2016年09月19日

裸の王様

ドイツ・ベルリンの市議会選挙で「反難民」を掲げる新興右派政党が大きく票を伸ばし、難民に寛容な現政権与党は後退しているという(時事電子版)

>ドイツのベルリン市(州と同格)で18日、議会選挙が行われ、地元メディアによると、難民受け入れに反対する新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が約14%を得票し、議席を獲得した。AfDは各州議会選で躍進を続けており、昨年以降ドイツに殺到した難民に対する国民の不満の大きさが改めて示された
>連邦レベルでメルケル政権に参加している社会民主党が第1党の座を守ったものの、得票率は約22%で、2011年の前回(28.3%)を大きく下回った。メルケル首相のキリスト教民主同盟も第2党を維持したが、得票率は前回の23.3%から約18%に低下。首相の難民受け入れ政策への市民の反発が影響したとみられる
>経済状況は良くないものの、ベルリンは自由や多様性を重んじる土地柄で知られ、移民に比較的寛容とみられてきた。AfDの首都での議席獲得は、「反難民」を掲げる大衆迎合的主張のドイツへの浸透を象徴する出来事と言える


日常生活が現に脅かされ、国内外でテロが頻発している中、政府が有効な対策を打ち出せない以上これを拒否するのは市民として当然であり、有権者の民意に他なるまい。

この記事に限らずマスゴミは「反難民」の主張を「極右」と位置づけ否定的なイメージを流布している。それを支えているのは安っぽい人道主義か自己満足の正義感、もしくは無責任な傍観者の視座でしかない。民主主義の基づく選挙結果を、自らの思想信条に沿えば「民意」となし、沿わなければ「大衆迎合」「ポピュリズム」とレッテル貼をする。

「反体制」「反保守」であることがジャーナリズムの神髄と妄信しているうちに、「体制」の対極にある「大衆」から遊離しているのに気づかない。傲慢かつ哀れな姿ではある。ネット時代の今日、「第四の権力」は今や「裸の王様」にしか見えない。
posted by 三四郎 at 08:37| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ドイツのメルケルの上っ面の人道主義が、ドイツ国民の顰蹙を買うのは、寧ろ当然だと思われます。 キリスト教自体が欺瞞なのは、元々人類が平等にできて居る事をキリスト教が認めて居ない事で分る事なのに、其処を「相手に善の履行を求める」無理な論理で臨んで居る事が、数々の悲劇をもたらしているのではないか。

 つまりキリスト教は、世界教ではあり得ない部分を持って居る事にキリスト教徒は気付かねばならないと思いますね。 協議に含まれるパウロ神学=ユダヤ教ファリサイ派の教えを、探り出し、吟味を加えて否定してゆく事でしか、ゲッセネ派の士師イエスが目指した、非ユダヤ的なモノにはたどり着けまいと私は思いますね。

 平等意識無しに、移民を認めては、国内には差別が充満し、中世に逆戻りする事になる可能性すらあります。

 然し、例えば日本は、古くから海洋国家で、漂着した人民に対して敵視よりも同情を注ぐ民族だったが、それは、毎年色んなハプニングを齎し、その都度、多くの人命を攫って行く大自然の脅威があったからで、人間としてまとまろうと言う意志の底に、人間として平等と言う意識があったからだと思う。

 それでも、宗教が違えば、肌の色が違えば、風習が違えば、何時しか違和感が育ち、チョットした切っ掛けで、心が離れ、区別が差別になって行くものでしょう。

 然しドイツ人民の民族としての自恃は、先行する青人文明に対するコンプレックスを否定する処に始まって居るので、端から、自尊の念が強い。 その自尊の念が、他者の評価を端から認めない事の原動力になって居る様な気がする。一民族国家なら分りませんが、移民を入れないと国が保てない現実があるのでは、平等な社会は築けないと思いますね。

 ドイツ人民は、是を機会に、自分達の社会の在り方を何処に置くのかを考え直してみるべきだと思います。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月19日 14:41
ソロさん、こんにちは。

さすがのドイツ人も背に腹は代えられぬということでしょうか。

受け入れ側が移民・異文化を拒むことを批判する前に、移民側が受け入れてくれた相手に感謝し、全く同化しないまでも相手先の文化や習慣を尊重し馴染んでいくことを求める論調があってもいいと思うのですが、どうもマスコミはそうは言わない。そこに鼻持ちならない似非知性主義のようなものを感じます。
Posted by 三四郎 at 2016年09月25日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442054969

この記事へのトラックバック