2016年10月22日

切り取り報道

押しなべてマスゴミは自社の都合により事実を歪めて報道するものだ。捏造は最近あまり聞かないが(表ざたになっていないだけかもしれないが)、事実の歪曲や切り取りは常套的に行われていると感じる。

最近分かりやすいのは沖縄のデモ警備に派遣された大阪府警の警官が「差別発言」をしたとされる件に関するニュースだ。これなどデモ参加者の過激な行動に対する注意というプロセスがあったはずなのに、そこは完全にスルーされ「警察(日本政府)VS沖縄県民」の対立の構図に仕立てられている。

さらにこれに対する松井大阪府知事の発言に対する報道もまた意図的だ(朝日電子版)

>沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事現場に派遣された大阪府警の警察官が差別的な発言をした問題を巡り、ツイッターで「出張ご苦労様」と警察官をねぎらう投稿をした松井一郎知事は21日の府議会で、改めて発言内容を撤回しない考えを示した
>この日の府議会総務常任委員会で密城浩明府議(自民)が「大阪のリーダーとして、言ったらあかんことは言ったらあかんと諭すべきだ」と指摘松井氏は警察官の表現は不適切だとした上で「活動家の皆さんもあまりにも過激な活動をしている」と主張し、「一人を徹底的に社会から抹殺するようなたたき方をするのは違う。現場で一生懸命働いている機動隊に勤務ご苦労様だというのは当然だ」と持論を述べた
>さらに松井氏は、密城氏が事前に通告せずにこの質問をしたとし、「一部の偏った情報しかとらずに一方的な批判をする。議員として失格だ」と批判。委員会は紛糾し、約2時間半にわたって中断した
>府によると、府には21日午後5時までに電話などで1142件の意見がよせられた。「人権を考えない姿勢には賛同できない」という批判が6割で、警察官をねぎらう姿勢に賛同する意見も4割あったという

これ以前の記事においても「土人発言」ばかりが執拗に取り上げられ、そこに至る「市民」側の過激行為、違法行為はほぼ無視されている。「公権VS市民」の構図のもと、デモ参加者を「弱者」とし「正義」に見せかけようとしている感がありありだ。

松井知事の発言にしても、その趣旨を素直に受け止めれば「土人」呼ばわりを擁護も容認もしておらず、きちんと苦言を呈したうえで、行政府の長として現場の労苦に対し労うべきを労ったに過ぎない。このことをニュースにする意図は、あたかも「慰安婦問題」の如く自ら火をつけて県民感情を反政府に向けて煽り立てること以外にないのではないかと勘繰らざるを得ないものがある。

この種の問題には「抗議」「批判」の電話が寄せられるのはよくあることだが、「賛成」と表明するケースは少ないように思う。それが朝日報道でさえ「4割」もあるということは、一連の流れに疑問を持つ一般人はかなりいるということだろう。
posted by 三四郎 at 09:25| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この件に関しては、双方とも沖縄出張している者同士の話である事を念頭に置くべきダロウ。 大阪府警の機動隊に向けて、「お前の家族を云々」と云う発言を同じく出張したと思しき「阻止派」が、云ったと云う証言、公務執行して居る係員の顔をビデオに遺そうと、マスクやサングラスをはぎ取る行為等、完全に事後・平時の報復を計画を前提とした行動=法秩序を守る公務執行に対する恫喝が、この団体の反社会的な危険度合いを示していると云って良い。

 こういう違法行為を、何とも思わない集団が、真に沖縄の為に行動していると云えるのか、翁長知事は、為政者としての自らを反省してみるべきダロウ。 琉球として独立したい云々を言い出すのなら、今後、日本からの補助金は一円たりとも受け取ってはならないと私は思いますし、公権力の一部ですらある己の立場を辞してからやるべき事だと思います。

 沖縄人の非常識さだけが目に余る事件だと云う他は無く、其れを煽り立てている沖縄メディアの2社も、沖縄県人によって、否定されなければ、以後、沖縄県人の信用は、ガタ落ちになると、覚悟した方が良い。 譬え、事件が本土からの出張サヨクによって行われたとしても、其れを看過しているのは沖縄県人であると云う現実は、覆い難いのである。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年10月24日 10:26
ソロさん、こんにちは。

こういうニュースに触れるたびにネットがあってよかったと思います。そうでなければマスゴミの恣意報道に洗脳されていたでしょうから。

>譬え、事件が本土からの出張サヨクによって行われたとしても、其れを看過しているのは沖縄県人であると云う現実は、覆い難いのである

沖縄県人の本意が分かりません。島嶼県ということでノイジーマイノリティが幅を利かせやすいのかもしれませんが、現状では本土民からすれば異質と思われてしまうことにもう少し危機感を感じてほしいものです。
Posted by 三四郎 at 2016年10月30日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック