2016年03月12日

国連に感じる悪意

「従軍慰安婦問題」は日韓間では「最終的・不可逆的」に解決したはずである。この当事国間の外交的かつ平和的な合意を国連が蒸し返すという不可解な事態が起きている(以下、読売電子版その1その2その3)。

菅官房長官は11日の記者会見で、国連のザイド・フセイン人権高等弁務官が慰安婦問題を巡る日韓合意に疑問を呈したことについて、「国際社会の受け止め方と大きくかけ離れている。極めて遺憾だ」と述べ、強い不快感を示した
フセイン氏に外交ルートで抗議することも明らかにした。フセイン氏は10日、国連人権理事会の演説で、日韓合意について「元慰安婦自身からも疑問が投げかけられたのは重大」などと述べた

>国連人権理事会で10日、フセイン人権高等弁務官が年次報告の演説で慰安婦について「日本軍による性奴隷制度を生き延びた人々」と表現したことに対し、在ジュネーブ日本政府代表部の嘉治美佐子大使は「性奴隷制度という言葉は事実に反する」と直後の発言機会で反論した
>フセイン氏は、昨年末の日韓合意についても「元慰安婦から疑問が投げかけられている」と批判した。これに対し、嘉治大使は「合意は、最終的かつ不可逆的に解決するという意味だ」と反論した。韓国代表も「元慰安婦の名誉を回復するためのもの」と述べた
>この日の理事会では、中国が「日本はアジア諸国で10万人の慰安婦を集めた」と発言したが、嘉治大使はこの点についても「中国側が示した数字は正しくない」と反論した

国連の潘基文事務総長は11日、国連本部で韓国人元従軍慰安婦の吉元玉さんと面会した
>面会は、慰安婦問題の解決を巡る昨年末の日韓合意に反対している元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の要請で行われ、尹美香代表が同席した。潘氏が事務総長として元慰安婦に面会するのは初めて
>面会は冒頭の一部以外は非公開で行われた。挺対協や吉さんは、日韓合意を歓迎する考えを示してきた潘氏に対する不満を伝えたという。潘氏は面会後、「彼女たちが経験した苦しみや痛みに同情する。日韓合意が人権の原則に沿って忠実に履行されることを希望する」との談話を発表した


フセイン氏の発言は国家間のあらゆる紛争を平和的に解決することに、その使命と存在意義を有するはずの国連高官として、異例や不可解という以上に、問題を蒸し返し再紛争を助長する以外の何物でもなく、国連が紛争の火種を投下してるという意味で厳しく非難されるべきだ。日本政府が即座に反論し外交ルートを通じて抗議するのは当然である。

また潘氏が「元慰安婦」と面会したことも面妖である。「挺対協」という極めて政治的な組織の要請に応じ、非公開の面会を行うことは公正と正義に反する行為ではないか。

これらの動きの裏には、国連事務総長を動かし国家間の合意を覆してまで日本を「道義的責任」に縛り付け、国際社会での発言力や影響力を封殺したい勢力があることを意味している。

その勢力ないしは国家といえば中国しかない。「人権理事会」でわざわざ「日本はアジア諸国で10万人の慰安婦を集めた」と、すぐに反論されるような根拠のない数字を挙げて発言したことに、中共の焦りと執念を感じる。

こうしたことに日本政府関係者が即座に反論したことは、当然とはいえ評価したい。これまで公の場で反論してこなかったことが今日の結果を招いていることを思えば、機を逃さない主張、反論こそ自国を守る武器であると、政治家、官僚は認識すべきだ。

今後は守勢に入るばかりでなく、人権抑圧大国の中国が「人権理事会」なる場所で他国を批判する茶番を覆す戦略を立て、これを実践してもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 12:11| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 日本は自国周辺の環境変化、及び、国内での外国人犯罪の急増を理由に、早急に、自国の入出国を見直し、且つ、内国的にも、外人の定義を厳格化すべき時が来ている事を、国民に周知して、常在外国人=曖昧外人=在日韓国人、中国人の一掃を図らねばなりません。 亦、外国人の不法滞在者を減らす為には、「滞在目的」を改革すべきで、実情を精査して、合理的なものにすべきです。

 亦、外国人の地方参政権など、憲法違反であるべき事案を、堂々と掲げる民主党や生活の党等、国会で追及するだけの党内コンセンサスを自民党や公明党は、持たねば、国民から見放される時がきっと来ることを自覚すべきです。

 元々、日本人は国際の場を助け合いや友好が、無条件で称揚されるモノ、当然の事と思い込んでいるふしがありますが、世界の大抵の国では、そうではありません。

 例えば、韓国や中国の様に、日本を利用しなくては、或は、排除しなくては、自国の益が見いだせない国だけではなく、自国のみでは、已然として貧し過ぎて、国民を護れない国が多いのです。 そんな国では、他国の心配など絶対にできません。

 例えば、「100人の村」と言う絵本が昔からありますが、人間として生きるのに必須な要件、ご飯を食べる、水を呑む、安眠する、学校に行く・・の有様をパーセンテージで出して、地球を100人の村に例えて、絵本にしたものですが、世界の子供の5人中4人は、一日3度のご飯が食べられない、とか、TVを見ているのは、10人中3人に過ぎないとか、ショックな現実が書かれています。 こうした現実を知れば、世界は貧困に溢れていて、生きるのがやっとの生活をしている人々が大半であると知れます。

 現在の若い日本人に中には、それを知って、単純に何とかしようと、する人が大勢いるのは、同じ日本人として誇らしく、とてもいい事ですが、根本的な解決も同時に図らなくては、現実はどんどん酷くなるだけなのです。 ではどうするべきなのでしょう。

 地球上の平和や弱者救済の為に国連があるのだと、国連は世界の中立的な機関だと、私たちは、そう思って居ました。

 しかし、国連とはそうした機関では元々ありません。 国連の正式名称は、連合国軍です。 そうです、第二次世界大戦の戦勝国の集団なのです。ですから、その目的とは、戦勝国の利益を保護する事なので、例えば、國際紛争を調停したりするのも、戦勝国の利害に関する事の範囲だけに限られています。

 ダカラ、戦後70年間で、国連が介入した紛争は多々ありますが、解決した事例は一つもありません。 常任理事国で構成する国連軍と言う武力組織がありますが、是を動かせるのは、安全保障理事会(安保理)で決議された時のみで、常任理事国の全員賛成でしか動かせません。1国でも反対すれば、動かせないのです。

 然し、実は国連の主たる機能とはそれだけなのです。

 現在、国連難民高等弁務官とかいう、難民救済に関して働く、弱者救済には必須と思われる機関がありますが、是とても国連機能を拡張したものと考えるべきです。 極めて限定的な活動しかできないのは、「常任理事国の権益を犯してはならない」と言う、不文律が存在するからなのです。

 ダカラ、「国境なき医師団」とか、「国境なき記者団」と言った、非国連機関が存在するのです。 この先、国連不要論と共に、最終戦争を避けるべく国際に仲裁機関を置くことが、提唱されるでしょう。 その場合、「国境なき=ボーダーレス」というのがキィワードになると思います。 しかし、その背景に確固とした武力勢力が存在していなければ、今まで通り、絵に画いた餅になってしまうのです。

 この仲裁機関は、権力でなく権威で国を従わさせるような物でなければなりません。所謂、王道です。 これが達成できるかどうか、これが人類に与えられた最後の命題です。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年03月13日 22:15
ソロさん、こんばんは。

相当前から私は国連というものの存在に懐疑的でした。本質は「戦勝国クラブ」(中共が入り込んでいますが)に過ぎない、戦後体制維持機関を、日本は目出度くもありがたがって何とか常任理事国になろうとしている。

そんなことに、ただでさえ低い外交力とリソースを使うなら、もっとピアトゥーピアで日本の味方を増やす努力をしたほうがいいし、「従軍慰安婦」への反論などすべきことがたくさんあります。

日本は今後、「欺瞞の組織」という国連の性格を陰に陽に世界に晒すことで、「戦後レジーム」の無力化を図るべきでしょう。
Posted by 三四郎 at 2016年03月20日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック