2016年05月29日

妥当な判断

安倍首相は消費税の再増税を2年半延期する方向に舵を切ったようだ(読売電子版)

>安倍首相が、来年4月の消費税率10%への引き上げを2年半延期する方向で調整を始めたのは、デフレ脱却を実現するには一定の期間が必要と判断したためだ
>一方、2019年夏の参院選への影響を考慮したとの見方もある
>政府・与党内では増税先送りについて、19年4月までの2年間を軸に調整してきた。首相がさらに半年先まで延期する方針を固めたのは、世界経済が不透明感を増しており、国内経済も経済政策「アベノミクス」が失速気味で、デフレ脱却の道筋が見通せないためだ。首相は増税を先送りした2年半の間に、財政出動や成長戦略の加速化でデフレ脱却を実現する段取りを描いている


参院選への影響は確かに考慮しているのだろうが、現在の野党があの状況では消去法でも自民党しかあるまい。再増税したとしても大敗することはないと思う。

が、それにしてもこれは妥当な判断だと思う。新興国経済の成長に陰りが見え、先進国も引っ張られてふらついているというのが大方の現状認識だ。

原油安、中東情勢とそこから派生した世界的な難民、テロ問題など、何しろいい材料が一つもない。先の8%への増税の影響が少しづつ薄れ始めたとは言え、ここで10%増税は国民にとって追い打ちにしかなるまい。

財政再建も大事だが、社会、経済の構造改革なくしては無理な話だ。今日、事業や働き方のニーズが年年歳歳変化していく中で、その主役即ち税負担能力を有するプレーヤーも入れ替わってきている。旧来の規制や既得権益にがんじがらめにされていては税収が増加する要素がない。

「アベノミクスは失敗」という野党勢力に突っ込みどころを与えることにならぬよう、今後2年半の間に行動で示していただきたいものだ。
posted by 三四郎 at 12:33| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>「アベノミクスは失敗」という野党勢力に突っ込みどころを与えることにならぬよう、今後2年半の間に行動で示していただきたい
他の板でも、この点について話しましましたが、今や、国内経済も世界と均時性を持って居るので、シナの破綻によるネガティブな影響は、間違いなく日本経済をヒットするし、シナ経済への依存度が日本より高い米国や欧州経済は、日本以上に打撃を受けると思う。

 就中英仏は、AIIBに参加している事を考えれば、投資した応分の資金が回収できなくなる公算は大であろう。 不参加の日米のリスクがそれだけ低いが故に、シナ破綻の後には、確実に日米との経済格差が広がると看て、財政出動について反対論を展開したものと思われます。 

 G7の空気は、シナ経済の破綻は既に既定の事実化している訳で、ならば、一人日本経済が無傷で居られるわけも無く、予想される貿易の悪化や経済規模の収縮によって景気が減速し、社会の裕度が低下する事が予想されるが、国民がそれらに堪えなければならない事を考慮すれば、喫緊の事態といえよう。 消費税率増税延期を優先し、財政の健全化は寧ろ後回しにするのは、当然の仕儀であると、私は思います。

 その意味では、2年半と云う執行猶予は、適切な時間設定なのかと云う議論が是から当然起こって来るでしょうが、何処の銀行系の予想をみても、「シナの経済破綻の時期、規模次第」と云う結論、即ち、「悪化を前提とした様子見」であるのだから、逆に今、時間設定に拘るべきではないと思います。

 随い、現状を説明するに、外的要件の著しい悪化が予想されるから、回避措置として、増税延期をするのであって、野党が喚いている「アベノミクスの失敗」は、見当違いも甚だしい。 寧ろ、自分達のスポンサーである共産シナの破綻で、収入が激減する事を心配すべきなのではないかww いずれにせよ、彼らの視界に日本国民は不在である事だけははっきりしている。

 「増税公約」の取り消しで、内閣不信任案の提出は、結構だが、衆院解散で切り返される可能性は、当然考慮しているのだろう、然し、今、選挙しても自分達を有利な立場に立たせられる議席を採れると思って居るのだろうか、内閣支持率は55%もあるし、野党支持率は、民進党の8.5%を筆頭に、全て一桁の上、全部、前月比マイナスなのダカラ、選挙結果はやらずとも野党の大幅後退は確実、社民党や生活の党等は、消滅の危機に在ると云って良い。

 すると、どういう政情判断なのか。

 実際に解散総選挙となった場合に、党の分裂〜解党、野合的合併が多発するとすれば、亡国野党はどんどん消滅に向けて舵を切って居る事に成ろう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年05月30日 09:26
ソロさん、おはようございます。

実際のところ、安倍政権以降、賃金や就業率などの指標は改善されているようです。一国の経済は外的要因にも影響されますから劇的に変わるものではないし、そうであればむしろ危険ともいえる。

この点、私はアベノミクスは道半ばという認識を持っています。野党の言うような「失敗」では決してないが、まだまだこれからという意味で「成功」とも思っていません。

今後の政策に注目しています。野党は問題外でしょう。
Posted by 三四郎 at 2016年06月05日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

消費増税は2年半ほど再延期へ というか廃止希望
Excerpt: 消費増税再延期だそうです。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2016-05-30 11:15