2017年01月08日

炙り出し

「共謀罪」についての反日野党の反応が喧しい。そのもっとも分かりやすい例がこれ(福島みずほ氏ツイート)だろう。

>今国会の共謀罪提出を許してはならない
>何も悪いことはしていなくても、共謀で犯罪が成立するとなると話し合うことが萎縮してしまう
やーめたとなってももう既遂で共謀罪は成立
組織的威力業務妨害罪だって共謀で成立。市民活動、労働運動も話した時点で成立おなりかねない
>現代の治安維持法。


彼らサヨクの反対論拠がギュッと濃縮したツイートになっている。さすがだw。

「市民活動」や「労働運動」に話を拡大して世論誘導をしようとしているが、「テロ」とは自己の思想信条を具現化するために破壊や暴力を行使する行為である。まっとうな市民活動や労働運動が選択する手段ではあり得ない。その心配をすること自体が、自らの行動の異質さを吐露しているに等しい。

準備しておきながら「やーめた」で済むほど安易なものではないのだ。思考がそのレベルにある人間には政治を任せられない。誠に「共謀罪」はテロリストやその予備軍だけでなく、政治家不適格者までも炙り出してくれる。
posted by 三四郎 at 16:38| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>福島瑞穂(帰化する前の名前=趙春花)
 惚けた顔をしているが彼女こそ従軍慰安婦話捏造の総合プロデユーサーにして、元売春婦のおばあさんを、被害者に仕立て上げる演出を付けた張本人であり、然も、社民党の代表を永らくやり、東大卒の弁護士と言う事からして、売国集団である日弁連とは、密接な関係にあるだろう事は、既定の事実だろう。

 その日弁連を反日組織のやり玉に挙げている、余命さん「=余命三年日記の三代目」の「外患誘致罪」及び周辺法で、韓国/在日/帰化人の朝鮮族三態の如何、そして、反日日本人の反国家的行動に対する取り締まりを進捗して、刑罰を科する「=国外追放、若しくは。最高刑死刑」運動の進捗に危機感を持って居る事は明らかですね。

 この1年は、韓国の経済破綻がハッキリとした形で現れ始める年だと思いますが、今まで、日本の親韓派が拠り所にしてきた、真の韓国の支配層である韓国保守までが、組織の崩壊の危機に瀕しているのでは、我々が予想もしなかった事が起こるのではないかと思って居ます。 例えば、既にその片麟は、昨年、常用者として暗黙裡に評判だった著名人の麻薬取り締まりでの検挙で表に現れていると思います。

 今年は、そのルートの川上である、非合法組織の核心部に司直の手が入ると思います。麻薬を扱って居るのは、「ヤクザ」でも、韓国・朝鮮系が多いので組織そのものが、逮捕者続出で解散に追い込まれる可能性が有ります。 世の中の風通しが良くなる事でしょう。

 余命さんたちの活動を見守りたいですね。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年01月09日 08:44
ソロさん、こんばんは。

あの必死さが分かりやすいですね。ようやく世の中がまともな方向に動きつつあると感じます。
Posted by 三四郎 at 2017年01月09日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック