2016年02月11日

一般論への揚げ足取り

相変わらず民主党は程度が低い。高市総務相が放送法違反を改めようとしない放送局に対して電波停止命令の可能性を述べたことに対し、「メディアの委縮につながる」と批判し追及を続けているという(読売電子版)

>高市総務相の放送法を巡る発言が物議を醸している
放送局が政治的な公平性を求めた放送法の違反を繰り返した場合、電波停止を命じることもあり得るとの認識を示したもので、民主党など野党は「メディアの萎縮につながる」と反発している。ただ、過去にも同様の答弁が行われており、放送番組を巡って電波停止命令が適用された例はない
>「言論弾圧しようとしているのではないかというイメージを印象づけようとしているが、全くの間違い。放送業について従来通りの一般論を答えたものだ
>安倍首相は10日の衆院予算委員会で、高市氏の発言をこう擁護した
民主党は連日、衆院予算委員会でこの発言を取り上げ、追及を続けているが、発端は8日の答弁だ。高市氏は「放送事業者が自律的に放送法を守ることが基本だ」と述べたうえで、「放送事業者が極端なことをして、行政指導しても全く改善しない場合、何の対応もしないとは約束できない。違反した場合の罰則規定も用意されていることで実効性を担保すると考えている」と答弁した。「私の時にするとは思わないが、その時の大臣が判断すると思う」とも強調した
放送法4条は放送事業者に対し、放送番組の編集に当たり、政治的に公平であることなどを求めている。放送法に違反した場合、業務停止命令や、電波法76条による電波停止命令ができる。菅内閣時の平岡秀夫総務副大臣は2010年の参院総務委で、福田内閣時の増田寛也総務相も07年の衆院総務委で、停止命令適用の可能性に触れている


高市大臣の発言のどこが問題なのか、俺にはさっぱり分からない。行政として報道に政治的公平性を求めることも、法令違反に対しては法に乗っ取り処分を下すことも、いずれもまったく正当なことだ。これを「言論弾圧」というなら、マスコミの恣意報道や虚偽報道を誰がどう歯止めをかけるのか。

30年以上にもわたり虚偽報道を垂れ流して国益を毀損し続けた朝日新聞が、それでも潰れもせず謝罪もせずに存在し続けていられるほど緩い国が日本だ。この程度の緊張感さえ持てないようでは言いたい放題やりたい放題で国民がミスリードされるばかりだ。

それにしても民主党はここでもしっかりブーメランを投げていたようだ。そんな時間があったらまともな政策立案でもできないものか。
posted by 三四郎 at 20:12| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>放送局が政治的な公平性を求めた放送法の違反を繰り返した場合、電波停止を命じることもあり得るとの認識を示した事に関し、「メディアの委縮につながる」と発言。
 何を馬鹿な事を云っているのでしょうね。 放送局が変更や不作為で、ちゃんと機能していないのは、国民が広く認識し始めている事です。ダカラこそ、高市大臣は、「本来メディアが有るべき公平な姿ではない事を指摘している」ダケの事。

 民主党はその擁護を受けているのが丸わかりの立場にありながら、国民の利益に対して、何ら有効な政策や提案をしていないから、自民党が失態を繰り返しても、マスコミが大袈裟にそれを取り上げても、支持率が上昇するどころか下がってしまうのである。 

 一時は、マスコミによる数字のメイキングが有ったが、「数字が現実と乖離している」と云う感覚が一般的になり始め、自身の信用度が地に落ち始めたが故に、慌ててメイキングをやめたら、此の始末である。 是で。夏の参議院選挙を勝ち抜く等、在り得ないと云う他は無い。 我々国民は又もや、「自民党しか選択肢を与えられていない状況」になって居る事を、うすうす感じ始めている。

 原因の最大のものとしては、現状国会で、民主党議員は、まるで自ら恥をかく為に質問をしているような有様である事が挙げられるダロウ。 政敵であろうとも、目上の人に対する言葉使いも知らず、批判の裏に必ずある挙証責任や物的証拠の提示義務を無視している様、そして、取り上げた問題が、日本の政治といかなる関係があるのか、問題の喫緊性、重要性、蓋然性の要素を鑑みて、数多の問題点を比較して、冷静な選択、問題が齎す影響への考慮が事前に成されているのか、大いに疑問を感じる。

 もし↑の岡田代表の指摘通り、高市総務相の発言が、報道や言論の自由を脅かす弾圧行為だ、と云うのなら、「公平な報道をしなさい」と云う趣旨の放送法自体が、弾圧のツールである事になりはしないか? 是を言い出したのが、東京大学法科出身の岡田民主党代表であると云う事に、何より驚き、そして呆れ果てる。 

この人にとって、大学で得た知識は、単なる詐欺的行為を含む、自己主張の道具でしかないのか?と疑ってしまう。 こういう学問を以て、人を欺く手段として用いるものは、「学問にて人を殺す」人だと云えよう。 つまり、知識や常識の量は足りているが、其れを運用する人間の徳性が全く備わって居ない、と云うのが咋であると云う事である。

 もし私が彼の選挙民なら、絶対に信任票は投じない
Posted by ナポレオンン・ソロ at 2016年02月13日 16:15
ソロさん、こんばんは。

今に始まったことではありませんが、民主党の存在意義はもはや「反自民・反安倍・反日」だけになってしまったような感じです。

そのためなら支離滅裂な議論もブーメラン効果も意に介さないようです。これで政権が再びとれると思っているなら正常ではありません。

まともな野党がいないのは悲しむべきことです。
Posted by 三四郎 at 2016年02月13日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック