2016年09月18日

共謀罪の議論を進めよ

政府は予てより上程を計画していた「組織犯罪処罰法改正案」いわゆる「共謀罪」の縮小案を臨時国会提出を見送り、通常国会提出に向けて調整するらしい(読売電子版)。

>政府は16日の衆院議院運営委員会理事会で、創設を目指していた「共謀罪」の適用範囲を縮小する組織犯罪処罰法改正案について、26日召集の臨時国会への提出を見送ることを与野党に伝えた
世論の理解を重視する公明党が慎重な対応を求めたためだ。政府・与党は来年の通常国会への提出に向け、調整を続ける
「共謀罪」は、重大犯罪を計画した団体を処罰対象とするもので、政府は創設を盛り込んだ改正案を2003年、04年、05年の3回にわたって国会に提出した。だが、いずれも野党の反発にあって廃案になった


適用範囲を絞り込む縮小案さえ上程できないとはいささか歯がゆいが、世間が「共謀罪」について認識が浅いことも事実だろう。というより、テロそのものを日本人は他人事のように捉えているところがある。それで上程しても反安倍のネタ探しに躍起となっている野党、マスゴミにつけこまれて足を掬われかねないという判断か。

とは言え、海外のテロで日本人が巻き込まれることが珍しくなくなり、国内でもサミットや五輪など重要な国際イベント開催が常態化しつつある今日、テロを未然に防ぐための法整備は喫緊の課題だ。公明党が「世論の理解」を気にするというなら、まず政府・政権として国民に問題提起し議論を進めることを目に見える形で進めてほしい。

ちなみに、ブラジルでは成立したばかりの「反テロ法」で五輪テロを計画したグループのメンバーを訴追したという(@niftyニュース/読売)

>ブラジル連邦検察は16日、リオデジャネイロ五輪期間中のテロを企てた疑いで摘発したブラジル人グループ15人のうち8人を、反テロ法などに基づき訴追したと発表した
3月に成立した反テロ法を適用して検察が訴追したのは初めて
>8人は、インターネット上などでテロ組織への勧誘や組織の宣伝を行った疑いなどが持たれている。当局は残る7人についても関与を調べている。警察は米当局からの情報を基に、武器購入やテロ計画についてやり取りした電子メールなどを傍受したという
>ブラジルの司法制度では、最終的に起訴するかどうかは裁判所で判断される


法の濫用についてはしっかりと歯止めがかけられるしくみをつくればいいことだ。「国民の生命、財産の安心・安全確保」はいつの時代も変わらぬ政治の目的だが、その脅威は時代とともに変わる。時代に合った法整備を急いでほしいものだ。
posted by 三四郎 at 09:48| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この問題の解決法を考える時、日本における反政府を意図するテロ活動の大半は、旧共産主義者集団か、韓国やシナと言った反日を国是としている国々の「友好的表現」である事だと認識する事だろう。

 彼らの日本に対する恫喝や、服従を求める場違いな要求が特徴なのだから、本来であれば、マスコミが対応して済む話だろう。 処が、そのマスコミが、在日に乗っ取られて、何も言わない処か反日を煽って居るのは、何処のTV局にも「在日枠」を設けて在日を優先して居るからである。

 元々在日は半島で差別されて来た元農奴だったり、被差別民だったわけで、李承晩の復古政治で、何百万人の多くの犠牲者を出した筈。 そう言う事実を糊塗して来た米国、日本の両政府には、勿論問題があろうが、やられた当事者が事実を隠蔽し、歪めて、戦前日本の所為にしている事は、ソロソロ止めるべきではないか。

 このままでは、事実を知って居る西九州〜日本海沿岸の漁民の同情や支持も失ってしまうであろう。 否、日本人は、日本人が朝鮮人を差別して来たのではなく、朝鮮人が、日本の社会に順化する事を拒み、彼らが済州島や半島で、差別や弾圧を受ける契機を造った米国の人権抑圧行為の隠蔽の為に、数々のの特権を在日に付与して来た事を知り始めている。 最早、隠し通す事は出来ない段階に有る。

 日本政府も、この事実を世界に明らかにして、米軍が極東で行った蛮行とその収拾に、WGIPを更に悪用した事を知らしめるべきであろう。

 韓国政府自体が崩壊するが、現日本政府は、「飽く迄、一番近い隣の外国、敵性国として、適度な距離を保ち、その国の行く末を見守る」と言う立場に徹している。その結果、については、徐々に現実化しているのは、謂うまでもない事だろう。 
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月19日 13:54
ソロさん、こんにちは。

マスコミへの特亜勢力の浸透は根深いようですね。

しかしそれ以上にやはりWGIPによる「日本悪玉論」が今日なお戦後日本人の心の奥底に淀んでいることが大きいように思います。

マスコミの「特亜枠」があるとすればその淵源はWGIPなのだと思います。
Posted by 三四郎 at 2016年09月25日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442028194

この記事へのトラックバック