2016年05月21日

逃げを打つ

舛添東京都知事は自らの公金流用・公私混同問題については説明責任を放棄した模様だ(読売電子版)

>13日の定例記者会見で、政治資金の一部を私的流用したことを認めた東京都の舛添知事
>その後も、複数の新たな流用疑惑が浮上したが、2時間以上に及んだ20日の会見では、「専門家の調査結果を待ちたい」と繰り返し、具体的な説明はなかった
 ――知事の職責を果たす気持ちに変わりないか
 「仕事をしっかりやり、都民の信頼を回復したい
 ――家族と宿泊した千葉県木更津市のホテルでは、本当に会議を開いたのか
 「その疑問も弁護士にお願いする
 ――知事自身の言葉では語られないのか
 「今はしっかりとした調査に協力したい
 ――説明を引き延ばしているように感じるが
 「それはありません
 ――政治資金で購入した美術品を使って、どんな成果があったのか
 「第三者の目で見ていただくことが前提
 ――調査結果はいつまとまるのか。
 「できるだけ早く。6月1日から始まる都議会に迷惑をかけないようにしたい
 ――今までの政治家人生で金の使い方に公私混同はあったか
 「しっかり改めて、二度とこういう指摘がないよう生まれ変わったつもりで頑張りたい


俺もこれまで一連の疑惑や問題に対する舛添氏の言動を見てきたが、まず当然のごとく「怒り」があり、次に「呆れ」「情けなさ」と続き、今は愚かな人間を目の前にしたときに感じるであろう「哀れさ」をもよおし始めた。

この会見など「トップリーダー」としての説明責任に応えようとせず、「第三者の目に判断を委ねる」という体のいい言葉を使っているが、所詮は逃げを打ってきただけのことだ。

俺から見れば「第三者」を持ち出すことで時間を稼ぐとともに、「グレー」程度に落ち着けばこれを免罪符として盾にし、適当に「誤解を与えたことへの反省の弁」でも言っておけばそのうち世間は忘れるだろうと高を括っているように見える。

久々に「卑怯」「卑劣」という言葉を投げつけたくなる人間を見た思いだ。
posted by 三四郎 at 13:56| 千葉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 流石は朝鮮族、地位を過大評価した尊大さばかりで、潔さが微塵も無いザマが、その責任感の無さを際立たせている。

 不正を意識しつつも、何とかごまかせるとでも思って居る様で、肝心なところは、全部第三者の判断任せって、お前のモラルレベルは、小学生並みなのか。

 なんと、情けない野郎だ。禿が一層見苦しい。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年05月22日 16:01
昨日の「新報道2001」という番組で舛添知事が2台所有しているエスティマの話など、なんだか続々と公私混同っぷりが露呈していますね…。違法には問われない手法だというものの、裏返せば意図的である事の証明でもあり…。長い期間、テレビなどで発言してきた人物でもあるだけに、怒り、呆れ、とにかくゲンナリとさせられますね。
Posted by メロンぱんち at 2016年05月23日 11:58
朝鮮族の考え方で行くと、「地位の高い人には、自動的に徳が備わるから、少々の不正な事をやっても、その地位高いと許される。」と言う事らしい。

 其れは「一人、神と交信が出来るスメラミコトを例外として、人間は生れ乍らに平等で有る」という、日本人の基本的な考えとは大きく乖離している。 基は同じ、若しくは、近い天命説だと思うのだが、天命を受けた人間を特別な存在として、祀り上げる他は、平等という考えは、端から却下している様が見て取れるのは、千年の間、朝鮮族が多くの異なる文化、異なる常識、異なる言葉の民族で形成した社会で、同化・順化圧力を全く受け容れてこなかった証拠でしょう。

 「救い様が既に無い」という状況が出来するのも無べなるかな。 舛添は、国籍だけは日本人ですが、中身は朝鮮族のママ。 そんな帰化人の典型です。
Posted by ナポレオンン・ソロ at 2016年05月23日 12:45
ソロさん、おはようございます。

>地位を過大評価した尊大さばかりで、潔さが微塵も無いザマ
>「地位の高い人には、自動的に徳が備わるから、少々の不正な事をやっても、その地位高いと許される。」

これは日本人の価値観はもちろん、西洋でいう「ノーブレスオブリージュ」とも対極にありますよね。

恥というものを知らないのは本人の問題なのでどうでもいいですが、彼が日本の首都・東京のリーダーであり続けることそのものが、日本の品格を落とすことになるので早々にやめてほしいと思います。
Posted by 三四郎 at 2016年05月29日 08:52
メロンぱんちさん、おはようございます。

>怒り、呆れ、とにかくゲンナリとさせられますね

まさに同じ感情です。見ている、或は言い訳を聞かされているこちらが恥ずかしいほどです。一人の人間として自省してほしい。私より年上のいい大人に対して言いたくはないですが。
Posted by 三四郎 at 2016年05月29日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438113154

この記事へのトラックバック