2016年09月11日

隠蔽体質か職務怠慢か

東京豊洲市場の移転問題は莫大な費用増額のプロセスが不透明とされ小池知事が先ごろ延期を決定したばかりだが、ここにきて予想もしていなかった別種の深刻な問題が浮上している。都が公表した土壌汚染対策がそのとおりに為されていなかったというものだ(時事電子版)。

東京都の築地市場(中央区)の移転先とされながら、土壌汚染が懸念されてきた豊洲新市場(江東区)で、新たな問題が表面化した。食品を取り扱う建物の床下で汚染対策の盛り土が実施されておらず、都がこれまで議会やホームページなどで「敷地全体で実施」としてきた説明と大きく食い違う状況となっている小池百合子都知事は10日の記者会見で「間違った情報を与えることは、都政の信頼回復に逆行する。全都庁の職員を粛正したい」と強い口調で述べた
>なぜ、食い違いが生まれたのか。都の市場担当幹部によると、盛り土などの汚染対策は、2008年に専門家会議が実施を提言。しかし、この際は建物の地下に配管などを入れる空間を設置することは検討されなかった。その後、建物設計時に地下空間を設けることが決まり、その部分には盛り土は行わないことになったが、対外的な説明は以前と同じまま放置された
>こうした状況は、外部からの指摘を受け今月初めに判明した。幹部は「分かっていたら説明を変更していた」と弁明。地下部分はコンクリートの壁や床で囲まれているため安全性には影響ないとしつつ「専門家会議に説明していなかったのは問題だった」と話した
>小池知事は、外部識者による調査を行う方針だが、「あくまでも当局が責任を持ってこの問題をクリア(解決)しないと、また同じようなことが起こる」と職員にくぎを刺した


土壌汚染対策はこの移転計画において、技術的にも政策的にも最も重要なポイントの一つではないか。提言時の計画が変わり、パイプスペースを確保することで予定していたとおりの対策が取れなくなったのであれば、技術的な代案を策定しなければならず、その意味でも公表は必須のはずだ。

関係幹部の「分かっていたら説明を変更していた」とは非常に無責任な発言である。計画の最重要課題の一つである土壌汚染対策への影響をまともに把握、理解していなかったというに等しい。気づかなかったことが露見すれば当然厳しい責任問題になるだろう。それを見越しての隠蔽か、はたまたそれを含めての職務怠慢か。

小池知事にしてみれば就任早々のいきなりの重い課題にあったが、ある意味では移転延期に正当性が付与されるとともに、都庁改革や利権構造へのメスを入れるまたとない追い風になるやもしれぬ。

小池知事の今後の采配を見守りたい。
posted by 三四郎 at 17:00| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 豊洲新市場予定地での、工費868億円にも上る工事の不履行「=2mの汚染土壌を削り取り、上から4.5mの盛り土を行う」の盛り土を一切やって居ない事がバレて終った、のですが、是を小池知事が発表するまで、恰も施工したかの様に隠ぺいしていた? のでは、申し開きはできませんね。

 途中でパイプスペースを通す空間が足りない事に気が着いた、という言い訳だが、端から図面には、パイプスペースが描かれており、盛り土を行う予定は入って居なかったと云う報告もある。

 関係の責任者は、報道が始まった初めの裡は、激怒していたが、自分の責任こそ追及の先に有る事を感じ取るや、逃げに廻って居る様で、日本男児として見苦しいことこの上ない、勿論、この騒動の本命は、唯のヤクザだろうが。

 一体868億円は何処へ消えたのでしょうか? その経費の詳細も然る事ながら、都民の台所足る市場しかも、鮮魚市場と云う場所を化学物質汚染が確認された場所の真上に設置するのであれば、盛土はクリアの為の条件工事だった筈、検査を逃れる為に偽の図面を提出した可能性もある。

 市民の台所で、化学物質の危険性を承知で野放しにしていると云う事でしょう。 全面計画中止もあり得る絶対に許し難い話です。 将来、誰かが、中毒死などすれば、未必の故意で殺人罪の適用もありうるケースではないかと。

 此処で都民は沈黙で、拱手看過すると云うなら、日本いや東京都は、民主的な行政体ではない事になりますが、小池都知事であるおかげで、徹底的に追及してくれるでしょう、都民はその応援をすればよい。 そして、必ずこうした現実を生み出した、東京都議会に鉄槌を下さねばなりません。

 裁断を下すのは、来年の7月の統一地方選挙か、其れまで待てないのなら、議会に働きかけて、議会解散の上選挙をやるべきでしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月13日 08:55
 ソロです 豊洲新市場に関する不正問題の摘発に関するニュースです。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160912/plt1609121700005-n1.htm
>「都民の不信は急速に高まっており、小池氏は「幹部職員の更迭」など人事の刷新に踏み切る構え」
>「小池氏は12日午前、都庁に4人の副知事や幹部職員らを緊急招集し、都が「豊洲新市場の主な建物で盛り土をした」と、「虚偽」説明してきたことを厳しく注意」
>「小池氏が問題視しているのは、豊洲新市場の安全性に加えて、都が事実と異なる説明を業者や都民に続けてきた点」
 是だけボロが出てきたのですが、自民都議連を監督指導する立ち場にあった、自民党国会議員の面々、石原伸晃、下村、他2議員は、どんな気持ちで経過を見守って居るのか、特に、石原、下村は、政権中枢に近い存在なだけに、安倍政権への影響が心配されますが、ドゥも、都議会は野党も同じ穴のムジナらしく、追及など出来る状態ではない様です。

 然しこの問題は、都民のみならず、一般国民の重大関心事にもなりつつあり、正に驚天動地の規模の話の様です。 小池ショックと云うべきか。 そりゃあ、小池さんの公認を阻止したいわけですね。 自分達の悪事が全部バレて終うのですから、然し、此の後もショックな話は続きそうで、都民には、より一層厳しい目で、見守ってほしいですね
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月14日 10:44
ソロさん、こんばんは。

今朝の「報道2001」で下村氏が出ていましたがまるで他人事に見えました。

口では都知事に協力していくといいながら、移転の遅れの弊害をしきりに強調していたのもどこかこの問題を軽視、あるいは意図的にやり過ごそうとしている感がありました。

都庁は伏魔殿と言われているらしいですが、議会も同様です。中堅国家に匹敵する予算を持つ自治体だけに利権も多いでしょう。根本的にメスを入れる必要があります。小池氏の手腕を注視したいです。
Posted by 三四郎 at 2016年09月18日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441839480

この記事へのトラックバック