2016年05月15日

身勝手な妄想

また韓国人が身勝手な妄想を抱いているようだ。元慰安婦支援財団は6月にも設立すべく準備中だが、反日の象徴たる「従軍慰安婦少女像」の撤去は「今話し合う段階ではない」と強調しているらしい(時事電子版)

>慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づいて設立される元慰安婦支援財団の準備作業に参加している柳明桓元韓国外相は、ソウルの日本大使館前の少女像撤去問題について「解決できると考えている。ただ、今話し合う段階ではない」と強調した。時事通信のインタビューに応じた
>財団設立に向けた非公式作業グループの諮問役を務める柳氏は、「近く設立準備のための発起委員会を開き、6月にも財団を設立できるように努力している」と述べた。財団設立と少女像問題を切り離し、合意履行を進めていくべきだという立場を明確にした
>財団設立の準備に関しては「活動の目的、方法などに関する定款をつくり、財団を構成する理事の候補を広い範囲から募る」と説明。「誰が理事になるかは、まだ分からない。民間人の女性指導者が担わなければならないだろう」と語った
>少女像問題では「(韓国)政府が先に『ああしろ、こうしろ』と言えば、むしろ反発を招く」と指摘。「政府は政府がやるべきことをやり、元慰安婦が政府の措置に賛成するようになったら、次の段階で元慰安婦や設置した団体と話し合い、解決方法を検討しなければならない」と述べた
>また、柳氏は「(慰安婦問題に関する合意で)政治的な和解ができたので、今年、来年は韓日関係が良くなると思っている」と楽観。「今年は日本で開かれる韓中日首脳会談など、安倍晋三首相と朴槿恵大統領が会う機会が何度もある。首脳が頻繁に会談すれば、関係発展への期待感が持てる」と表明した


あぁ、やはり日本は舐められているなと感じた。

「慰安婦像」は外国公館前に、しかも公道に違法に作り上げたものだ。やる気があれば韓国の既存法でも撤去させることができるはずだ。いやそもそも作ることさえ差し止めることができたはずだ。それを敢えてせずに放置し、今更「民間のしたこと」と恍けるとは、日本国民として怒りを通り越して呆れ、かつ情けない。

これを放置してもどうせ日本は折れてカネを出すと高を括っているのが見え見えではないか。

しかも「(韓国)政府が先に『ああしろ、こうしろ』と言えば、むしろ反発を招く」とは、自ら仕掛けておいて「どうも止められない」と開き直るやくざの交渉にもにている。あの国がまともな法治国家でないことが改めて分かる。

さて日本政府はどう出るのか。またこれまで通りグダグダと譲歩を繰り返すのだろうか。両国政府は日本国民にも我慢の限界があると知るべきだ。
posted by 三四郎 at 17:37| 千葉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>あぁ、やはり日本は舐められているなと感じた。
その通りだと思いますが、現在韓国が置かれている状態は、そんな生易しいものではないのですがね。 

先ず、韓国の経済的な耐性の限界点が近づいている、と云うのは、現在の韓国が曲りなりにも破綻しないでやっているのは、共産シナとの間の3600億元、62兆ウォン(約5兆7千億円)に及ぶ、2国間スワップが17年迄有効だからである。 しかし、御存知の様に共産シナ経済の先行きは、未知数でしかも真っ暗なのは、衆目の一致する所だろう。

自分が日米に切り捨てられても共産シナが有る、と思って居るなら、韓国の国名が地図の上から消える日もそう遠くないであろう。 勘違いしているようだが、15年合意は、米国と日本の間に交わした韓国のラストチャンスの国際間の約束事だと解釈すべきであって、韓国には、約束の完全履行以外の選択肢は無いのである。

 安倍政権が、殆ど何も干渉や助言らしきものもせず、只管、韓国の約束履行を俟っているのは、期限が来たら自動的に、韓国から外資が逃散する事が判って居るからである。

既に国際世論に韓国の擁護を支持する国はいまい。 日米は既に、第三国に対し、擁護したいならすれば良いと云うレベルに在る。 唯、此の二国の悪足掻きで、信用不安が世界恐慌に結びつく事だけは避けねばならない、韓国に遺された僅かな希望は、其の1点だけではないだろうか。 然し、致命的な事に、韓国にもそして共産シナにも、信用を大事にする価値観は存在しないのである。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年05月16日 16:10
韓国のピンチについては色々言われているものの、韓国人の国民自体は深刻に心配している訳ではないのでは?と思う。国民性と言うか民族性と言うか、いざとなったら全て放り出す性質。

朝鮮人の外交は「大国を手玉に取る」ことが快感で嬉しいと聞いた。だから日本が舐められたと思っても、先方は舐めてやれ、手玉にとれと意識下にあるだろうから、通常の侮日観の露呈ではないかと思う。連中の事はほっとけ!と言いたいのが私の対韓認識です。
Posted by 相模 at 2016年05月17日 18:12
>>連中の事はほっとけ!
 勿論、放って置くしかないし、相手にしてもこちらの血圧が上がるダケ。 相手は、反省などするタマではない事をしているのなら、関わらない、無関心なのが基本です。

 しかし、過去にそうしてきた結果が現在ではないですか。 無関心もほどほどにしておかないと、あろう事か歴史を書き換えられて、其れを常識にしてしまう理性の差さ。 しかも、意味不明な事まで云い始めて難癖漬けて、集ろうとしている。 それも、大声で、ご近所に触れ回って、と云う朝鮮人のやり方は、個人でも国でも同じ様です。

 放って置けば何時の間にか、日本が世界の極悪国家にされていると云うのが現状です。
決して放って置いてはいけない、否、朝鮮人自体は放って置くしかないが、彼らのネガティブキャンペーンを打ち消すダケの日本のイメージアップ活動をすべきで、その中で、正しい歴史認識を世界に広めて行くべきかと。
Posted by ナポレオンン・ソロ at 2016年05月18日 10:50
ソロさん、おはようございます。

ずっと感じていることとして、日韓関係は出来の悪い子(韓国)を甘やかしてつけあがらせたダメ親(日本)のように見えてしまいます。連中にしたら兄(韓国)と小生意気な弟(日本)なのでしょうが。

韓国のような国に対するには中国のような厳しい親でないといけないのでしょう。もっとも日本はもう親子の縁を切りたいとおもっているのですが。
Posted by 三四郎 at 2016年05月22日 08:44
相模さん、おはようございます。

私もあいつらのことは放っておきたいと思います。いやもう関わり合いになりたくないというのが本音です。

しかし向こうが粘着してきて無関係の第三者にもこちらのあることないこと言いふらされているのをそのままには捨て置けません。「大人の振舞」をしてきた結果が「従軍慰安婦」「竹島」でありそれから派生する有象無象の反日・毀日行為ですから、やはり言うべき時に言うべきことを言わないといけません。

まさにやくざ者の嫌がらせ、実に厄介な連中です。
Posted by 三四郎 at 2016年05月22日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック