2016年10月30日

お約束

韓国の大統領は政権末期になると決まって不正、不祥事を暴かれ弾劾・訴追の対象になる。朴大統領も例外ではないようで、気が付けば「政権の私物化」が取り返しのつかない状況を招いてしまっているようだ(@niftyニュース/時事)

>「朴槿恵、退陣せよ」「真相を究明せよ」。朴槿恵韓国大統領の親友、崔順実氏による国政介入疑惑で、大統領の退陣などを求める集会が29日夕、ソウル市内で開かれ、警官隊が厳戒態勢を敷く中、主催団体推定で2万人以上が参加した
>主催したのは、過激な闘争方針で知られる労働組合の中央組織「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」が主導する「民衆総決起闘争本部」。会場となった清渓広場は市民らで埋め尽くされ、参加者は集会後、市内をデモ行進した
>韓国メディアによると、警察当局は警官隊約6000人を配置、デモ行進参加者らと小競り合いが起きたものの、負傷者が出たという情報はない。この日は南部の釜山や蔚山などでも抗議集会が開かれたという


内政、外交ともに見るべき成果もなく、経済も不振で頼みのサムソン、現代、韓進等の主要財閥の業績も加工の一途を辿り、この先の展望も見えない。韓国民の不満、不安が怒りの矛先を大統領に向けた側面もあろう。

少し早めのレームダックだが、毎度毎度こんな騒ぎを繰り返すこの国に、いったいまともな政治家はいるのかと疑いたくなる。まあこの程度のレベルだから反日ポピュリズムを捨てられず、現実逃避の事大主義から脱しきれないわけだが。

次の大統領候補が希代の無能国連事務総長とらしいからこの先も推して知るべし。日本は「教えない」「助けない」「関わらない」方針を貫徹するのみだ。
posted by 三四郎 at 16:25| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 韓国の朴政権の不祥事は、確かに「御約束」の踏襲でありましょう。 彼女も例外ではなかったと云う事でしょうか。 然し、戦後マトモな政権は、彼女の父親の朴政権のみ、と云う呆れた事実が、朝鮮族の近代化の限界を示していると云って良いでしょう。 然し、為政者の無為無策が続く裡に、国内の大衆層の成分が大きく変化を来していると考えざるを得なくなっているのですが、日本でそれを理解している人は、余りいますまい。

 何より、朴クネ女史が大統領に上り詰めたのも、そうした大衆層の成分変化の表れだと考えれば、その成分がどのようなモノかが、言わずとも判ると思います。 然し、彼女は大統領就任の直前、暴漢に襲われて、顔を深く切られています。 つまりは恫喝ですが、この事件は公にされてもいないし、当然犯人も捕まえられていない。 一国の大統領を暴力を用いて恐喝したのに、其の犯人逮捕どころか、操作も行われていない可能性が高いとは、では一体、大統領は何の為に選出したのかすら判らない。 

 こんな事が罷り通る国が、近代国家で有ろう筈が無く、是までの彼女の4年間は、一体何だったのか? と問われてみれば、端に「反日をやって、日韓関係を決定的に悪化させた」ダケ、と云う他は無い。 

 然しもし、其れを彼女が、端から覚悟の上でやったのだとしたら、つまり、彼女の「韓国を国際的に孤立させる」事が、真の目論見であったとすれば、彼女が、韓国の病的な反日を利用して、韓国の生きる道を絶った=滅韓をやったのだとしたら、完全に成功したと云って良い。

 彼女が韓国に復讐する動機は幾らでもある、先ず、母親を殺された事、次いで父親を暗殺され親日法と云う、訳の分からない法律で全財産を没収されるなど、普通の国ではありえない目に遭わされている事等々、是等は彼女が大統領就任の時点で予想できた事ですが、顔を切る事位で、脅すしかなかったのですから、現在の韓国における、旧自由農民層の左傾化はそれ程強いと考える他は有りませんね。

 是に対し米国は、外資撤退〜韓国きり捨てと云う流れを創りだして、大衆層の零落に拍車をかけています。中小企業層が壊滅・消失し、社会的な購買力さえ消えて行こうとしている現状から、韓国の未来は李氏朝鮮末期の状態への逆行しかありません。

 つまり、この先どの様な大人物が現れても、韓国の再生は無理だと云う事であり、同じく滅び行く共産シナと途を同じくする他は無い。 極東に世界最貧国が2つ増えると云う事なのかもしれません。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年10月31日 13:53
ソロさん、こんにちは。

>この先どの様な大人物が現れても、韓国の再生は無理だと云う事

何となくですが、あの民族には優れた統治者を生み出せない何かがあるように感じます。私が過去、あの国の人々と仕事を通して感じた「卑屈」なくせに「見栄っ張り」で「いいかげん」さはほとんど病的でした。

宗主国と心中するのがまあ妥当な行く末というやつでしょう。
Posted by 三四郎 at 2016年11月06日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443249968

この記事へのトラックバック