2016年07月10日

捏造フォトコンテスト

捏造プロパガンダがお家芸の中国で、「南京大虐殺記念館」なる宣伝組織が「南京」「慰安婦」にまつわる「歴史のしるし」として「証拠写真」を大募集するという(Record China)

中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館で6日から「歴史のしるし」と題する写真資料を募集する活動が始まった。中国国内外を対象に、南京大虐殺や中国を侵略した旧日本軍が強制連行した「慰安婦」「抗戦」などをテーマにした写真のほか、記念館建立の過程を捉えた歴史的写真も募集している。新華網が報じた
>同館の張建軍館長によると、南京大虐殺から来年で80年。「歴史の記憶を伝承していく立場にある当館は、南京大虐殺や慰安婦などに関する写真を集めて展示することで、犠牲になった同胞を追悼すると同時に、歴史を蘇らせ、歴史的資料を国民の記憶に転化していきたい」という
>今回募集する写真は主に▽1947年に国民政府が初めて南京大虐殺の犠牲者を追悼する活動を行って以降、江蘇や南京などの地域で実施された抗戦勝利記念活動、南京大虐殺の証拠・遺跡などに関する資料・写真▽1985年に記念館が開館してから今に至るまで、各界で保存されている、抗戦、南京大虐殺、慰安婦関連の写真---の2種類。その他、上記の写真を掲載した新聞や雑誌などの資料も募集している
写真は後世に歴史の記録として残すことができる。大虐殺から80周年を迎え、同館は写真展「歴史のしるし」を開催する計画。張館長は「同活動を通じて当館が所蔵する資料が一層豊富になり、また人々に歴史の再教育と再伝播していく上で助けとなり、この特殊な歴史を写真を通して、さらに多くの人々の心に深く刻み込まれることになる」と語った。募集は今年の12月31日まで行われる


嘘というやつは実に怖いもので、一度ついたら辻褄合わせのためにずっとつき続けなければならない。それを国家レベルでやっているのが特定アジア三国で、中国はその筆頭格だろう。

だいたい戦後70余年を経た今頃に「証拠集め」をしだすなど、いかに「南京」「慰安婦」が嘘まみれの宣伝工作でまともな「証拠」などどこにもないことの証ではないか。

「写真は後世に歴史の記録として残すことができる」? それを言うなら「写真はいくらでも加工し後世の人民を騙すことができる」の間違いではないか。

中国は自国民を虐殺した「文化大革命」や「天安門事件」には向き合おうとせず、高速鉄道よろしく記憶を埋め戻し歴史から抹殺していることを、世界の心ある人々は知っている。だからこその「中国国内限定で絶賛大募集」なのだろう。

日本政府、心ある政治家諸氏は声をあげて批判せよ。
posted by 三四郎 at 09:18| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オソラク、国内的に追い詰められ孤立感が増している習近平の差し金だろうが、こんな嘘八百に、国の広報が血道を上げねばならないのは、真に低俗で、やっている当人も、いい加減馬鹿馬鹿しくはならないのだろうか。 
(「宮崎正弘の世界ニュース早読み」より抜粋引用)
然し、習近平国家主席のやり方は、ある意味で中国共産党の“お家芸”だ。歴代指導者たちは常に失脚や暗殺に怯え、同志や部下の粛清を繰り返してきた。 習近平の反腐敗運動など手ぬるいものだ。中国共産党(以下、中共)の熾烈な権力闘争の歴史のなかで、空前絶後の「極悪人」は中華人民共和国の生みの親、毛沢東その人である。

 1949年10月1日、北京の天安門壇上で中華人民共和国の建国を宣言した毛沢東は、返す刀で対抗勢力の民主党派を粛清した。さらに国民党の残党や地方の抵抗勢力を糾弾し、次々と公開銃殺を行った。当時の処刑人数はおよそ70万人とされる。また、中共への批判を歓迎する「百家争鳴」を呼びかけ、実際に声をあげた知識人50万人以上を「右派」として失脚させた。

 毛沢東が1958年より断行した急進的な社会主義建設の試みである「大躍進政策」では、原始的な政策に中国全土で飢饉が発生し、5000万人以上の農民が餓死したとされる。毛沢東と同郷であり、紅軍時代から行動を共にした彭徳懐はこの惨状を見かね、1959年、避暑地・廬山で開かれた会議中に政策転換を促す私信をそっと毛沢東に送った。

 しかし、飼い犬に手を噛まれたと感じた毛沢東は激昂し、会議参加者に書簡を公表、彭徳懐を「右翼日和見主義者」と弾劾して、職を解き北京郊外に監禁した。政敵の言動の瑕瑾(かきん)を探し出し、レッテルを貼って徹底的に吊し上げるのが毛沢東の常套手段だった。

 のちの文化大革命の際、哀れな彭徳懐は毛シンパから殴る蹴るのリンチを受け、肋骨2本を骨折・・・
(抜粋引用以上)
その毛沢東を自分に仮託しているのは、習近平の現状である。 独裁者として、恐怖政治を行うつもりが満々なのは、そうでもしないと、自分が確実に処刑されるからである。 しかし、いとも簡単に70万人も処刑するその感覚には、人権意識どころか、人命に対するリスペクトも、殺人に関する禁忌の心の欠片も感じない。

こういう男の言を欧米が支持すると云うなら、欧米の倫理観もさほど変わらないと考えるべきであろう。 
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年07月11日 16:51
ソロさん、こんばんは。

あの国、このところ南シナ海問題でも一敗地にまみれ、ASEMでも安倍首相から「法に従え」と求められましたから、実際相当焦っているでしょうね。

現在進行形の自らの横暴を棚に上げて70年以上前のでっちあげコンテストをするとは、哀れささえ催しますが、放っておけば面倒がひどくなりますから、日本政府は「見守る」だけでなく毅然かつ断固とした抗議と実効ある制裁メニューを出してほしいものです。
Posted by 三四郎 at 2016年07月17日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439888206

この記事へのトラックバック