2016年09月04日

団栗の背比べ

民進党の代表選候補者がNHKの番組でそれぞれ抱負を語ったらしい。その中で前原氏は「民主党の負のイメージを引きずっている。国民の皆さんにおわび申し上げる」と国民に「謝罪」したという(時事電子版)

>民進党代表選(15日投開票)に立候補した前原誠司元外相が4日のNHK番組で、「(旧)民主党の負のイメージを引きずっている。国民の皆さんにおわび申し上げる」と、深々と頭を下げて陳謝する場面があった
民主党政権で要職を歴任した前原氏は、「負の遺産を反省した人間でないと(党を)まとめられない。自民党に代わる国家像を示す」と指摘。政権担当時の混乱を党再生の糧とする姿勢を示した
蓮舫代表代行と玉木雄一郎国対副委員長は同番組で「おわび」には言及しなかった。蓮舫氏は「与党になる。国民に応えられる政党にしなければいけない」と、玉木氏は「私が出馬することが変革の象徴になる」とそれぞれ訴えた


「お詫び」というが、何をどう詫びるつもりなのかがよくわからない。あの3年余りの民主党政権は確かにひどいものだった。それは単に経験不足や未熟といった言葉では語りつくせない、もっと根本的なものからくるカオスでありパニックだった。

個別的な事象と要因は挙げればきりがないが、詰まる所この党の性格が諸悪の根源である。つまりは政権運営に統一的な理念や方向性がなく、国家観も欠如しているがゆえに綱領さえ存在しない単なる「選挙互助会」でしかなかったということだ。そういう民主党時代の「負の遺産」を払拭出来たとでもいうのか。

その認識がない、或は気づかぬふりをしている限り、どれだけ党名を変え、どんな人物が代表になり、どの党と組もうとも、この党が再び日本国の政権を執ることはない。否、心ある国民がそれを許さないだろう。

団栗たちにはそれが分かっていない。
posted by 三四郎 at 17:41| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>民主党時代の「負の遺産」を払拭出来たとでもいうのか。
 ズバリ、其れです。 民主党は、「党綱領さえもない『自由な』党」であった事が災いして、「歴然とした売国左翼が党中枢に居座り、売国政治を恣にした3年3ヶ月であった事を詫びる」と云うなら、全てを白日の下に曝け出して、逐一その原因と経過と結果を報告し、その事態が齎した恢復可能なモノを恢復しなくては、日本の政党である事すら許し難い。 前原が頭一つ下げて済むような問題ではない事は、自明の理であろう。

 そして、前原が危惧する様に、日本国民が二度とこういった勢力に国権を委ねる事態に成れば、日本国そのものが変質して終う事は間違いないだろう。其れを望む勢力を、打倒する処から始めなければならないが、前原にはその気概が有るのかないのか、自らも売国勢力というのなら、何をか況やであろう。

 すると、新生民進党が目指すべきは、現在の地球上でどの様な国家を作り上げて、現状の米支配の世界体制をどの様に変えて行くというのか、と云う対案や長期的ビジョンを示さねば、説得力は皆目ないだろう。 所詮、自民党の影法師に過ぎない。

 民進党に必要なのは、解党的変革である。

 民進党を構成するモノが、自民党にいる「烏合の衆成分」と何ら変わりがないのなら、政権党である自民党を選択されるダケの話。 第二自民党なら間に合っている。

 狙うべきは、自民党に出来ない事、其れは、売国左翼退治〜真の日本的リベラル化ではないか。自らの足元を崩す事に成るが、其処を躊躇っていては、変革も何もなく、今の売国体制を引きずって行くだけと言う事だから、国民に感づかれている状況では、消滅しか待って居ない。

 自民党の2/3を占めてい居るのは、自分の利権の為には、国を平気で売る、所謂、小沢に400人も着いて中国詣でをやった議員団ではないか。

 其処に自民党が組織を改革できないジレンマが存在するワケで、ダカラこそ解党的な変革が必要なのである。

 其れが混乱しか齎さないと云うのなら、日本は近々おかしくなるであろう。

 理想を現実化する事が、政治家の使命ではないか。 

 其処を忘れて議員である事にのみ拘泥するなら、選挙運動は只の就職活動に過ぎない。 然も、嘘八百の吐き放題と来ている、是では国民が政治に絶望するのは当たり前だ。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月05日 11:47
ソロさん、こんにちは。

>狙うべきは、自民党に出来ない事、其れは、売国左翼退治〜真の日本的リベラル化ではないか

まさに仰る通りだと思います。どこの国でも保守・リベラルの対立構造はありますが、少なくとも双方、自らの祖国を愛し、国益のために働き戦う姿勢は共通しています。

日本の在来「リベラル」にはその姿勢がなく、単に「反日・反体制」を叫ぶだけの簡単なお仕事に成り下がっています。私が日本には真のリベラル勢力は存在しない、「似非リベラル」ばかりと感じる所以です。
Posted by 三四郎 at 2016年09月11日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441623221

この記事へのトラックバック