2016年11月25日

民度が知れる

中国のとあるショッピングセンターで安倍首相に似せた蝋人形が話題になったという。件の人形は顔はどう見ても安倍首相で、ご丁寧に「ヒトラー風」の口髭をつけ、何かを謝罪するかの如く深々とお辞儀をしている。この人形、「日本の反発」を受けて撤去されたという(@niftyニュース/Record China)

>2016年11月25日、中国遼寧省瀋陽市に登場した安倍晋三首相のろう人形をめぐり、環球時報は「安倍氏の“謝罪ろう人形”が日本の不満を招いた」と伝える記事を掲載した
>安倍首相のろう人形が設置されたのは瀋陽市内にあるショッピングセンターだ。「九一八(満州事変の中国側呼称)を記念する」という文字を背にした人形は腰を低くしてへり下るポーズを取っており、鼻の下にはひげが付けられていた。これを受け、日本メディアは「独裁者ヒトラーを想像させる口ひげ」「毎年9月18日に同市では満州事変関連の活動が行われ、反日感情は強烈だ」との説明をし、「中国のインターネット上には『恥ずかしい』とのコメントが寄せられている」などと報じた
>ショッピングセンターの関係者によると、この催しを行ったのは同省丹東市の職人で、店側は無料でスペースを貸しただけだという。「作品を展示したい」という申し出に応じた理由は「消費者の店での体験をより豊富にしたいと考えたから」。人形のポーズや口ひげについて同関係者は「装置に不具合が生じて直立させることができなかった」「本人からのクレームを恐れて100%そっくりには仕上がっていない。どの人形もネームプレートは付いておらず、『安倍首相でない』と言うことだってできる」と話しており、「九一八を記念」というプレートの前に置かれたことに関しては「深い意味はなく一時的な措置」と述べた。同関係者は日本側の反応に対するコメントは控えたものの、在瀋陽日本国総領事館のクレームを受けたことや人形がすでに撤去されたことを明らかにしている


表現の自由が許されていない国でこういう露骨なことができるのは、当局公認の政治プロパガンダだからという理由でしかない。

他国が見ればすぐにわかるようなことを堂々とショッピングセンターの催事場という、不特定多数の市民が利用する準公共的なスペースでやらせてしまうところに、この国の民度の低さを感じる。

それにしても関係者とやらの釈明には失笑するしかない。「装置に不具合が生じて直立させることができなかった」に至っては子供の言い訳レベルにもなっていない。

他国の元首を揶揄するならもっと洗練された方法でするべきで、その言い訳も大喜利の答えのように大向こうを唸らせる気の利いた返しを用意してほしいものだ。

四千年の歴史が泣いているぞ。
posted by 三四郎 at 19:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック