2016年10月15日

ユネスコの堕落

日本政府は毎年拠出しているユネスコ分担金を今年は留保しているらしい(@niftyニュース/TBS)

>岸田外務大臣は、ユネスコ=国連教育科学文化基金に対する今年の日本の拠出金およそ38億5000万円が、まだ支払われていないことを明らかにしました
>例年、支払いは5月ごろが多く、10月を過ぎても保留されているのは異例です。ユネスコへの分担金の割合は日本が事実上トップで、背景には去年、中国側が申請した「南京大虐殺」の資料がユネスコの「記憶遺産」に登録されたことへの反発があるとみられます


まあ当然の措置だろう。「南京大虐殺」などという捏造のプロパガンダを科学的に検証すること無く、また他方の当事国である日本の主張も取り上げることなく「記憶遺産」へ登録したのだ。日本からすれば中共のプロパガンダにユネスコが加担してるようなものだ。

所詮は「戦勝国クラブ」たる国連の一機関であってみれば、こういう組織に日本が金蔓よろしく資金を無条件に拠出することがおかしい。どうせ政治的な申請が認められるのであれば、それに対する抗議の権利もまた担保されなくてはならない。

堕落した国際機関に日本国民の血税を払うべきではない。
posted by 三四郎 at 11:35| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 是は至極当然の措置だと、私も思います。 ユネスコと云う機関が、潘基文事務総長の執政下で、反日機関に豹変したと考えるべきでしょう。 幸い、パンの任期は今年一杯で終わりますし、彼の評価は「史上最低の無能な事務総長」と定まって居るから楽観できる状況ではあります。

 ユネスコの改革は、次の事務総長に期待するとしても、現状に日本は不満である事をちゃんと伝えておかねば、次の事務総長執政下でも、南京大虐殺が既成事実の様に扱われる事は絶対に避けねばなりません。

 国連自体の存在意義が、疑問視されているけれど、今のグローバル化した世界では、戦争や経済難民や開発が遅れた地域の住民の裡、弱い立場の女性・老人・子供の人権や生命の庇護者が絶対的に必要です。 殊に、中近東〜地中海沿岸地域には、「アラブの春」と云うドラスティックな民主化政策が裏目に出て、非民主的でも安定していた国情が不安定化して、住民は棲む土地を奪われ、安全に暮らして行けなくなったが故に、難民化して欧州に雪崩れ込み始めている。 是から冬が来ます、更なる死者を増やす前に、宗教に捕らわれない人道的な措置を揮う事が出来る国際機関を、特に、「アラブの春」を企画した米国には、重大な責任があると云って良いでしょう。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年10月17日 16:52
ソロさん、こんばんは。

国益に反することばかり書いているサヨクメディアは、ここぞとばかり批判していますが、それだけ正しいことをしている証だと思います。ユネスコは一回解散した方がいいでしょう。
Posted by 三四郎 at 2016年10月23日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442821568

この記事へのトラックバック