増えていくだろう。
posted by 三四郎 at 20:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432876294

この記事へのトラックバック