2016年02月20日

体内の石ころ

昔は水と油ほどに違うと譬えられながら、「選挙協力」の名のもとに自民党と野合に等しい連立を組んで久しい公明党だが、自民党の議員からの本質を突いた発言を受けて勝手に不快がっているようだ(@niftyニュース/TBS)

公明党の井上幹事長は、自民党の鴻池元防災担当大臣が公明党について「国家観や歴史観が全く違う政党」と指摘したことについて、強い不快感を示しました
>鴻池氏は18日、公明党との選挙協力をめぐり、個人的意見と断ったうえで「国家観や歴史観が自民党と全く違う政党だ」と指摘しました。これに対して公明党の井上幹事長は19日、強い不快感を示しました
>「国家観、基本的に日本は自由で民主主義という価値観を共有している政党だと思っているし、大変遺憾に思っている」(公明党 井上義久幹事長)
>また、井上氏は、「連立政権で政権を共有している。その中で選挙協力も当然考えていくべき」と釘を刺しました


俺らの世代からすれば鴻池氏の指摘はどこも間違っていないと感じる。特に親中・新韓であること、護憲主義であること、戦争の「加害と被害」の考え方、「福祉」重視の「大きな政府」志向などを見るに、内政・外交に端的に表れる国家観・歴史観は公明党はむしろ民主党に近い。

しかも鴻池氏は「個人的意見」と予め断っている。にもかかわらず即時「不快感」を示すあたり、安倍自民党政権への寄生を失いたくないという意思が見え見えで、一抹の哀れささえ感じる。

公明党は自民党にとって、長い時間をかけて体内に蓄積した不純物が凝固してできた石ころのようなものだ。手遅れにならぬうちに外科手術で取り除いたほうがよかろう。公明党を失えば学会票は無くなるだろうが、逆にこれまで支持を見送ってきた「反公明党」の保守・中道層が回帰するはずだ。

自民党ならではの政策を訴求し、同系統の野党を育てこれと連立する戦略をそろそろ推進すべきではないか。
posted by 三四郎 at 13:55| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 飽く迄私論ですが、公明党自体、池田大作名誉会長の私物組織と言う印象は、否めないと思っております。

 その池田会長が、公式な場に姿を現さなくなって、既に3年以上は、経っているのだから、彼の年齢がすでに80歳をとうに超えている事を考えれば、組織的な意味での身辺に、或は、健康上に、何か重大な事が起こっていると考えるのが、普通の感性だと思う。

 もし、姿を現さないのが、池田名誉会長の身に何かあっての事であれば、完全独裁主義に支配されている公明党の内部が、混乱していない筈も無いが、その辺り、シャットアウトしているのは、見事と言う他はないが、もし、池田会長の独裁的支配の桎梏が緩んでいるのであれば、公明党は、生まれ変わる好機に恵まれていると言えるのではないか。

 自民党が、韓国に気を遣って居る部分が有るのは、当然ながら、公明党に対する気遣いとイコールであると考えるのは、池田会長の出自やその生い立ちへの風聞からいえば、当然であろう。彼自身が過去に、日本人とはとても思えない発言を韓国SGIの開所式で公言しているのだから、SGが否定しても、信憑性は低いと思う。

 然し、創価学会マイナス池田大作名誉会長なら、今後のSGには、極端な変化を表わす惧れがある。 

 つまり、韓国の終焉に対する支援要請を、与党側から起こすと言う惧れであろう。 既に、スワップ再開要請などは、寧ろ公明党から出たものではないかと類推している。 

 親韓派が言いそうな「韓国を追い込むべきではない」と言う一見マトモそうに聞こえる主張だが、ソレは、現状認識を大きく誤って居ると言う他は無い。 韓国は、既に大きな錯誤を2つ犯しているからだ。

 一つは、リッパート駐韓大使への致傷事件の処理であり、モゥ一つは、共産シナへの過度の擦り寄りであるが、そのどちらもが、韓国が独自に国家の責任において、或は政治的判断によってとった行動が、米国に大きな不信感を与えた事象であって、日本とは全く関係が無い。韓国は、米国に拠って独立を果たした国家であるが、その恩人に、後足で砂をかける様な真似をしたから、現在があると認識するべきなのである。

 公明党の実績が、親韓、反日でなければ、自民党は、中道政治を標榜している公明党を、それほど異物扱いはしないだろう、公明党も親韓、反日を表立てていないから、鴻池のおっさんのその根本姿勢を衝いた指摘に、色を成して「不快感」を表明したのだろう。

 この先、如何なる方針を採るのか? そしてそれを一体誰が決めるのか? こそが、公明党に問われていると考えるべきだろう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年02月20日 18:37
ソロさん、おはようございます。

確かに公明党は池田大作党でしょうから、大作氏の存在がなくなれば分裂する可能性はありますね。少なくとも体質はかなり変わるかもしれません。

しかし大作チルドレンは強かに生き残るでしょうから私はあまり期待していません。

それよりも自民党内の親中韓派をどうにかしてほしいもおだと思います。まあ、ガス抜きの意味で非主流派に留め置くのも一つの考え方ではありますが。
Posted by 三四郎 at 2016年02月21日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434048606

この記事へのトラックバック