2016年05月28日

米大統領のスピーチ

現職の米国大統領が広島を訪れ、被爆者を追悼しメッセージを読み上げた(日経電子版)。

予め想定されたとおり、謝罪の言葉は口にしていないが、その文言や口調からは厳粛な感情と人類史上初めて原爆を使用した国家の元首としての悔恨が感じられた。核兵器廃絶に向けた断固とした決意のような力強さは確かになかったものの、原爆投下の当事者にして現実を預かる超大国の指導者の言葉としては必要にして十分なものだったのではないか。

任期が残り少ないレームダック化した大統領だから訪問しやすかった、とか、反核のリベラリストとして足跡を残したかったのでは、とかいう下衆の勘ぐりはやめておこう。現職の米大統領が自らの国が灰燼に帰せしめた地を訪れ、犠牲者を追悼したという事実は消えない。

>ここ広島で、世界は永遠に姿を変えてしまった。しかし今日、この町の子どもたちは平和の中に生きている。なんと貴重なことか。それは守られるべきことで、世界中の子どもたちが同じように平和に過ごせるようになるべきだ
>それが我々が選びうる未来だ。そして、その未来の中で広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして記憶されるだろう


「道義的な目覚め」とオバマ氏は言った。ここに俺は悔恨と謝罪の意思をくみ取ることができる。被爆当事者でない俺が言うのもおかしいが、広島はオバマ氏の心情に少なくない影響を与えることができたと思うし、氏自身の今後の活動や米国世論の何かを変えていくことができればもって瞑すべしではなかろうか。
posted by 三四郎 at 09:39| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私もずっと見ていましたが、オバマ氏に初めて親近感を覚えました。 原稿はオソラク、ライターが起したものでしょうが、自分でも目を通し推敲もしたと思う、然し言葉に繋がりが薄く、何か散文詩を聴かされている様に思えた。 然りながら、内容は、極めて正直で誇張や嘘が無く、ヒロシマを観て来た一人の人間の感性を感じ取れた。 

 固より戦争なのだから、敵も味方も皆、国の為に戦って居る。 一人の人間として作戦に疑問を感じても、皆で罪を犯さねばならないのが戦争の辛い処なのだ。 誰かが、敵を撃つ事を拒否すれば、その人間だけでなく多くの味方が犠牲になる。一人一人の兵隊が、「与えられた職責をちゃんと果たす」から、日本軍は強かったのである。

 同じ事が米国人にもいえよう。 ダカラ、兵士たちは謝っては、イケナイのだ。それでは、死んでいった者たちは、間違えた事の為に死んだことになる。それは、日本人兵士とて同じ事だ、現場に居なくては分らない「仕方のない、残虐行為」は幾らでもある。 戦場で発揮できる良心は、僅かであろう。

 ダカラ、戦争はギリギリまでしてはならないのだ。

 原爆投下で謝るべきは、非人道的な処断を下した、当時の指導者である。トルーマンは、ヒロシマ、ナガサキの実態を知って、朝鮮戦争で自体が膠着化した時、マッカーサーが「原爆の使用許可」を進言しても」、決して、肯んじなかったのは、資料を観て、その罪深さを実感していたからだろう。

 ダカラこそ是からも、その非人道的な処断を下さねばならない可能性を持った米国の指導者は、核兵器の非人道性を体感すべきなのだ。 その処断の重さを、知るべきなのだ。

 アデユー大統領、私たちはあなたを忘れない。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年05月28日 16:54
この15〜20年ぐらい殆んど忘れかけていたような、巨視的な未来志向のスピーチであったと感じました。当日朝の報道でスピーチは極々短いものになるという報道でしたが、17分間程度、中々に惹きつけられる内容であった――と柄にもなく感動しました。ずっとずっと時間が経過してからも、「ああ、あのときにオバマが広島で…」のように記憶に残るものになったような気がします。
Posted by メロンぱんち at 2016年05月28日 23:06
ソロさん、おはようございます。

私も敵として戦ったもの同士が「謝る」ということは必要ないしすべきでもないと思います。オバマ氏の表情、行動から十分に「和解」に繋がったと感じます。

その立場上、毀誉褒貶さまざまの評価がありますが、オバマ氏は日本人の心に残る米大統領になることは間違いないと思います。
Posted by 三四郎 at 2016年05月29日 09:03
メロンぱんちさん、おはようございます。

私は今回の広島スピーチは、かつてオバマ氏がノーベル平和賞受賞のきっかけとなったプラハ演説よりも重く、心に残りました。

それは私が日本人であったことのせいばかりではないと思っています。

人類史上、唯一、核兵器を使われた地という重み、そしてプラハ以降も遅々として進まない核兵器廃絶の道のりの険しさという、まさに事実、現実を背負い実感した後の言葉だったからだと思っています。
Posted by 三四郎 at 2016年05月29日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438351932

この記事へのトラックバック

広島へ
Excerpt: オバマ氏「自分で折った」和紙の折り鶴を持参  報道によるとアメリカ国内の意見としては好意的ななものが多いですよね。アメリカ国民の人たちの考え方も以前とは変わってきているのでしょうか。 所感は短いコメン..
Weblog: 落ちこぼれのつぶやき
Tracked: 2016-05-28 20:08

米大統領が現職で初めて広島訪問、慰霊碑に献花 核なき世界訴え
Excerpt: [広島 27日 ロイター] - オバマ米大統領は27日、現職大統領として初めて広島を訪問し、原爆慰霊碑に献花した。  献花後のスピーチで大統領は「亡くなった方々を悼むために訪れた。あの悲惨な戦争のな..
Weblog: ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
Tracked: 2016-05-29 09:33

オバマ大統領 広島で追悼の花輪 !!
Excerpt: オバマ米大統領、広島で追悼…「惨劇に思い」 昨日27日オバマ大統領は伊勢志摩サミット後、宇部基地経由で広島に入りました。そこでも日米将兵の前で先月の熊本地震に対するヘリ部隊の機敏な対応をほめていまし..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2016-05-29 09:44

★オバマ大統領が広島に到着 現職米大統領で初
Excerpt: オバマ米大統領は27日、現職大統領として初めて広島を訪問し、原爆慰霊碑に献花
Weblog: 癒(IYASHI)
Tracked: 2016-05-29 17:23