2016年11月06日

怒れる大衆

俺的に最近のニュースをつらつら俯瞰的に見ていると、米大統領選と韓国大統領スキャンダルが目立っているように感じる。経済紙等はさすがに一面の関心事にはしていないが、どこか底流に気にかけている空気を感じる。

米大統領選はまさに目前に迫っているわけだが、ここにきてクリントン対トランプの支持率は拮抗しており、どちらが勝利するのか皆目見当がつかなくなってきた。

クリントン候補は土壇場のFBI捜査が足を引っ張っていることは否めないが、いま現在1%しか支持率の差がないということは、相手の異端児ぶりを思えば不人気ここに極まれりではないか。米国民も困っているだろう。

かねがね俺はトランプ候補の善戦の背景には米国大衆の既成政治に対する不満、不公平感、閉塞感があると感じている。言い方を変えればエスタブリッシュメント層への根強い不満、不信が臨界に近づいているのではないか。

これは韓国大統領への澎湃として沸き起こった退陣要求デモにも通じる。経済はジリ貧、頼みの財閥企業は傾き、潰れて失業率は悪化、大学を出てもまともな職にありつけず、若くして生涯に絶望せざるを得ない社会構造にあって、大統領とその取り巻きは権力を私物化して栄耀栄華を欲しいままにしている。

この図は非常に前近代的過ぎて、米国と単純に同列にはできないものがあるが、既存支配層に対する一般大衆の不信・不満という点では本質的に通底しているのではないか。

翻って我が日本を見てみれば、アベノミクスに足踏み感はあり、社会の一部に格差の拡大も見られ、本質的な構造改革にはなお道遠しと言わざるを得ないながら、政治、経済ともまずまずの状態である。政権与党の諸氏には米韓で起きている事態を反面教師として「怒れる大衆」を生み出すことの無いよう、気を引き締めてほしいものだ。
posted by 三四郎 at 10:00| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 現状世界の混乱ぶりを見ていると、日本の場合、超安定している感が否めません。 唯、経済も政治も、世界レベルと比べれば、平和過ぎると云えましょう。 韓国も米国もそして、欧州も天地がひっくり返る様な大変動の予感が、大衆を不安にさせていると云うべきでしょう。

 経済面で、表向き一番酷いのは韓国でしょう、既に庶民は何の希望も、将来にもてない情況なのは、若年国民の7割が、「韓国を脱出したい」と云っている事で判ります。

 然し、将来に希望が無いのは、米国も欧州も同じレベルでしょう。 取り敢えず現状維持を望むほかはないが、汲々とした現状が是からも続くと云う現実のやるせなさやイライラが庶民の心に余裕を無くさせて、社会の異分子である、移民や少数民族に、反感として向けられているように感じます。 つまり、「ともに社会を良くしようと云う、同志・仲間ではない」と云う意識に結びついているのだと思うのです。

 その点、日本は、限りなく一民族国家に近いだけあって、「日本の佳い処」と云う特集を組めば、或る程度の視聴率が稼げるらしいので、この頃TV番組は、日本ブームの様な有様です。 是は、御先祖様の御遺徳なのだと感謝する他は有りません。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2016年11月07日 15:52
まあ今回は共和党の勝利ということでしょうね、トランプばかりに目が行きますが、議会も圧勝ですしね。
共和党支持の私も彼だけはと思ってましたが、それだけ既存の職業政治家への不信が強いってことです。

マイノリティーで住んでる身としては不安はありますが、選挙中に言ってたような過激な事はそこまで起こらないだろうと思っています。

日本のメディアはオバマが良いようにずっと言ってますが、今回の結果も彼の失政のせいが大きいですよね。ヒラリーも含め東部のエリート政治家の綺麗事に中西部、南部はみんな辟易してるってことですね。(昨日、両者が会談してましたが、あのオバマの歓待ぶりを見るとやっぱりこの人は信用できない、仕事出来ないって思いました、普通、何か一発くらいかますでしょうに、、)

行き過ぎたグローバル化を考える機会にもなりますね。
誰かが組織化された革命と言ってましたが、まあ南北戦争を選挙でやってると思えば、これぐらいで済んでるとも思えなくもありません。8年前は黒人のオバマが選ばれたわけで、良くも悪くも変化を恐れない国民ということでしょうね。
今後、いろんな国で孤立主義、排斥主義的な政府が生まれるかもしれません、もっと長い目で見れば、避けては通れない歴史の転換点かもしれませんね。日本にとっても、アメリカ追従を考えるいい機会になればいいと思います。
Posted by オハイオより at 2016年11月12日 02:08
ソロさん、おはようございます。

正直、トランプ氏が本当に大統領になるとは私も意外でした。しかしいろいろ言ってきたとしても、長年積み上げてきた日米同盟をちゃぶ台返しするとも思えません。

しかし在日米軍の影響力における政治的プレゼンスは弱含みになっていることは否定できません。日本は自力防衛を本気で考えねばならない状況にあることを覚悟しなければなりませんね。
Posted by 三四郎 at 2016年11月12日 11:00
オハイオよりさん、おはようございます。

私はトランプという人物は毀誉褒貶あるにせよ、強かなリアリストだと思います。でなければ生き馬の目を抜く実業界で成功できるはずがない。

おっしゃる通り、日本も現実を直視し、今後の「身の振り方」を真剣に考えるいい機会だと思います。
Posted by 三四郎 at 2016年11月12日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443578014

この記事へのトラックバック