2016年09月25日

反プロパガンダへ

稲田防衛相が日中戦争の南京後略戦における「百人斬り」を否定したことに対し反応している(時事電子版)

>中国国防省新聞局は5日、日中戦争の南京攻略戦で行われたと報じられた日本兵による中国兵の「百人斬り」競争を稲田朋美防衛相が否定したことについて「強烈に憤慨させられる」と批判する論評を発表した
>稲田防衛相は4日のインタビューで「百人斬り」に関し、「なかったと思っている」と語った。論評はこの発言に対する見解を問う記者の質問に答える形で、「日本軍は理性のかけらもない『殺人競争』を行った」と主張。「歴史を否定すれば、中日関係に未来はない」と強調した


この「事件」は当事者の2人の将校の遺族らによる訴訟までなされたが敗訴している。しかしそもそもこれは戦時下における戦意高揚を目的とした当局のプロパガンダと見做されるケースである。当事者が否定していないということが肯定論者の論拠の一つというが、軍人である彼らが軍の方針に逆らってまで「事実」を語るとも思えない。「武勲」として脚色されるのであれば否定する理由もなかっただろう。

戦時は日本軍が喧伝したプロパガンダを、戦後は中国がそのまま日本悪玉論のためのプロパガンダに利用しているというのが俺には実相に思える。

米国の存在もあり、あの戦争の「真実」をいま公人が語るのは難しい部分もあるだろうが、客観的な事実を淡々と掘り下げることは必要で、それが反プロパガンダの動きとなる。これを止めてはならないと思う。
posted by 三四郎 at 17:00| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 所謂、「百人斬り」問題ですか、日本では早々に、現毎日新聞に拠る、「戦時プロパガンダ」であると周知されていますが、毎日自体の姿勢が不明です。 日本政府は、朝日の慰安婦報道の様に、「プロパガンダだった」事を認めさせ、刑死した2人の少尉の遺族に謝罪をさせるべきでしょう。

 南京事件の話もあります、絶対に此の部門で話を譲歩などしないで、粘り強く云い続けるべきです。 国民は、嘘の歴史を中にした日中の友好話など、嘘っぱちで信用できないと云う認識である事を、日本政府関係者は深く心に刻んで置くべきです。

 歴史は両国の国民にとって、相手の国の国柄とか、国民性を認識する上で、最も基本になるものですから、其処を「30万人の民間人を殺戮した」日本人とすれば、シナ人は、本当に殺戮を行った自国人より、日本人を警戒する事になり、世界の何処にも逃げ場所が無くなると云う事になります。 

 現実問題で考えれば、マァ其れは其れでよい話なのかもしれませんがね。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年09月26日 14:24
ソロさん、こんばんは。

いつも思うのですが、中国人という連中はいわゆる「お上」を信用しないくせに、こと歴史に関しては「お上」と同一歩調をとるのですね。

まあ幼少時からの刷り込み教育の結果なのでしょうが。
Posted by 三四郎 at 2016年10月02日 17:37
>>幼少時からの刷り込み教育の結果なのでしょう
刷りこみ教育の所為というより、他にマトモな歴史を知らないからでしょう。 共産シナの歴史の教科書の冒頭に、「これは共産党史観である」と書かれているそうですから、正史は別にあると、共産党が云っている様なモノですが、代わりの歴史が全く提示されなければ、現在流布しているものが、自然に正史に成りますよね。

 「百人斬り」なんて、稀代の剣豪にして将軍だった足利義輝が、数十本の名刀を畳に突き立てて、とっかえひっかえて、我が身を護ったが、最後は切られて死んだ様に、よくて4〜5人斬り以上は、日本刀の性質上出来ない事は、散々謂われてきた事で、当時の日日新聞(毎日新聞)のいい加減な取材の有様が、想像できます。

 2人の少尉は、一本の刀で其々、生きている100人を斬ったというのですから、マァ在り得ない話です。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年10月05日 11:18
ソロさん、こんばんは。

>共産シナの歴史の教科書の冒頭に、「これは共産党史観である」と書かれているそうですから、正史は別にあると、共産党が云っている様なモノですが、代わりの歴史が全く提示されなければ、現在流布しているものが、自然に正史に成りますよね

そうですね。国民の側も共産党に目を付けられては適わないし適度にうっぷん晴らしになるからそれでよしとしているかもしれませんね。

それにつけても、マスゴミは今も昔もゴミですね。
Posted by 三四郎 at 2016年10月09日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック