2016年08月27日

侮辱される理由

ロンドンの大学に留学中の中国人学生が、あろうことかエリザベス女王を刺す目的でバッキンガム宮殿に侵入し逮捕されたという(@niftyニュース/NEWSポストセブン)

ロンドンに留学中だった中国人学生がバッキンガム宮殿に侵入し、逮捕された。中国人留学生は警察の取り調べに対して、刃物を所持しており、「エリザベス女王を刺すつもりだった」などと供述しているという
>女王は今年5月に行なわれた園遊会の席上、中国の習近平国家主席らが昨年公式訪問した際の行状について、「あの人たちはとても失礼でした」などと公然と批判。留学生は、その報復のために宮殿に侵入したとの見方も出ている
>この留学生はシェフィールド大学に留学中の張航容疑者(25)。張は8月12日午後2時45分ごろ、宮殿の正門を乗り越えて、宮殿内に侵入したところを警備中の警察官に逮捕された。張容疑者は刃物を携行しており、取り調べで「中国のスパイに後をつけられている」などとの意味不明の供述を繰り返しているという
>さらに、宮殿に侵入した目的について、「エリザベス女王を刺すつもりだった」などとも話しており、警察では精神に障害がある可能性もあるとみて、精神鑑定を行う用意もあるという
>シェフィールド大学の広報担当者は「本学の留学生が起こした事案については留意している。しかし、現在公判中であることにも鑑みて、現段階では論評を避けたい」とのコメントを発表している
>しかし、ネット上では、張容疑者を知っているとする中国人留学生が「張はエリザベス女王が昨年秋に英国を訪問した習近平国家主席らの代表団について、『あの人たちは失礼でした』などと批判したことについて、『女王こそ、非常に失礼だ』などと怒っていた」などとの意見を書き込んでおり、張容疑者が女王に復讐するつもりだったとの疑いが浮上している
>しかし、張容疑者が宮殿に侵入した際、女王は公務で出かけており、宮殿にはいなかったことが分かっている
>これについて、英BBCは「張容疑者は刃物を持っていたが、それ以外の拳銃など攻撃力が強い武器は携帯していなかった。また、女王が不在だったことなどからも、計画的犯行とはいえず、たんなる思い付きだったとも考えられる。本当に女王を襲おうと思っていたかどうかは疑問だ」などと報じている
>また、張容疑者が精神的に問題がある可能性も否定できないことから、警察当局は慎重に捜査を進める方針だ
>だが、中国のネット上では「いずれにしても、女王は中国人を侮辱しており、何らかの代償を支払うべきだった」などとの書き込みもあった


この容疑者個人について言えば、いかにも短慮で留学先のホスト国への感謝の念すら持てない愚物だが、あるいは記事にもあるとおり精神に異常があったのかもしれない。慣れない異国の地での生活はストレスの連続だろう。精神的に不安定になっていた可能性はありうる。

俺が違和感を覚えるのは末尾の中国ネットユーザーの意見だ。いかに祖国の代表が批判されたとはいえ、それは女王の偽らざる感情の吐露である。なぜそう批判されるのか自省すべきところを「代償を支払え」とは何という傲慢さか。

仮に安倍首相が外国の元首から「無礼者」呼ばわりされたら日本人として確かに不快に思うだろう。しかし同時に、首相側、日本側の態度対応に何か落ち度がなかったかと反省するだろう。いやむしろサヨクならば「批判されて当然、悪いのはアベ」くらいに思うかもしれない。

この種の同胞の愚かな行為、恥ずべき行為に対する反省や謝罪の欠片もなく、「相手こそが悪い」という自己中華思想が、逆に侮辱されいらぬ敵を作っていることに思い至らないのだろうか。まあだからあの国らしいともいえるが。
posted by 三四郎 at 10:13| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も三四郎さんと同じ違和感を、中国のネットユーザーの意見に感じました。

 一国の国家元首の寝所に侵入を企て、襲撃しようとしていたと言う行為に、もし、国家を公として見ているのなら、自分もその公に属するものとして、不届な同胞の行為を詫びる処から始めるべきだろう。

 ちゃんとした政治に関する知識を持って居れば、幾ら、ネット上ダカラと言って、その場に居たわけでも無いのに、軽々に女王に対して批判などできないと思う。

 何時しか、自分が国家元首並みの立場にでもなっていて、無礼と言う感覚を固より知らない、或いは、忘れ去って居るのであろう。

 それは習近平にもいえる事で、いつぞやの日本の今上陛下に対する態度も、陛下は批判はしなかったが、無礼なものであった。 その調子で、女王陛下の前でやらかしたに違いない。

 結局双方とも、田舎の成金長者感覚しか持ち合わせて居ないザマが、120%見て取れる。 「金を出してやった、くれてやる」と言う腹の底が、見え見えだ。

 それを手柄顔で英王室の接待を求めた、キャメロンが如何に愚かな政治家であったかも、事後の成り行きが証明している。 英国は、王室を侮辱されても金に頭を下げるのかと、謂う批判を許した時点で、この男はお終いである。
Posted by at 2016年08月27日 16:09
スイマセン 名前を入れ忘れました
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年08月27日 16:10
ソロさん、こんばんは。

>結局双方とも、田舎の成金長者感覚しか持ち合わせて居ないザマが、120%見て取れる。 「金を出してやった、くれてやる」と言う腹の底が、見え見えだ

そう、今の中国外交は田舎者の成金が大声で威嚇しているさまを思わせます。金に目がくらんだのがキャメロンというところでしょう。女王の心痛もいかばかりかというところです。
Posted by 三四郎 at 2016年08月28日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック