2017年01月15日

秀逸な喩え

韓国の「慰安婦教の本尊像」増設と一連の日韓官民の反応について、なかなか秀逸な記事を見つけたので紹介(@niftyニュース/デイリーニュースオンライン)

>よくある「万引きGメンに密着」といったドキュメント番組。捕まった万引き犯の言いワケにもいろいろあって興味深いが、最もみっともないのは
「(盗んだ)商品の代金を払うよ。それでいい(罪に問われない)だろう!」
 というタイプ
レジを通さずに商品を店外に持ち出した時点で、万引きは成立。商品代金を支払ったところでチャラになるものではない
韓国の野党<共に民主党>のウ・サンホ院内代表は、釜山の慰安婦像(注1)設置に対する日本側の対抗措置(注2)に激怒。2015年末の日韓合意によって日本が支払済みの10億円を、
韓国国民が屈辱を感じる資金。(略)日本へ返してしまえ!」
 と発言したのだ
>言うまでもなく日本側は、「国家間で正式に合意した事項を履行せよ」と求めているだけ。10億円を戻そうと戻すまいと、合意事項が破棄されることは無い
>日本からの思わぬ反撃(注3)を受けて以来、韓国は明らかに動揺。支離滅裂な珍発言が、連日メディアに踊っている
>「韓国政府に言うな。日本は(慰安婦像を設置した)市民団体と話し合え」
「(日本などの)やっかいな隣国と生きて行くには、(略)堂々と」
「歴史と外交を結びつける日本の攻勢は危険だ」
>前述の10億円発言も含めて、まさに<おまいう>(お前が言うな)であり、自らを省みる冷静さも、自国の統治能力も、まともな国際感覚もお持ちで無いように見受けられる。そして、そう思っているのは日本だけではない
(中略)
>「韓国内には、<まず日本との関係改善のために譲歩すべき>という考えの人もいます。しかし次期大統領選を睨んで、大衆迎合的な極論を言う政治家や市民団体の暗躍が勝ってしまう。国際的な立場や常識を守るより、党派間の争いの方を重要視してしまうのが、悪しき伝統です」


俺から多言を要することもない。まさに「万引き犯人の開き直り」ともとれる科白を、韓国では公党の影響力ある人物が平然と言い放ち、国民が喝采し、誰も彼もますます周りが見えなくなって混迷の度を深めていくのである。

「日本との関係改善のために譲歩すべき」? そんなものはいらない。国家間の約束事をきちんと守るということに尽きる。それを「譲歩」と捉える感覚、認識が韓国の異質さ異様さであることに気が付いていない。

あの国はもうダメだろう。
posted by 三四郎 at 10:36| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>「日本との関係改善のために譲歩すべき」? そんなものは、要らない。国家間の約束事をきちんと守るということに尽きる。
 その通り、固より、金を返すとか返さないとかいう話ではない。 国家としての信義の問題である。

 例えば、沖縄の辺野古合意を破棄しようとした鳩山が、米国に論破されて、辺野古合意は、国家の責任で履行する事となった事案を思い出すが、この結果民主党政権は、沖縄県民の信頼を大きく損なって、支持基盤からの崩壊に繋がった展開に繋がった。

 民意とは、単純な感覚や都合の変化によって、様々に変動するモノで、論理性、一定性に欠けている。 故に、多くの異論を相互に交わし、検討して、多数決で結論を出す、そして、反対者もその結論に従うと云う決まりである民主主義システムとは、ポピュリズムとして峻別されるべきものである。

 韓国の民主主義は、此のポピュリズム以外の要素が全く排除されたもので、感情的な非知性主義以外の何物でもない。 彼等に、「論理的な」「知性的な」態度や、「国家としての信義を守る」結論を求めるのは、月にウサギを求める様な、非現実性がある。 戦後、米国により民主化した筈だが、此の内容なら、米国はとんだ赤っ恥をかいていると云うしかない。

 まぁ、米国自体、昨秋の大統領選では、「結果が出ているのに、随わない」と云う、醜態を晒しているのだから、日本と大差ないと思いますがね。
Posted by ナポレオン・ソロ at 2017年01月16日 09:04
ソロさん、こんばんは。

>韓国の民主主義は、此のポピュリズム以外の要素が全く排除されたもので、感情的な非知性主義以外の何物でもない

日本のサヨクや似非リベラル界隈の人々は「反知性」という言葉を好んで使います。愛国保守や自国第一の考えを批判する文脈で語るケースが多いように感じていますが、韓国など国丸ごと反知性の塊のようなものです。それを正面から批判しない、できない日本サヨク・似非リベラルもまた反知性の集団です。
Posted by 三四郎 at 2017年01月21日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック