2016年07月17日

法の下に戻れ

気が付けばこのところ中国ネタが続いているが、今日取り上げるニュースなども、あの国がいかに法治の理念からかけ離れた異質な存在であるかを示す例証だと思う(読売電子版)

岸田外相は15日の記者会見で、南シナ海の仲裁裁判を担当した裁判官の人選を中国が批判していることについて、「指摘は的外れだ」と反論した
中国側は、中国と海洋問題で争いがある日本の柳井俊二・国際海洋法裁判所長(当時)が任命した裁判官が審理を進めたのは「公正でない」と主張している。同裁判では、裁判官5人のうち3人を所長が、残り2人を当事国のフィリピンと中国が1人ずつ選ぶ仕組みだったが、中国は権利を行使せず、柳井氏が4人を選んだ。岸田氏は「異論を唱えることこそ、国際社会の法の支配に対する挑戦だ」と指摘した


要は、きちんとした国際ルールがあるにもかかわらず勝手にこれを無視して従わず、事後になってルール無効を叫ぶというもので、およそ「ルール」「法」といった観念が決定的に欠如しているように思う。

こんな国と、政治面にせよ経済面にせよまともな交渉ができる道理が無い。しかし中国は知るべきだ。「法」や「ルール」に従わない者はまたそれらによる利益を享受する資格もないことを。「法」が彼らを守らないとすればいずれ武力に頼るしかなくなる。その先にあるのは「不名誉な孤立」でしかない。

カネで「信義」も「道理」も買えないことを、この「田舎者大国」が知るのはいつの日か。
posted by 三四郎 at 18:22| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 つくづく、典型的シナ人だけは、表に出しては、イケナイと感じますね。昨日読売TVで、恒例の「そこまで言って委員会」をやってましたが、題が「中国」だった。 元共産党の筆坂さんまでが「共産独裁主義に人権などない」と言ってましたww 嘘つき、拝金主義、結果第一主義・・、彼らは現状認識できないのでは全く無く、完全に解った上で、自分の氏族の利益を求める範囲でしか、行動規範を持たない。 つまり、公共の公は、端から存在しない、との事。 ダカラ、ディズニーランドでも、子供がトイレまで我慢できないから芝生で大便をさせたが、紙を布いてさせたダケまし。とか言う話が大威張りで書き込まれるww 是は民度がドゥのと言う問題以前に、シナ大衆の本質的なものがありはしないか、と言う議論になった。 コメンターの中には、「日本だって、昔は・・」と、お定まりの事を云う奴が居たが、ならばこの先5年位で、急速に改善する可能性が有ると言う事だろう。 ホンマ?

 外観的に言えば、人民軍のやりたい放題を習近平が辛うじてコントロールしている状態で、 何かあれば、開戦もありうる危険な状態だ、と言って居るのに、落語家のざこばが、「そんな脅威はない」と何処かの鳥頭の放言そのままの事を云って居た。 本当に芸能人の程度の低さ、特に落語界は、完全にお花畑である事が判明した。

 やっぱり、TV界は左巻きやら、媚中媚韓ばっかりなんですね。 マァ、視聴率が、ダダ下がりな原因が分りましたは。 此奴らの反国民性は、普通じゃないです、それとも、右翼拒絶症でも罹って居るですかね?


Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年07月18日 03:56
ソロさん、こんにちは。

「戻れ」なんて我ながら間抜けなタイトルでした。あの中共が国際ルールや法秩序なんて端から歯牙にもかけていないでしょう。まあ中華意識で回りが見えなくなっているのかもしれませんが、今後どこまで突っ張るつもりか、まずは札束で相手を黙らせるところでしょうが・・。
Posted by 三四郎 at 2016年07月24日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440136940

この記事へのトラックバック